「エンガワ=縁側」は、完全な「家の中」でも「外」でも無い「宙ぶらりん」な空間。そこには誰でも気楽にぶらりと立ち寄れて、しゃべったりお菓子を食べたり。情報交換や一休みに飽きたら、すいと立ってまた自分の仕事に戻って行ける。そんな風にゆるくて、ちょっと元気をもらえる所。そんな皆が好きな「縁側」で、いつも空を見上げながら何故か「背泳ぎ」をしている…そういう雰囲気のあるブログを綴っていきます。

商業漫画で新連載のお知らせ、と久しぶりのごあいさつ(※追記あり)

»

【2018.4.8追記】「オーバーハング!」最終回が一般公開されました。宜しければこちらも最新の作者心境としてお読み下さい。

【9/9追記】コミックスマート社のRouteM作家ブログに、今回の連載に至る経緯が掲載されました。こちらも少々長いですが、本ブログを読まれた後で、もしお時間とご興味ある方は合わせてお読み頂ければと思います。

御無沙汰しております。皆様にはお変わりないでしょうか?

私、本橋ゆうこも元気でやっております。ちょっとある事情から"SNS断ち"をしていたもので、一部フォロワーの方々にご心配を頂いてしまい、後になってそれを知って大変恐縮した次第です。...生きてます!一応このとおり!(ぴんぴんと)

さて。表題の通りお知らせに参りたいと思いますが。

実は(前述の事情がこれなんですが)...このたび、自作初の商業漫画の新連載が始まります!!!(祝) SNS断ちして引きこもって、描いてたんですね原稿を!それはそれでドラマな、なかなかに長い大変な道のりでしたが、さておき。

じゃじゃじゃじゃーん!♪

blog_overhang001.jpg

このたび9/9より、コミックスマート株式会社様が運営するスマホ漫画サービス「GANMA!」(※8/25ブラウザ版も公開)誌上にて、自分こと漫画家名・本橋ユウコが描くロッククライミングを題材にした少年誌風漫画『オーバーハング!が連載開始です!!(※スマホ版のプレミアム会員向けには既に先行配信中でした)

連載のペースは今のところ月一回更新で、スマホ向けやWEB漫画の方面では、比較的ゆっくりめの部類に入るかと思うのですが、そこは自分がまだ漫画では新人で、連載も初めてなのを考慮して頂いた形です。とはいえ、これから作業に慣れるに従って執筆ペースも徐々に上げて行くことが可能とは思いますので、そうなれたら編集部に頼んで更新ペースも早くしてもらうつもりですが。こういう柔軟さも紙媒体とは違う、WEB漫画ならではの自由さではありますね。

自由さといえば、近年隆盛の数あるネットコミック配信サービスの中で、自分がこちらの「GANMA!」さんを選んだのも、「スマホ漫画ならではの読者年齢層の幅広さ」「漫画のテーマ自由、ジャンル無制限(※公序良俗の範囲内で)」に加えて、掲載作品から感じる編集部の「面倒見の良さ」「親しみやすさ」みたいなものを印象として受け取ったからなのです。

ネット漫画では特にその側面が強いかと思いますが、自作を世の中に広く知ってもらうためには、ツイッター等のSNSをフルに活用してセルフ・プロモーションを仕掛けたりして、まだ出会っていない未来の読者に自分と作品を「見つけてもらう」ことが重要になっているのだろうと。大手のように広告資金を投じて大々的にメディアで宣伝してもらえるわけもないし、そこは個人のアイデアや粘り強い営業努力に掛かって来ると見ています。

そういう考えで見た時に、「GANMA!」の一つの特徴として、「作者発案による公式タイアップ企画等への動きが早い」「ファンが参加して楽しめる場を公式が用意(アプリ内の応援イラスト投稿機能など)」あたりは評価してよいと考えました。

