IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「マイニングではなく、仮想通貨を狙うウイルス登場も時間の問題」

»

私が執筆したDr.Webアンチウイルスコラムが公開されました。

「マイニングではなく、仮想通貨を狙うウイルス登場も時間の問題」

公開当時アクセスランキング2位になりました。
お読みいただいた皆様、ありがとうございました。

###
Dr.Webは2017年6月、仮想通貨をマイニング(採掘)するマルウェア「Linux.MulDrop.14」を発見しました。「仮想通貨のウイルス」と聞くと、感染したPCで仮想通貨が抜き取られたり、勝手に売買されたり、仮想通貨を人質に取ったりするランサムウェアのように思われがちですが、実はそうではありません。

今回発見されたウイルスは。どこかの誰かの仮想通貨のマイニングのために自分のマシンパワーが勝手に使われてしまうというウイルスになります。

こう書くと、仮想通貨を取引している人も安心してしまうかもしれません。しかしながら、仮想通貨の利用者数は年々増加しており、2017年3月にはユーザー数が500万人を超えており、2024年には2億人を超えるといわれております。気づかれている方も多いと思いますが、ウイルスはコンピューターデバイスがあるところならどこでも狙うことができ、母数が多いカテゴリは必ず狙われます。

(この続きは以下をご覧ください)
興味がある方はご覧ください。
https://news.mynavi.jp/article/virus_drweb-2/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する