IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「営業ツールとしてのGoogle速度測定ツール「TEST MY SITE」とその効果を考える」

»

私のコラムの最新号が鈴与シンワートで公開されました。

「営業ツールとしてのGoogle速度測定ツール「TEST MY SITE」とその効果を考える」

興味がある方はご覧ください。

###
少し前に、某インテグレーターの方と話をした時に「Webサイトが速くて何の意味があるんですか?」という言葉を頂きました。
この言葉を聞いて私はものすごく驚いたのですが、お客様にとってWebサイトは速いほうがいいに決まっていると思うのです。
Webサイトのパフォーマンスが悪いとお客様は開発会社にクレームしますが、速いと喜ぶものです。

少し古い情報ですが、米Amazon社が公表したデータでは表示速度が0.1秒遅れると、売り上げが1%減少するというデータも出ています。

そして少し前に話題になっていたのがGoogleの速度測定ツール「TEST MY SITE」です。このツールは非常に明確です。過去の統計情報から、「あなたのサイトが遅いので、●●%のお客様が離脱しています。」と具体的な損出をレポートしてくれます。

お客様のWeb担当者の方は、自社WebサイトのPV数などを向上させるために様々な努力をされています。そして、そのWebサイトのPV数を高速化することで離脱が減少し、PV数が●●%増えるのです。

Googleの速度測定ツール「TEST MY SITE」はスマホからのアクセスのみでの測定になりますが、スマホサイトが遅ければ大体PCサイトも遅いです。そして、速さが改善されれば、PCサイトもスマホサイトも回遊率が上がりPV数は確実に伸びます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column32/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する