Mac、iPhone、iPod、VOCALOID、DTM、楽器、各種ガジェット、自転車、メディアなどの情報・雑感などなど

ポッドキャストで商用音楽を流すことが可能になる?

»

 今の日本の音楽著作権法では、自分で完全にコピーライトを持っていない限りは、ポッドキャストDJは不可能だと言われています。音楽著作権、著作隣接権は、ストリーミングラジオですらきつく制限されており、さらにグレーゾーンに踏み込むポッドキャスティングに至っては、「ぜったいに許さないだろうな状態」といっていいでしょう。

 「えー、それでは昨日ぼくがiTunes Music Storeでダウンロードした椿屋四重奏の『プロローグ』。聞いてください。【♪『プロローグ』流れる。】いい曲だね。ギターのサウンドがオールドスタイルだけど、アルペジオをメロディアスに使っていてスゴク気持ちいいよ〜」といったことはできないのです。

 そこで、どうしたら著作権問題を回避できるか、方法を考えてみました。

 音楽についてはiTunes Music Storeをそのまま利用するのです。視聴の30秒を使って、曲の紹介が終わったら視聴ページにジャンプして再生、そしてポッドキャストに戻る、ということが「自動的に」できればいいわけです。では、どうすればそれが可能になるか?

  拡張 PodcastはAppleが提唱しているポッドキャスティングの拡張仕様ですが、これには便利な機能が1つ備わっています。それは、ソングアートビューア(画面左下にある、ジャケットスリーブを表示させるところ)に、指定したタイミングで画像を表示させる機能です。

 と、ここまでが、わたしが9月5日に書いた、[CloseBox & OpenPod]エントリーの下書きです。

 このあとをどうしようか、と考えていたんですが、iPod nanoやiTunes 5.0の発表を9月8日に迎えてしまったわけで、続きは書かれませんでした。ところが本日、そのアイデアを実現に近づけるデモが、アップルコンピュータ本社で行われたのです。

 開発したのは、AppleScriptマスターで、ぴよまるソフトウェアを主宰する長野谷氏。彼がApple Users Grouop Meeting in Tokyoで、そのデモを行いました。

naganoya

 彼がデモしたのは、自分が録音した音声の後で、iTunesのライブラリに入っている(HDDに入っている)ハマショーの「J.BOY」を40秒再生し、その後で自分のDJに戻る、というものです。「自分のライブラリにその楽曲を持っている」という前提に立てば、ポッドキャスターの音声と「自分が持っている」iTunesライブラリでポッドキャストDJを実現できることになります。

 任意の場所を再生することができるので、例えばビートルズの楽曲をすべて持っていることを前提に、ビートルズの細かいフレーズや歌詞の内容、使用楽器などについてウンチクを繰り広げるような、「ビートルキャスティング」も可能になります。「“Let It Be... Naked”の12曲目に入っている“Fly On The Wall”、この13分から14分にかけて、ある聞き覚えのあるフレーズが入っています。【♪“Fly On The Wall”13:00〜14:00流れる】さて、これは何でしょう?」とか。ああ、書いててやりたくなってしまった。

 とまあ、長野谷氏がデモした非公開β版「PiyoCast」では、こんなことが可能です。

追記:PiyoCastに関するプレゼン資料が公開されました。Flash形式です。

 実はこの「PiyoCast」、彼が9月13日に元になるアイデアをmixi日記で出し、それに対するレスなどからその可能性について盛り上がり開発に着手、わずか4日で公開にこぎつけたのです。

 次の課題は、iTunes Music Storeの30秒試聴をPiyoCastで再生し、ポッドキャストに戻ってくることですが、「困難な面はあるが、努力してみる」そうです。これがあれば、おそらく著作権絡みでスタートできない「iTunes Music Tuesday」みたいなことをそこらじゅうでできるようになるのです。

 ただし、PiyoSoftを利用するためには、リスナーが「PiyoSoft」ヘルパーアプリをインストールする必要があります。AppleScriptで動かしているので、Mac専用なのです。Windowsではどうしたらいいんでしょうね? いいアイデアがあったらどうぞ。

追記:トラックバックしていただいたGNUEさんのエントリーによれば、同様のアイデアがのまのしわざさんのブログとGNUEさんによるコメントで既に提案されていたようです。それからちょうど1カ月で実現への一歩、というのがおもしろい!

Comment(13)

コメント

池田 直哉

可能性の問題にはなりますが、OLEのオートメーションを使えるかどうかで一つの切り分けがあります。iTunesをOLEのオートメーションで制御できればそれほど難しくはありません。不可能な場合には美しくはありませんがイベントを操ることで可能に出来る可能性はあります。
 ただ、OLEというかCOMを使える場合とは違って、Windows Scripting Hostによる構築は出来ませんので何らかのアプリケーションが必要です。会社ならVerisignあたりの証明書をもらえればActiveXの機構を使って自動インストールも出来ますけど。まあ、その場合でもインストールの可否はユーザに問い合わせる格好になりますが。
 COMもイベントも不可能な場合には、COMによる制御を受け付けるアプリで代用できない場合には困難だと考えます。

池田さん、ありがとうございます。さがしてみたら、AppleからCOM用の開発キットが出ていました。
http://developer.apple.com/sdk/itunescomsdk.html
ただし、これでどの程度までコントロールが可能なのかは不明です。AppleScriptでもiTMSがらみの機能はほとんどいじれないようになっているので。

