IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

RubyビギナーのためのStep upコラム > 第2回 Rubyの多重代入について

»

私が編集支援している中越智哉氏のCTC教育サービスコラム「RubyビギナーのためのStep upコラム > 第2回 Rubyの多重代入について」が公開されました。

Rubyの求人はこの1年でPythonに次ぐ2番目の成長になりました。これかあ始めようとされている方、始めたばかりの方は是非ご覧ください。

###

みなさん、こんにちは。
前回はRubyのバージョンについてのお話でしたが、2018年最初のコラムである今回は、ぐっとRubyの文法にフォーカスした話題「多重代入」です。

そもそも、多重代入とは何か?というところからですね。Rubyに限らず、プログラミング言語において、「代入」はごくごく基本的な操作の一つです。代入には多くの場合、代入演算子「=」が使われ、操作としては右辺の内容が左辺に格納されます。

Rubyでは以下のように書くと、yearという変数に2018が代入されます。

year = 2018

Rubyでは、このようにちょっとした文法の確認などをしたいときに、irbという便利なツールが用意されています。もしお手元にRubyがインストールされている方は、ご一緒に試してみてはいかがでしょうか。コマンドラインから「irb」とコマンドを打つとirbが起動します。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakagoshi/nakagoshi02.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する