オルタナティブ・ブログ > 風を切って走る!走る社長の軽快ブログ >

ある時は販売員、ある時は営業マン、またある時は社長業! 経営に現場に走り回る日々の気づきブログ。元気の源は「ありがとう」。言う時も言われる時も気持ちのいい、魔法の言葉! 接客や営業ノウハウを中心に書いていきます。

「僕はその仕事、降りるよ」とスタッフはわたしに言った

»

Good morning!

 走る社長、貫洞です。最近暑さの為か走行距離が短くなり、ランナーズハイを久しく味わっていません。カラダがうずうずと「あの快感」を求めてきます。そして、誠ブログも然り。しばらく更新をしていなかったので、書きたくて書きたくて、うずうずと「書くこと」をカラダが求めてきました。良い習慣が身に付くと、「やらないことが気持ち悪くなる」んですよね。習慣って本当に大事です。

 

 さて、今日は、人材を扱う会社の方や、部下を抱える方にぜひお伝えしたいエピソードがあります。

先日、社内でこんなことがありました。


【前提】
・弊社はITシステムや携帯電話などの販売やコンサルなどの仕事をしております
・弊社スタッフは1~3名単位で現場を受け持ち、現場単位での問題解決、販売業務などにあたります
・お話が通じやすいように、コンサルタントも販売スタッフも本記事内ではすべて「スタッフ」という呼び方をします

【フロー】
・お仕事を受注したら、適切なスタッフを適切な現場に配置します 短期の現場もあれば、長期の現場もあります

上記のような流れで弊社の業務は進んでいきます。住居の場所や家庭の事情等の要因も加味しますが、一番頭を悩ますのは、現場とのマッチングです。コンサルティングを求めている現場に、バリバリの販売員を入れても仕方がないし、逆もまた然り。トータルバランスを見ながら、一つ一つの現場の最適化に沿った配置を行います。

 

 本題に戻ります。とある現場で、それまでは無かった「高い目標値」を目指すことが決まりました
既にその現場に配置されているスタッフがほとんどでしたので、まずは打診から入りました。「単刀直入に、目標値がかなり上がるのですが、前向きに取り組んでもらえますか?」というように打診。ほとんどのスタッフは「目標達成できるように、まずは頑張ってみます」というスタンスで取り組んでくれることになりました。
しかし、あるスタッフは言いました。


「僕はその仕事、降ります。自分のペースでできる仕事に配置してほしいです」


 この、彼の意見について、どう思いますか?いろんな意見があると思います。「まず取り組んでみようよ」「やる前から降りるなんて...」という意見ももちろんあるでしょう。しかしながら、彼はその現場の数値的目標と自分の経験、スキルを計算して、「降りる」という選択をしたのです
わたしは、彼の選択を「誠実な選択である」と思いました。そして、彼の誠実さを活かせる業務をこれからもお願いしようと強く思いました。

 そもそも、「僕は降ります」などと言わなくても、会社側で配置換えをする事はよくあります。その機会を待つという選択肢もあります。また、その仕事に就いていることで、少なくとも自分の仕事がキープできるわけですから、「無理かもしれないけど、いいチャンスだ、やれるだけやってみよう」と考えるのが普通で、ちょっとずるい人ならば「無理かもしれないけど、会社から注意されるまでは居座っていればいいや」と、自分で自分の仕事スキルを厳しく見ようとしないかも知れません。

 これらの例以外にも、現場では常に、様々な事が起こっていて、様々な考え方を持ったスタッフが、日夜頭を悩ませながら仕事をしています。わたしも一緒に背負っているものもありますが、スタッフが自ら背負い、解決に向けて動いているプロジェクトも多いです。

 いろんなスタッフがいて、いろんな考え方がある。とても考えさせられた一件でした。わたしなら、与えられたミッションは絶対に降りません。自分には無理だと、過去の経験から割り出されようとも、絶対に達成してやる!と自分に鞭打って取り組むでしょう。しかし、正解はひとつではありません。

 全体最適を考えられるかどうか?そのためには自己犠牲も厭わず、自身をも厳しく評価できる審美眼を持っているか?常に自分にも問い続けていきたいです。わたしも、バリバリ現場に出るのも良いけれど、もう少しドッシリと構え、俯瞰で物事を見ようとも思いました。新米社長、気持ちだけは今日も走っています。秋にはまた毎日のジョギングを再開します。何事も前向きに!取り組んでいきたいものですね。 

Have a good day!

 

【追記】
弊社オフィスが移転致しました。愛読しているITmedia様の近くです(嬉しい!)
移転手続き等、慣れない業務が続き、予告もなく更新が途絶えてしまったこと、大変失礼いたしました。

今後も、週に1本くらいずつ、ジョギングやサービス業やマネジメントについて書いていきたいと思いますので、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する