そして何より、他のどこよりも「作家を育てる」という姿勢を一番強く感じたのが、ここだったのですね。

現時点で既にファンの付いている、いわばある程度「数が読める」作者を集めて来る"だけ"ではなく、始めは多少未熟な面があるとしても、情熱や夢、着想の面白さ、何かしら将来の可能性を感じる描き手に、自分の本当に描きたいテーマで自由に描かせてくれる。そうした創作への熱意にあふれた個人によって生み出された成果物に、会社として編集というスキルを加算してくれることで確実に作品のレベルと、公開ステージを上げてくれる。

編集部から、作者によって受けるアドバイスはもちろん違うとは思うのですが、不思議と「そう!私はそれが言いたかったんです!」と作者自身がポンと手を打つようなところを指摘されるわけです。それでそこを直すと、実際に見違えるように面白かったり読みやすくなってたりするんですよ。あれこそ完全に、一人で閉じこもって手前勝手に描いているだけは得られなかった感覚で。次はもっともっとうまく描こう!と思える。そういう「前を向ける」環境を与えてもらえたことには、本当に感謝してます。

たぶんそんな風に、どの作家さんも「今までの自分の手が届く、そのちょっと先」まで、実力を伸ばしてもらってるのだろうと。そうなれるまで根気よく付き合ってくれるというのは、今の万事につけ余裕の無い世の中では、かなり凄いことだと思っています。一見するとあまり効率の良くないような(育成している作家への投資としてリスクも取っているし)、こういう愚直と言ってもいい程に地道な方法論を取っているのが、全く新興のベンチャー企業だというところにも、逆に新鮮な魅力を感じました。...お!ここは漫画に本気なんだな!という感じで。

だから、こういう志のある意欲的なサービスがちゃんと生き残って、末長く続いて行けるように応援したいという意味でも、頑張って自分は面白い漫画をたくさんの読者に届けないといけないな!とは身を引き締めつつ思っています。

今回描かせて貰えることになった「クライミング漫画」というテーマも、読者の年代や性別によりジャンル細分化の浸透し切った紙媒体の雑誌では、なかなか受け入れてもらえる場所を探せず、「ジャンル無制限」のここだからこそ自分が描きたかった形で実現したという面がありまして。実際に企画を持ち込んだ幾つかの編集部では「題材自体は面白いんだけど、山登りは少年誌に向かないよ」と言われたりしました。競技シーンなどで盛り上げ難いと思われていて...。

でも自分はずっと、絶対にこのテーマでも幅広い読者をターゲットにして面白い作品を描くことは出来る筈だ!という信念があったので、諦めずに温め続けていたアイデアを拾い上げて頂くことが出来て、今回に繋がりました。これはもう、作者としては発奮せざるを得ないというお話ですね。頑張ります。ハイ(キリッ)

自分がクライミングをテーマに漫画を描こうとしたのは、連載を通して、イマイチ日本国内では地味めな扱いのこのスポーツの認知度を上げたい、みんなに「クライマーってかっこいい人達がいるんだよ!」と広く伝えたい、という熱い思いから出ています。そのために、業界の内外を問わず興味を持ってくれる人には積極的にどんどんアピールして行こうと思っておりますが。

ある意味でそれと同じように、「GANMA!という媒体には、こんな面白い作品と、その描き手の人達が集っているんですよ!」ということを広く伝えるためには、作者自身もSNSやブログ等を通じて一人でも多くの人に読者になって貰うことと、ファンになって下さった人からも「これがいま面白いんだ」と周りの人にも気軽にお勧めして貰えることが必要なんだと思います。

作者一人の出来ることって、やっぱり限られてるんですよね。でも、もし読者や、ファンになってくれる人達も手を貸してくれるとしたら、きっと物凄いことが出来るようになる。この社会のあり方だって変えちゃうくらいには。...おおぉ、何だか燃えてきませんか!?(くわっ)

