オルタナティブ・ブログ > 風を切って走る!走る社長の軽快ブログ >

ある時は販売員、ある時は営業マン、またある時は社長業! 経営に現場に走り回る日々の気づきブログ。元気の源は「ありがとう」。言う時も言われる時も気持ちのいい、魔法の言葉! 接客や営業ノウハウを中心に書いていきます。

「居酒屋もへじ」に見る日本の高齢化

»

Hello!

 こんにちは!走る社長、貫洞です。暑いので、ちょっと走っただけでバテバテですが、ただ単にかいている汗と、意識してかいている汗は、老廃物の出方が違うよねと勝手に思っています。距離こそ短くなっておりますが、走る前後のストレッチ、これをやるためだけでも、着替えて外に走りに行く価値があるのだと思えます。


 さて、普段はほとんどTVを観ないわたしですが、水谷豊さんだけは特別です。「相棒」以来、大ファンです。その水谷豊さんが主演しているドラマ「居酒屋もへじ」という2時間ドラマが、大変おもしろいのです。昨夜、2011年に放送された第一弾の再放送がやっておりましたので、じっくりと鑑賞しました。

 困っている人をほうっておけない、人情味あふれる居酒屋の店主「もへじ」。毎日集まってくる常連客。人と人との縁について考えさせられる、ドラマというよりは舞台を観ているような気分にさせられる作品です。「舞台のような演出の映画」と言っていいかも知れません。


 それで、作品自体は非常に面白く、笑ったりウルっとしたりしながら観ていたのですが...


「あっ!!!」


 あることに気づいてしまいました。

 

「出演者の方が、子ども(学生)以外ほぼ高齢者である」
※例外として、看護師の女性などは登場します が、高齢者男性を看護していて、その方と恋に落ちます


 東京の下町(上野あたり?)を舞台にしたドラマで、普通に歩いていると、観光客なども居る為か、若者も一定数、いる街だと認識しています。が、劇中では若くても50代より上の方々しか出てきません。作品自体の面白さとともに、警笛を鳴らされているような気がして、胸がざわっとする、そんな作品でした。

 今夜は、「居酒屋もへじ2」が夜9時から放送されます!第2作となる今作も、高齢化しているのでしょうか???
...と心配していたら、今作は少し若年化させているようですね。
http://www.tbs.co.jp/izakaya-moheji/


 ITは出遅れた感があるので、次はエネルギーで日本を活性化させて、若い人たちが元気に起業したり働いたり希望を持てる日本にしていきたいですね!好きな番組、好きな音楽、好きな食べ物、元気をチャージして、日々を楽しく過ごしましょう♪

Have a nice week♪

Comment(1)

コメント

isakaya moheji

irumasi izakaya moeeji

コメントを投稿する