海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

ひらくPCバッグのminiが出たので買ってしまった(ひきこもりなのに)

»

ほぼ毎日家で仕事しているんで、バッグは必要はないんですが、好きです。親知らずを抜いて気が弱っているときに「ひらくPCバッグ mini」の情報を見てしまい、ついぽちっと。1万9800円送料無料。翌日には手元にきました。わーい。pcgag1.jpg選んだ色はブラウンです。撮影が下手なこともありますが、写真で再現するのは難しい茶色。布です。暗いところでは黒に見えるくらいのシックな感じです。

ひらくPCバッグは、IT業界では知らない人はいないのではという、ノマド(死語)御用達バッグです。ノートPC、タブレット、スマホ、バッテリーなどの周辺機器、カメラまですっぽり余裕で収まります。「立てるPCバッグ」でもあり、デスクとかに置いて、開くと中のものが簡単に取り出せるのが特徴。

miniも実はそれほど非miniと容量的には差がないですが、縦長になった分、体が薄い(細いというより薄いんです)私でもバッグに背負われてる感じになりません。

ぽっけや間仕切りがいっぱいあって楽しい! さっそくChromebook、iPad mini、Nexus 5XCheeroのバッテリーEARINのケース、A4の書類、どせいさんのポーチ、おさいふ、パスモ、メモ帳、ボールペンを入れてもまだ余裕なので、ペットボトルも入れてみました。なくしそうなEARIN用イヤリングはわきのポケットに入れ、他のものと一緒にするとなくしやすいパスモは外ポケットに。pcbag2.jpgほんとは外ポケットにはスマートフォンを入れるのが最適です。わきポケットに入れたバッテリーのコードを外ポケットのバッグ側に開いてるスリットから引っ張りだして充電するという、ミモダエしたくなるような工夫があるからです。それに、ぽこぽこ穴からインジケーターの光が見えるようになってるし。実際に使ってみて、パスモがバッグの中に入れても取り出しやすかったら場所交代してみます。

ああ、どこかに出かけたい。お気に入りの下北のカフェに行ってChromebookでお仕事しようかなぁ。

あ、でも1つ問題があって、当たり前ですが、どんなに優れたバッグでも、ものの重さを軽くするマジック機能は搭載していないので、コンパクトにまとまった上記の荷物の総重量は3.5キロにもなるのでした(バッグ自体の重さは710グラム)。入るからって荷物をいっぱいにしたら肩こり必須。ミニマリズムに徹さないと、なのでした。

ひらくPCバッグ miniのレビューは既にたくさんあります。私はむねさだブログを読んで背中を思い切り押されてしまいました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する