日本は資本主義社会ですから、「売れるもの」が世に出回るのは必然です。でも、それが行き過ぎて、大きな資本力のあるところの作った、確実に「売れる作品」と思われるようなものしか世に出ることが出来なくなり、無名の新人が出て行き難い、表現というものの本来持っている多様性が著しく狭められつつあるのが、今の状況だと考えています。

そういう現状にどこかで異を唱えたい、心から描きたいものを持っている作り手が、自分の信念を曲げることなく、自由にのびのびと創作出来る場所。そんな空気の中から生み出される作品を「これが好きだ」「面白いからもっと読みたい」と一人でも多くの読者に思って貰えて、ファンになって貰い、応援してくれる人が増えて行けば、きっと世の中はそういう風に変わって行きます。ええもう、なにせ日本は資本主義社会ですから(ドヤ顔)

だから、この日本でこれからも個性豊かな面白い漫画が山ほどたくさん生まれて欲しい、そういう道を目指す作り手を応援したい、と思って頂けたら、どうぞお気軽にGANMA!にもご訪問してみて頂いて、もちろん自作の『オーバーハング!』もそうなんですが、その他にも何か一つでも「...む、これは!」とピンとくる作品がありましたら、遠慮なくコメントなり、☆(点数。GANMA!ではハートマークなのかな?)をつけるなり是非して欲しいと思います。というかお願いしたいです!スタートダッシュという意味で、公開から一週間くらいまでに!アナタの清き一票を!!(伏)

作品が描き手側からの熱いボールだとすれば、☆やコメントは読者さんからの打ち返したボール、リアクションだろうと思います。もちろんヒキコモリの自分はたった一人で壁打ちの期間が長かったので(爆)、それでもモチベーションは自家発電可能だから問題はないと言いたいところですが、ビジネスとなるとお話は全く別なので。

どんな分野でも、ビジネスが将来に渡って継続して行くためには「数字」が必須なんですよね。ネット漫画にとっては☆やコメント、読者からのリアクションこそが、作品の存在を表す「数字」そのものであり、サービス(連載)を継続するためには、そういった「数字」を地道に積み上げて行くしかない。どこでも何でも同じですね。

だから、もし自分がいま言っているようなことに共感を頂けるとしたら、そのお答えとして、ご自分が応援したいと思う新規サービス(出来ればGANMA!にも!)には積極的にログインして、ぽちっと☆やコメントをつけて貰う、というささやかなお手間をお願い致します。その貴方から頂いた小さな「ぽちっ」が、新興のサービスの中にいる人達を勇気づけ、サービス自体を延命させることにも確実に繋がるのではないかと思うので。

今の時代、それが読者=消費者としての「自己表現」になるのかと。自分がこれから将来、どういう社会に生きたいと思うのか? 過去の資産を食い潰すだけの貧弱な文化の国なのか? 次々と新しい才能やチャレンジが生み出される、多様性と可能性に満ちたエキサイティングな文化の国なのか? 我々は現時点でも既にそれを選ぶことが出来ます。その選べる、という素晴らしく大きな幸福を、行使することに躊躇はいらないでしょう。なにせ日本は民主主義の国ですからね!(またドヤ顔)

...なんか終盤いつものように脱線?してよくわからない話になりましたが(汗)、とりあえず今は目の前の新連載を頑張って軌道に乗せることと、もし有り難くも読者の方々に読んで頂けるとしたら、その人達をガッカリさせないように、少しでも面白いと思って貰えて、明日への活力が沸くような物語を作れるように、私自身も勉強とか研鑽を怠ることなく、でも自分なりにペースを崩さずに一歩ずつ前へ進んで行く事かなと。

目下のところ執筆に手一杯なので、相変わらずこちら誠ブログはあまり更新出来ない感じになってしまうかと思いますが、「...そうか、あのヘタレだった本橋がそんなところで成長していたのか...」と遠い目で温かく見守って頂ければ幸いです。ついでにファンになってぽちっとして頂ければさらに無上の喜びでございます。どうぞどうぞお運び下さい♪(←たたみ掛ける営業努力)