池田 直哉

技術的にはiTunes COMインタフェイスの、
OpenURLメソッドで任意のストアが開けるほか、
ストリーミングファイルも開けるので、試聴用の
コンテンツを再生させるのは可能なはずです。
ただ、実用的にはiTunesインタフェイスの
インスタンスを作成してエラーが出たならば、
Windows Media Playerのインタフェイスを
作成すればより実用的でしょう。
まあ、当然、iTMSとiTMS以外のどこかのサイトに
試聴用の同一の曲が上がっていることが
前提条件になりますが。
そうでない場合はごめんなさいを出すほかないですね。
まあこうすれば、iTunesそのものが
インストールされていない場合に対処できます。

livinginabox

う~ん、どうして著作権問題を回避できるのかわかりません。「試聴」用に配信されている部分を技術的に「放送」に転用できるということですよね?
「アップル」でデモしたということは、何か裏付けがあるのかもしれませんが、“あの”JASRAC が「ああ、そうですか」と黙っている気がしません^_^;

iTMSの試聴用の部分はあくまでiTunesから「再生」するんです。PiyoCastがやるのは、ポッドキャストの曲紹介のところでいったん再生をストップしてiTunesに引き渡し、試聴部分を再生し、再生し終わったら、ポッドキャストの前回のポイントに戻って、再生を開始する、という仕組みです。ようするに、アプリケーションの切り替えと再生、ストップのアクションを自動化するわけです。

livinginabox

ええと、「技術的」に切り替えができそうだ、ということは理解しています。それで「著作権」問題を回避できるんでしょうか。より厳密に表現すれば、「本当にJASRACから文句を言われずにすむのでしょうか」というところですが。
たとえば、新聞社のホームページからニュースハイライトのテキストを引用して、自分のサイトでニュースハイライト集を表示してしまうようなプログラムは「技術的」には書けますが怒られますよね。Google News も、そうした問題があって(?)ベータのままうやむやにしていると読んだ気がします。たしか、新聞社のサイトを単純にフレームで切り替えられるようにして広告を入れていたサイトもあったと思いますが、ダメ出しされたのではないかと。
数十秒とはいえ「着うた」のような有料サービスがあることを考えると、「試聴」目的の配信を pod"cast"という「放送」に転用して問題ないと言われる気がしません。もっとも、今回は、アップル自身が絡んでいるのだから、何かしら強気な裏づけがあるのかもしれません。
まあ、そんな「裏技」にたよらず配信できる方法があればいいんでしょうが。

誤解されては困るのですが、あくまでもアップルはユーザーグループ発表の場を提供しただけで、内容にはまったく関与していません。
ivinginaboxさんが想定されるJASRACの姿勢だと、どのように技術的回避をしたとしてもその疑念はついてまわるでしょうね。まあ、JASRAC管理の楽曲をそのまま垂れ流している海外ポッドキャストやラジオ局など、彼らがやるべきことはほかにたくさんあるのでは、という気がしますけど。

livinginabox

> アップルは ... 内容にはまったく関与していません。
であれば、なおさら、ですね。試聴用の音楽を集めて無料の“着うた”サイトが作れないように、「放送の一部」に組み込もうとするかぎり、問題は回避できないでしょう。行きっぱなしになる「リンク」なら大丈夫でしょうが。
> 彼らがやるべきことはほかにたくさんあるのでは
“解体”とか? :-p
ただ、「ケンちゃんだって、やってるもん」みたいな言い訳は受け入れられないでしょうね。そもそも「著作権問題の回避」って、JASRACの呪縛から逃れることだと思うので、「技術的な回避策」の議論だけでは不十分でしょう。

ただ、ここでやっていることは、iTunes上で認められている音声ポッドキャストとストリーミング試聴の交互再生を可能にしただけなので、それを違法行為と認めるのはかなりの強弁になると思いますよ。ポッドキャストを「」付きでない放送と認めるなら別ですが。仮に放送と認めるならば、個人放送局開設の道が開けてくるわけで、その意味でもJASRACの対応には注目したいです。まあ、JASRACにとっては録音補償金制度 [http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0509/20/news002.html] のほうが緊急度が高いと思うので、後回しにされるでしょうが。

livinginabox

だって JASRAC って強弁じゃないですか。「?」はついていますが、技術的な側面だけで「ポッドキャストで商用音楽を流すことが可能になる」というのは、楽観的な気がします。
ちなみに、(著作権は重視すべきですが)必ずしも JASRAC の現在の姿勢に全面賛同しているわけではありません。その点、誤解なきよう。

b

夢のある話ですが、現実的には無理でしょう。ivinginaboxさんも述べておられるように、国内の悪しき商慣習(あえて固有名詞は伏せますが)が是正されないかぎり、どうにもならないように思います。結局のところ、「ダメ」と言われたらそれまでの現状ですから。

とりあえずは試聴再生のときにいったんユーザーのアクションが入るようにすれば、回避できますよね。それでも問題は起きえますかね?

hanabi

すみません、基本的な質問ですが、海外にサーバーを置いて洋楽だけ掛ければ、ストリーミングでも、ポッドキャスティングでも問題にならないんでしょうか?

海外に友人がいてサーバーを借りて、善意でこちらから送った録音をアップロードしてもらう場合と、自分で海外のサーバーを借りる場合で変わるかもしれませんね。

あと、駅などで売っている「ジェームズブラウン THE BEST」のようなCDの音楽を掛ければ大丈夫でしょうか?
でも「音楽を掛ける自由」なんて誰にでもあってしかるべきだと思うんですけどね。CDを買う時点でミュージシャンには支払いは済んでるわけなんで。

コメントを投稿する