テレビのデジタル化がドライビングフォースとなり、全ての情報メディアが一旦、収縮する時代の羅針盤

日本KM学会の年次大会でタスカジ和田さん講演予定

»

KMSJ


 日本ナレッジマネジメント学会の第19回年次大会が2016年3月19日(土)、エーザイ株式会社のご厚意により会議室で開催されます。

アウトカム経済をテーマにし、ライフスタイルの変化やワークスタイルの変化をテーマにしています。モノ支配論理からサービス支配論理への転換の中で基調講演はエーザイの内藤社長に登壇願います。薬と言うモノの上に立ってMRのサービスを極めたと言うエーザイの新しい資本主義へのアプローチが注目です。

また雇われない働き方(スマフォタクシーのUberやAirbnbなどオンデマンド経済)の代表として「タスカジ」を立ち上げたbrand-new Style Inc.代表取締役 和田 幸子さまにご登壇をお願いいたしました。

タスカジ

1時間1500円からの家事代行マッチングサイト『タスカジ』|家政婦が共働きの家事・ハウスクリーニングをお助けします

米国では既に34%が雇われない働き方(フリーランサーやミニ企業家、趣味と仕事の一致)に従事しており、2020年には40%に上ると予測されています。日本ではハウスキーピングの領域でご苦労されている和田さまの話が注目です。明らかにタクシー業界や介護業界、保育所などは正規雇用が職業として成立するギリギリのサービス領域ですから、将来は多くのサービス領域で日本でもフリーランサー型のサービスに本格的に転換するでしょう。当初フィリピンなど日本在住の外国人が中核として担っていたタスカジ(ハウスキーピング)はその先端を行っています。是非、参加して話を聞いてください。出来れば事前に大会参加希望者は、学会事務局( kms@gc4.so-net.ne.jp )宛に連絡を願えればうれしいですが、当日いきなりでもかまいません。

一般の方も自由に参加できます。(参加料は資料代500円のみ)

開催日時 2016年3月19日(土)

会 場 エーザイ株式会社本社 本館ホール(大会会場・Aトラック)  小石川ナレッジセンター1階(Bトラック)

地図:  http://www.eisai.co.jp/company/headoffice.html

大会テーマ:「アウトカム社会 新しい資本主義のためのビジネスモデル、ライフスタイルの追及と創造性」

●当日スケジュール

9:10- 受付開始

9:30-9:40
開催挨拶 本学会理事長 花堂 靖仁
大会実行副委員長 高山 千弘(エーザイ株式会社執行役員知創部長)

【午前の部】 司会 矢澤 洋一(本学会理事)

9:40-10:30
基調講演 「企業経営理念の実現にむけたSECIモデル」
内藤 晴夫(エーザイ株式会社代表執行役CEO)

10:30-11:10
特別講演 「企業経営に求められる共存在経営とは」(仮)
清水 博  (東京大学名誉教授、場の研究所所長)

11:20-11:50
解題 テーマ「アウトカム社会とは」
山崎 秀夫(日本ナレッジ・マネジメント学会専務理事)

11:50-13:00 【昼 食】理事会

13:00-13:40 会員総会

【午後の部】
Aトラック 会場:本棟ホール(発表 20 分、コメント・質疑 10 分)
司会・コメンテータ:大西 幹弘(名城大学教授)

13:50-14:20
報告1:和田 幸子(brand-new Style Inc.代表取締役)
テーマ1「私が起業で目指す新しいライフスタイル」

14:20-14:50
報告2:廣瀬 文乃(一橋大学国際企業戦略研究科特任講師)
テーマ2「アウトカム社会におけるソーシャルイノベーションの重要性」(仮)

14:50-15:20
報告3:山口 博(プライスウォーターハウスクーパース株式会社ディレクター)
テーマ3「アウトカム社会を実現するマインド変革・スキル向上プログラム」

15:20-15:50
報告4:安部 博文(電気通信大学)
テーマ4「アウトカム社会で若者が頭角を現すために?電通大プログラミング教育のビジョンと方法」

休憩(10 分)

16:00-17:00
【パネルディスカッション】テーマ「企業理念とアウトカム」(仮)
発題:高山 千弘(エーザイ株式会社執行役員知創部長)
1.富士通株式会社
2.スズキ株式会社
3.他

Bトラック 会場:ナレッジセンター1階(発表 25 分、コメント・質疑 10 分)
司会・コメンテータ:植木 英雄(東京経済大学教授)

13:50-14:25
報告1:佐脇 英志(亜細亜大学特任教授 2016年4月1日就任予定)
テーマ1「ケーススタディー:シンガポール印刷会社変革」

14:25-15:00
報告2:法政大学 藤原 竜也/法政大学 小門 裕幸
テーマ2「ソーシャルアプリケーション・ラッシュで急成長するサンフランシスコ、シリコンバレーを超える勢い」

15:00-15:35
報告3:小石 裕介((株)BeatCommunication)
テーマ3「メッセージアプリと創造性」

休憩 (10 分)

15:45-16:45
【パネルディスカッション】
EGM(Employee Generated Media )の今後の展開と課題
司会 発題:荒木 聖史(本学会会員)
1.八田 光啓(日本電気株式会社 マネージャー)
2.前田 直彦(SCSK株式会社)                    
3.八木橋 昌也(日本アイ・ビー・エム株式会社)
まとめ:荒木 聖史(本学会会員)
        

会場:本館ホール
17:05-17:25 大会報告総括【コメンテータ等によるパネルディスカッション】

17:25-17:30 閉会挨拶 本学会副理事長 久米 克彦

17:30-19:00 懇親会 本館地下1階カフェテリア(参加費3,000 円)

※プログラムは当日変更されることがございます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する