どうしたらネットで力づけられたり、助けられたりするのでしょう?コミュニケーションを観察します。

No.0 これからインターネットと匿名性の話をします

»

「匿名性」「匿名」という言葉をGoogle アラートに入れておくと、毎日のようにいくつものニュースが手元に届きます。匿名の寄付だったり、匿名の相談窓口であったり、はたまた匿名によるいじめであったり、ニュースの種類は多岐に渡っています。

実際、匿名性に関する研究は、一世紀以上にわたって行われてきました。Rainsらの論文によれば、ジャーナリズムと匿名性、政治活動と匿名性、意思決定と匿名性、心理学と匿名性など、匿名性の研究分野は大変広く、しかも匿名性の定義や扱われ方は断片的です。1990年代に入ってからは、インターネットと匿名性に関する研究も数多くなされてきました。一方で、匿名性についての議論の難しさは、それが「匿名性は善か悪か」という是非論に陥ってしまうところにあると感じています。昨年初頭には毎日新聞による「ネット君臨」で強い問題提起がされていますが、これも匿名性についての研究というよりは、匿名性の是非を問う記事でした。また、匿名は無責任か否か、というテーマについては、数多くの意見がブログなどで書かれています。

しかし、自分がネットに何かを書く場合には、どうでしょうか?
このブログを読んでおられる方の多くは、なんらかの形でブログや掲示板、SNSなどと言ったコミュニティに参加しておられることと思います。そこではどんな名前を使っていますか?実名、お気に入りのハンドル、仲間にしか通じないニックネーム。時には「通りすがり」と書き込むこともあるかもしれません。ブログに関して言えば、Blog 定期リサーチ(25)(2006年5月26日)では、実名のブログは6.5%にすぎないといいます。
私自身も、実名のブログのほか、友人にのみわかるニックネームで書いているブログを持っています。いずれのブログも記事が蓄積されていますので、いまさら書き逃げもできないと思っています。

匿名vs実名、という議論は現実に即さないのではないか、というのが私の問題意識です。個人が特定されることへ抵抗感は、必ずしも発言の無責任さとは結びつかないでしょうし、時には実名の人間関係に対する配慮が理由のこともあるでしょう。一方で、ころころと名前を変えられては、同一人物だとわからないという見方もあるでしょう。

インターネットがもたらす匿名性について、これからしばらく書いて行こうと思います。


参考資料:
Rains, Stephen A. and Scott, Craig R.: To Identify or Not to Identify: A Theoritical Model of Receiver Resposes to Anonymous Communication. Communication Theory 17 pp61-91,2007

Blog 定期リサーチ(25):2006年5月26日――「Blog は匿名で作成」9割以上
http://japan.internet.com/research/20060526/1.html

ネット君臨
ネット君臨
posted with amazlet on 08.01.21
毎日新聞取材班
毎日新聞社 (2007/10/20)
売り上げランキング: 85634
おすすめ度の平均: 4.0
3 質量からすると新書に相応しい内容
5 ひろゆきのインタビューが長くなっていた
Comment(5)

コメント

「サイバージャーナリズム論」の共著者の一人です。

>匿名vs実名、という議論は現実に即さないのではないか、というのが私の問題意識です。

仰るとおり。匿名・匿名性の議論では不十分で、トレーサビリティー、実名が権威か無名かによって異なります。芸名は固定ハンドルネームのようなものだし、実名といっても通名もある。

一度情報交換をしたいものです。

阿部 徹

初めまして。

私はインターネット利用に
『住民基本台帳カード』による
個人認証を導入すべきと考えています。

情報を提供する側の問題と
情報を授与する側の問題があります。

どちらも当事者(個人)を特定し
曖昧さをなくし
情報がクリアになる社会を目指しています。

情報発信の責任
情報受信の責任
公平に議論しましょう!

以上

>情報発信の責任・情報受信の責任・公平に議論しましょう!

ということが最大の問題なんです。
つまり、議論で紛争がおきたときに、失うものがある人と失うものがない人では、対等ではない。だから、匿名で発信する人がいるし、実名で発信しない人がいるのです。

ありがとうございました。

スポンタ中村様:
問題意識を共有できる方がいらっしゃって心強いです。本人をどこまで特定できるかというトレーサビリティ、実名以外の情報を関連付けるリンカビリティといった要素なしに、匿名を「過信」することも、また危険だと思っています。

阿部 徹様:
本人を「誰が」特定できるかという視点も必要かと思います。インターネット利用に個人認証を取り入れる際に、実名との紐づけを「ユーザ同士で」見られるようにするのか、それとも「登録機関」のみ見られるようにするのかによって、匿名性の度合いも変わるでしょう。

いこやん

■匿名性??
セキュリティの分野で足りないこと、、、それが匿名性ではないか?と漠然と思っていました。

■セキュリティって
セキュリティというと、個人を特定すること、情報を保護することがメインです。脅威があって、それから守ることがメインですよね。

■プライバシーと匿名性
モダンなプライバシーって、匿名性に繋がると思っています。

「プライバシーとは、個人の私生活に関する事柄(私事)やそれが他から隠されており干渉されない状態を要求する権利、および自己の情報をコントロールすることができる権利」

でも、干渉されないことを要求したり、自己の情報をコントロールできるようにするためには・・・

■匿名性を保証する技術、カモン!
きっと、もっと匿名性という本質を理解して、それを匿名性を保証してあげるような仕組みが必要なんじゃないか?って思います。

コメントを投稿する