IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

【WordPress・PHP】あなたのPHPのバージョンは大丈夫?

»

私が編集支援しているプライム・ストラテジー穂苅智哉氏のコラムがデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。

バージョンアップはセキュリティの観点でもとても重要な話になります。

興味がある方はご覧ください。

###
前回は、KUSANAGIの新しいニュースとして、『KUSANAGI for Vagrant』について書いてきました。このVagrantを使ったKUSANAGI環境で手軽に色々お試しいただけると嬉しいです。

さて、今回はセキュリティ系の話題を。PHPのバージョンについて書いてみようと思います。

■PHPについて

PHPについては、どのくらいご存知でしょうか。

PHPとは、Hypertext Preprocessorの略で、再帰的に略したものらしいです。

PHPには公式サイトがあり、ここで最新のアップデート情報やマニュアルを見ることができます。

サイトによるPHPの説明は以下になります。

PHP は、"PHP: Hypertext Preprocessor" を意味し、広く使用されているオープンソースの汎用スクリプト言語です。 HTML に埋め込むことができ、Web アプリケーションの開発に特に適しています。 PHP の構文の多くは C、Java、Perl 言語から転用したもので、 簡単に習得することができます。この言語は、動的に生成されるウェブページを Web 開発者が速やかに作成できるようにすることを主な目標として つくられました。しかし、それだけにとどまらず、 もっと多くのことを PHP を使って行うことができます。

オープンソースということは、ソースコードが公開されており誰でも確認することができます。悪い人が悪用するとセキュリティホールを見つけることもできてしまいます。

一方で多くの開発者が開発を行うことで発展できるという利点もあります。

PHPはWebでとても良く使われている言語で、W3Techsの調査によると、83.5%のサイトでPHPが使われているとのことです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2018/09/php_hokari/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する