テレビのデジタル化がドライビングフォースとなり、全ての情報メディアが一旦、収縮する時代の羅針盤

山崎 秀夫

山崎 秀夫

始めまして、日本ナレッジマネジメント学会専務理事の山崎秀夫です。IoT、ウエアラブル、ソーシャルメディアなど情報発信を時々行います。

プロフィール

総合商社のIT子会社にてIT技術者を約20年経験しました。ロンドン勤務の後、大手総合研究所勤務を経て現在は日本ナレッジマネジメント学会専務理事、ビートコミュニケーションさんなどなどで顧問などをやらせて頂いています。書籍を書く時に時々使うペンネームは川北蒼です。
得意分野は自我流の記号論やメディア論、社会心理学、進化系の人類学などによるネットコミュニティの分析です。7年ほど前からテレビのデジタル化を追いかけており、ソーシャルテレビ(USTREAMやニコニコ動画、など)や仮想社会も大好きです。最近はソーシャルテレビやスマートテレビの延長でウエアラブルやIoTも追いかけています。世の中をぱさっと切るように痛快にブログを書きたいと思います。連絡先はhideoyamazaki3@gmail.comです。