それでは、久しぶりの更新で熱が入って長くなってしまいましたが、早くも次の回の執筆が控えておりますので、このへんで。

このたびGANMA!で始まりました本橋ユウコの『オーバーハング!』を宜しくお願い申し上げます!(拝)

コミックスマート/ブラウザ版「GANMA!」

本橋ユウコ『オーバーハング!』

Comment(19)

コメント

貫洞沙織

漫画、早速読ませて頂きました!
昔ボルダリングをした時、すごい筋肉痛になった事や、高い所の怖さを思い出しました。

主人公のダン君がこれからどんな登りを見せてくれるのかが楽しみですし、この競技の面白さをもっと知りたい気持ちでいっぱいです! 連載頑張ってください! 続きを楽しみにしています!

本橋ゆうこ

>貫洞沙織さま とても熱のあるコメントを有り難うございます!ボルダリングの実際の経験者の方が、自分の漫画を読んでちゃんと楽しんで頂けたというのが何よりも嬉しいです…!(奮)
これからも国内でのクライミングの認知度向上目指してがんがん漫画を面白くしていきたいと思いますので、続きも見守ってやってください。
あと、出来ればこちらと同じように掲載サイト側でも感想コメントや評価の☆を残して頂けますと、この連載が少しでも長く続けられるかも知れませんので、なにとぞよろしくお願い致します(拝)

貫洞沙織

本橋ゆうこ先生

サイトにも星をつけてきました! スポーツ漫画が大好きです。特にマニアックなスポーツの漫画が大好きです!( ハイキューや弱虫ペダルなど)

連載楽しみにしております!

本橋ゆうこ

>貫洞沙織さま おおお?!わざわざ有り難うございます!!(土下座)頑張って超面白くなるように漫画描きまするー!!!☆(奮)

破砕

GANMA!は会員登録せずに閲覧だけのつもりだったのですが…
一気に会員登録・お気に入り・ハートつけ・コメントしてきました~あはは
c๑(๑゚∀゚๑)੭っ(ニックネームが「4文字以上で登録」なので、ちょっと変わってますが)。
あれ? 08:18現在、まだ表示されてない…30分は経ってるのに。
こんなに時間かかるのかな…カキコ失敗したかも!? もう暫く待って、それでも表示されなければもう一回カキコしてみます~。(もしも、2つ同じ文面が並んだら、許して下され~)
北関東って、内陸ですよね? もう、朝夕の冷え込みが結構あるのでは。
当方は温暖な神奈川なので、内陸などは夏暑く冬寒く大変だなあと、毎年思っております(積雪もあるのでは?)。
くれぐれも、お体を大切に。 ご無理なさらず。 では。

破砕

ああ、こっちで2重投稿になってるし。
投稿後、表示されるまで結構時間かかるんですね~。
片っぽ削除して下さいませ~
失礼致しました。

本橋ゆうこ

>破砕さま うわあ、いっぱいどうも有り難うございます!!頑張って描いて行こうと思いますので、これからも何卒宜しくお願い致します!(奮)コメントは反映が遅くてすみません…いつもこんな感じみたいで。。ハイ、北関東はそろそろ冷えますね~季節の変わり目ですが、破砕さまにもお体おだいじに。

破砕

度々御免なさい。
GANMAの方、何度もコメント投稿をやってるのですが、表示されません…
後に、いっぱい表示されたら、まあ笑えるし~まだいいとして。
このまま、何もアクションが反映されないとしたら…悔しいぞオイ。
もしそうなったら、くろもぐ様には申し訳ないです…。御免なさいね。
では、取り急ぎ。

本橋ゆうこ

>破砕さま えっ、そうですか?(汗)ちょっと担当さんに確認してみますので!こちらこそ、何度もどうもすみません!!(伏)

