IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

東京で暮らすと体重維持が大変でも別荘に暮らすと体が締まる件

»

もう、吉政さんの別荘暮らしの話はお腹いっぱいだよー!という声が聞こえてきそうですが、読んでますよー!という方もいるので、書いていこうと思います。

多くのお客様がテレビ会議で会議を行うようになり、赤城の別荘で仕事をすることが多くなりました。

今は週の半分を赤城で過ごし、そこで仕事をしています。仕事がはかどることはかどること。

仕事がはかどる理由は、遮断された仕事空間であることや、体調が良くなるので、仕事の効率が上がるためです。

同じようなコンサル業をやっている方にはホントお勧めです。先輩方も同じような生活をしている人がいますので、コンサルで別荘というのは結構ありな路線なんだと思います。

はっきり言いますが、都心でコンサル用のオフィスを借りるより、田舎の別荘を買ったほうが完全に安上がりです。

しかも、コンサルがオフィス持っても、「おー!」とは言われませんが、別荘を持っていると「おー!」となります。そっちのほうがブランド強化につながります。さらに、「オフィスに来てね」というコンサルより「行きます!」というコンサルのほうが喜ばれますし、たくさんの人に会えます。コンサルにはオフィスより別荘なのですw

さて、今日は体重のお話です。

東京にいると、外食が多くなります。

私は東京では六本木ヒルズで仕事をしていますが、外国人が多い場所は不健康な料理が多くて困ってます。なんというか、油が多くて味が濃い奴ですね。

そうなると必然的に体重が増加傾向になります。そこで、そうならないようにジムに通って絞っている次第です。

一方で別荘にはベンチとダンベルなどトレーニング器具がそろっているので、別荘でも体を絞れますし、別荘にいる間は100%自炊になります。そして、身の回りのことを一人でしなければいけないので、ちょこちょこと動きます。そして結果的に体重が落ちていくのです。

ちなみに別荘でのサイクルは以下です。

朝起きて、ご飯食べて、ラジオ体操、トレーニング用の木刀で素振り、30分の山道ジョギング、朝風呂。

仕事して、疲れたら、昼風呂、昼ごはん。洗濯し、仕事。

そして、晩御飯で夜風呂、仕事。 ※掃除は3台のお掃除ロボットが掃除してます。

一日お風呂に3階も入ってますねwww

うちのお風呂広くて、大きな窓があってとてもいいのです。家にいるときも一日に2回くらい入ります。

お風呂に入って、体を洗うのではなく、お風呂に入ってタブレットでいろいろ考えてるんですけどねw

湯船につかると気持ちいいです。

このサイクルをよく見てください。自炊でご飯を食べて、毎日運動して、お風呂に入って血行も良くなり、健康になって当然の暮らしじゃないですか???

このサイクルであれば体重が落ちるのも当然ですよね。

料理などの家事が嫌いでなければお勧めです。

コンサルは田舎暮らしも取り入れて健康生活を!

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

※面識のない人からのお友達申請は原則NGです。お友達申請されるときはメッセージもお願いします。わりと情報公開しているので、フォローするだけで結構見えます。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する