オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

全Webの79%にPHPの時代。埋もれないためにはどうするか。

»

私の表記コラムを公開いただきました。コラムの最後に、埋もれないためのキャリアノウハウを解説するセミナーをご案内しています。

###

W3TechsというサイトでWebサーバ側で導入されているプログラミング言語のシェアデータを公開しています。 PHPのシェアは、全体のWebサーバの79.0%になり現在、80%前後を推移しています。 80%前後となると、ほぼ全てのWebサーバに採用されているようなイメージになります。


これだけ、普及しているとPHPをやっておけば、当面食いっパぐれがないような感じですよね。ただ食べていけるだけでは、つらい時があります。例えば、結婚した時、結婚して子供ができた時、会社を興したいと思ったとき、親の介護が必要な時など、お金が必要な局面は自分が意図するかどうかにかかわらず訪れます。 そして給与はいきなり上がったりしません。(例外はレアケースであります)なぜなら、転職時に前給を聞かれると思うのです。その前給の+-20%くらいの金額でオファーを出すことが多いからです。どんなにすごい人がいたとしても、なかなか前給の2倍では雇えません。もし、面接時に見落とした穴があって、2倍の給与で元が取れない時、採用側の信頼にもかかわってくるからです。それに、前給の2倍で雇用して、その事実が社内に知れてしまうと、いろいろ問題が起きそうですよね。様々な理由があり、いきなり高額の雇用はしないのです。同様に、社内昇給で前年比で+-20%以上はあまり昇給させません。高額に昇給すると、その次の年もそれに近い昇給率ができないと、給与が伸びていない感覚になり辞めてしまったり、高い昇給に見合ったパフォーマンスが出せず、結局やめてしまうことが多いからです。 前置きが長くなりましたが、お金が必要な時にお金を使える人生がよいのですが、いきなり昇給すること会社にとっても本人にとってもあまりよくないので、実力を上げて、地道なハイペースで給与を上げていくのが一番だと思っています。 その時に重要になってくるのが市場偏差値だと思っています。市場偏差値は私の造語なので、ここで紹介します。

(この続きは以下をご覧ください)
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_2787


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する