IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

津村彰氏の「ヤマハではじめてみよう!L3スイッチ」第001回 「SWX3100のCLIを触ってみよう」

»

私が編集支援している津村彰氏の「ヤマハではじめてみよう!L3スイッチ」第001回 「SWX3100のCLIを触ってみよう」がSCSKサイトで公開されました。

待望のL3スイッチコラムです!興味がある方はご覧ください。

###
1. SWX3100をCLIで設定してみよう!

前回のコラムで、発売されたばかりの、ヤマハ L3スイッチ「SWX3100-10G」に、「LANマップ」と既設ネットワークに追加する為の「VLAN設定」、「ルーティング設定」をウェブ管理画面より行いました。
今回は、同様の設定をCLIから設定してみましょう。

さて、SWX3100にはシリアルコンソールポートが備わっており、従来のシリアル端子(RJ-45)の他、ミニUSBケーブルでの接続も可能です。また、ウェブブラウザの代わりにTelnetによるCLI操作も可能です。
ミニUSBポートはWindows 10標準ドライバでCOMポートとして認識され、TeraTermといった一般的なターミナルエミュレータで動作しました。万が一コンソールケーブルに不備があった際の為に、ミニUSBケーブルも用意しておくと良いかも知れません。
2. SWX3100のCLIは、SWX2300シリーズを踏襲

SWX3100のCLIは、SWX2300シリーズと同じくCiscoライクなCLIになります。
具体的な操作方法については以前のコラムに譲りますが、一般的なCiscoライクなCLIの設定経験のある方には、さほど難しくありません。

(この続きは以下をご覧ください)
https://router-switch-jirei.jp/archives/1140

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する