Mac、iPhone、iPod、VOCALOID、DTM、楽器、各種ガジェット、自転車、メディアなどの情報・雑感などなど

5年前、iPodはどう評価されていたのか

»

 5年前の10月24日、最初のiPodが発表されました

 iPod専門誌のPlaylistでは、5年前、iPodについて人々がどうコメントしていたかを“The iPod: What they said”という記事にまとめています。

 おもしろいのが、2001年クリスマスのクリスマスギフトとしてワースト5に挙げたTechTarget。CNETも否定的です。BusinessWeek、New York Times、ZDNetはその魅力と可能性をほぼ正確に予想しています。

 当時、まだ私は某MacWIREというMac専門媒体をやっていました。今のITmediaにはそのときのコンテンツは残っていないので、予想が外れていても証拠がないのです(笑)。

 何もないというのも淋しいので、古いドキュメントが入ったハードディスクをサルベージしてみたら、2001年10月24日にはこのようなコメントを書いていました。

「iPodはぼくがこれまで抱いていた不満のほとんどを解消してくれるものだ。詳しくは,明日あたり,コラムにするつもり。でも,リピートプレイの濱田君は不満だろうなあ」

 濱田君は当時、MacWIREに書いてくれていた外部ライターで、1曲を延々とリピート再生するという特殊なリスニング方式を主張していたのでした。

 そして、11月17日にはついに自分用のiPodをゲットします。その時の編集後記には、「iPodゲットしたなり。長年の苦労と投資が,いまここに実る。でも,5Gへの減量作業をやらなければ。自分の減量だって難しいのにー」と書いています。

 SoundJam MPという、iTunesの前身であるMP3ジュークボックスソフトの時からためておいたMP3ライブラリがちょうど5Gバイトくらいあり、そのすべてを持ち運べるというので、たいへんに興奮していたのでした。

 この年の12月31日、今年のベストバイというテーマで書いた文章の中で、「11月以降,ぼくはこの製品に関すること以外はほとんど書いていないような気がする。ぼくにとって,今年のベストバイは文句なく,iPodである。きょうはオオミソカということで,年末 (ayuがレコード大賞をゲバ評どおり穫ったところだが) 年始 (こっちはまだ数日ある) を利用した,古い音楽データの整理方法について書いてみようと思う。もちろん,iPodで聴くことを目的としたものだ」と書いています。

 でも、わざわざメディアイベントを開いて発表するほどのものかと、疑問視する意見もありました。

 その当時にわれわれ(Macコミュニティの一部プレス関係者)が期待していたのは、ハードディスクを使い、カラー液晶を備えた万能QuickTimeプレーヤーだったので、その当時に出たFireWire、5GバイトのiPodのの「すごさ」を実感するにはしばらく時間が必要だったのです。

 結局、カラー液晶のQuickTimeプレーヤーとなったiPodを手に入れたのはその4年後の第5世代iPodにおいてでした。5周年にAppleが投入してくるのは果たしてどんなiPodでしょうか?

 “Five Years, what a surprise!”となるでしょうか?

Comment(12)

コメント

僕も初代iPodに飛びついた口でした。
僕の場合、アナログレコードがフェードアウトした後、ディスク不信に陥りました。それ以後ずっと自分で買ったCDを友達にプレゼントする代わりカセットテープに録音してもらうと言う音楽生活だったのが、変化したのはiPodの登場が切っ掛けでした。iPodビッグバンの後、僕のミュージックライブラリは120GBにもなり、CDラックもさらに追加の必要に迫られています。

koya

たしかに、iPodはぼくらを音楽に引き戻してくれました。iPod以降、音楽にどれだけお金を投じたことか。
ぼくも音楽ライブラリ用のドライブを新調しなければならないんですが、どうせならRAID5のテラですかね、と思っています。音楽だけならまだしも、ミュージックビデオを入れるとそのくらいは必要ですよね(と自分を納得させようとしている)。

初代が出た頃使ってたiBookにはFirewireが無かったので欲しい欲しいと思いつつも買えませんでした。なんだかんだで手に入れたのはようやくminiが出てからということになってしまいました。
初登場の頃の印象としては絶賛してるひとと醒めまくってるひとに完全に分かれてたなあということです。で、醒めてるひとの方が多かったような印象があって何故だろうなと思ってました。5年前にはここまで成長するなんて思いませんでしたよ。

くらはし

外付ドライブとしてブート可能であるということを確認した上で、「これにMacOS XとWebObjectsを入れておけば、Macのある所ならどこでも仕事ができて、しかも音楽まで聞けてしまう!」というような記事を書いた記憶があります…そういう使い方したことないですが(笑)。

初代iPodを買うにあたり、「ついでに」Macも買った友人がいました。その訴求力の凄さに驚いた記憶があります。

れい

初iPodは2003年10月に買いました。すでに3Gでした。
デビュー当初は、HD容量が少ないこと、
ソフト面での魅力を感じなかったことで買いませんでした。後、デザインも・・・ジョブズ何売ってるんだ、と思いましたよ。
ウォークマンを愛用していた私は、MDウォークマンには全く興味を持たず、とりあえずCDウォークマンを使っていました。これは、CDショップで買った直後から高音質で聞けるというのが魅力でした。が、持ち歩けるCDの枚数などで不満が残り、結局新譜を買ってもしばらく聞くとお蔵入り、という状態でした。が、iPodはお蔵の奥の奥にあったCDまでを今日買ったCDと同じように聞くことができるというのが魅力でしたね。また、iTunesというソフトが秀逸ですね。分かりやすい。そして、いま、iTSでDLした瞬間から聞くことができると、更に魅力をアップさせていますね。

初代iPodが発表されたとき、HotWiredのデジタル虎の穴で、かなり賞賛に近いコメントを入れました。理由は、過去に使っていたRio300などで経験していた、曲管理のつらさ、転送の遅さ、などなどの使いにくいポイントがきれいに払拭された製品として仕立てられていたからです。
賞賛はしたものの、Macは普段使っていなかったので、実際に買ったのはかなり後になってからでしたが。。。

koya

くらはしさん、せっかく書いていただいてたのに、その記事自体がないという……もうしわけないです。
mihoさん、当時はFireWire必須でしたからね。でも、USB2.0にしたのも英断でした。ぼくらMacユーザーも買い替えないといけなかったし。
れいさん、ぼくはiTunesにかなり慣らされていたので、iPodに取り付かれるのはあっという間でした。当時の売り文句は「iTunes To Go」でしたからね。
今泉さんと同じく、ぼくもRio 300のユーザーだったんですが、すぐに壊れてしまいました。ソリッドステートだから堅牢そうに思えたんですけどね。

koya

mkokeさん、いまとなっては貴重なリンクをどうも。そうか。翌日は山中湖に合宿と称した遊びにいっていたわけですね。編集部で。どうりでコラムが書けなかった訳だ。5年後のことを考えればのんびり遊んでいる暇はないはずなのに(笑)

あ、そういえば、A社広報のT林さんが、松尾さんと久々に会いたいなぁとおっしゃってました。

koya

T林さん、昨日、六本木で走ったついでに会ってきました(笑)またDJ技聞かせてもらいたいなあ。というか、ポッドキャストやってほしいですよね。六本木レポートはこれからアップします。

コメントを投稿する