IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「ルーター・スイッチの基礎技術と最新情報」第3回「総務の方でもわかりやすいスイッチの最新技術紹介No.2」

»

私がSCSKで連載しているコラム「ルーター・スイッチの基礎技術と最新情報」が公開されました。

第3回「総務の方でもわかりやすいスイッチの最新技術紹介No.2」

###
さて、ここ最近でホットな話題だったのは、ヤマハの最新のスイッチかもしれません。ヤマハのネットワーク機器と聞くとSOHO市場シェアNo1のルーターを思い浮かべる方も多いと思います。昨年6月にヤマハは新スイッチ製品を投入し、ルーターのみならずスイッチまでを含めた低コストなネットワークの見える化を推進しています。

ちなみにですが、国内SOHO市場トップシェアのヤマハのルーターの歴史は古くルーター市場に参入したのは1995年であり、インターネット元年と呼ばれた時期から、中小規模ネットワーク・SOHOを中心とした多くの企業に導入してきたそうです。SOHOルーター市場で圧倒的なシェアを持つヤマハルーターですので、当然そういう印象を持つでしょう。

ただ、ヤマハのネットワーク機器戦略はルーターに留まらず、スイッチや無線LANのアクセスポイントまで展開してきているのが最近の状況です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.scsk.jp/product/common/yamaha/special/column2_03.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する