IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「世界におけるスポーツ漫画の特殊性とその変化について『シュートの達人』」

»

私が編集支援した吉田幸助氏の最新コラムが鈴与シンワートで公開されました。

「世界におけるスポーツ漫画の特殊性とその変化について『シュートの達人』」

興味がある方はご覧ください。

###
「○○に憧れて」

若者のスポーツを始めるキッカケはだいたいこのパターンが多いのではないでしょうか。

この「○○」にはその時代のスター選手の名前が入る場合もありますが、日本の場合は「漫画の名前」が入る事も多いように思います。

日本が誇るスポーツ漫画。

その影響力はすさまじく、今や世界のスポーツ界へも影響を与えております。

特に1981年に連載開始した超有名サッカー漫画は日本だけでなく、世界各国あらゆる国へ輸出され(この漫画の作者が言うには「サッカーがプレイされている国で放映されてない国は無い」とのこと)、世界的スタープレイヤーの一部も、その漫画の影響を公言しております。

ある意味、日本のお家芸です。

そしてこのスポーツ漫画というジャンル、世界的にみればかなり特殊で、容易く漫画の後発国に真似できない独自性も持ちます。そしてその『中身の多様性』も後発の追随を許さない状況です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/app19/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する