IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「デジタル化に向けた第一歩 AI-OCRへの期待」(GRANDIT株式会社 マーケティング室 室長 高橋昇氏)

»

私が編集支援している「デジタル化に向けた第一歩 AI-OCRへの期待」(GRANDIT株式会社 マーケティング室 室長 高橋昇氏)が日商エレクトロニクスで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
前回までのコラムでは、企業のデジタル化や働き方改革の取り組みとして注目されている「RPA」を取り上げました。確かに「RPA」というキーワードがついているとイベントや展示会などでのお客様の反応も大きく、とても興味を持って頂ける領域であると感じています。

一方で、実際にブースにいらっしゃるお客様の声の半分は以下のようなもので「RPA」というよりは、OCR(Optical Character Reader、光学的文字認識)による文書の電子化(デジタル化)が最初のハードルになっているといったところでしょうか?

(GRANDIT DAYS 2018 会場でお聞きしたお客様の声)
・現状FAX、メール、Excel、紙ベースによる人手業務が中心で自動化できそうもない

・取引先ごとにフォーマットが違うので、読取りのための定義が取引先ごとに必要となり、導入が大変

・手書きの書類なども多く、OCRなどで取り込んでも認識率が心配

そこで、今回のコラムからは多くのお客様が課題とされている、文書の電子化といった課題について掘り下げつつ、最新のAI-OCRやそれらを使った様々なサービスについてご紹介したいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://erp-jirei.jp/archives/2058

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する