本橋ゆうこ

>破砕さま さきほどGANMA!の運営にお問い合わせしました。
今その返事がきまして「大変恐縮ではございますが下記の
アドレスにて、登録したペンネームまたはメールアドレスを
教えて頂けますか?」とのことでした。
info@comicsmart.co.jp
この度はせっかくのご厚意を何回も無にするようなことになって
しまい、本当に本当に申し訳ありません!(伏)
運営ともども深く謝罪申し上げますとともに、今後とも宜しく
連載にお付き合い下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。
こちらでも温かいコメントを有り難うございました。
では失礼致します。

破砕様
本橋ゆうこ様

この度は、ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。
コメント投稿に不具合が判明し、400文字までという制限の制御が正しく動作しておりませんでした。
現在はこちらの不具合を修正し、コメント投稿は250文字までで投稿ができるようになっております。
大変申し訳ありませんが、再度投稿いただけますと幸いでございます。
また、これに懲りずにGANMA!をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

本橋ゆうこ

>GANMA!システム担当さま 運営御自らこちらにまでご足労下さり、誠に恐縮です!(汗)早々にご対応有り難うございました。これで安心です。
>破砕さま コメント投稿システムの不具合だったそうで、何度もお手数お掛けしてすみません。運営さまも仰ってますが、これに懲りずにどんどんコメントや☆で連載作品への応援、何卒宜しくお願い致します!
皆様、この度は誠に有り難うございました。(深謝)

破砕

わざわざ、担当氏とやりとりなさったとのこと。
恐縮…というか吃驚いたしました。
貴重なお時間を、このような事で費やさしめてしまうとは…
勿体ない事で御座います。
にしても。
まさか400文字もカキコしてくる人種がいるなど本気にしてなかったのでしょうね、運営さんはそもそも(設定しといて)。
先程、250文字内で投稿してみたところ、数秒で無事表示されましたよ~。
(その旨、先程「info@comicsmart.co.jp」さん宛にメール致しました。問題は解決してるし、不要かもと思ったのですが、一応。)
では。 時間ロスしてしまった分、取り戻して下され。 しかしくれぐれもご無理なきよう。

本橋ゆうこ

>破砕さま コメント見られました!興味深い内容で…。ども有り難うございました!自分でも作業時間には気をつけます!(笑)それでは、今後とも宜しくお願い致します~♪(拝)

破砕

何度も何度も、ホント御免なさい…ちょっと報告まで。
ええと。 GANMAにコメントの件です。
昨日、文字制限に合わせるべく削り捲った文面で投稿したのですが…。 先程再読し、紛らわしいと気付きました(白人女性が静岡?でクライミング、とも読めてしまう)。
で、補足しようと。 追記のつもりでコメント投稿したところ。
…前の投稿文と、置き換わるのですねぇ。
成程、1話につき1つしかコメントできないわけですね。
まあ、コレで投稿文の修正ができますので…その点は有難いです。

というわけで、現在表示されてる文面は、昨日のと異なっております。
「静岡?」云々は、2話にでもコメントさせて戴きますわ。 では。

みちたか。

こちらでははじめまして。みちたか。です。
ここをはじめ、root Mブログなども拝見して、本橋さんの熱い想いに感動しました。これからが、本橋さんが目指す未来への第一歩、しっかり踏みしめて歩んでいってくださいませ。
私も、プロではありませんしこの先もなることはないですが、いち物描きとして、その姿勢見習っていきたいなと思いました。
今から私は、黒鉄さんを追うダンくんです。
それでは、がんばって・・・なんておこがましいですね。
全力で突っ走ってください。
では、このへんで。

破砕

おおっ、みちたか。様も見えましたか。
マンガゲットなら「いいね」できるのにな~と思ったのですが。
ふと。 「返信」というのをポチっとしたら、「みちたか。からのコメントに返信」というのが出まして。
ちょっと、コメントしてみました…てすてす。イミ無いことをしてしまいました…まあ、コレをこーすると、こーなるとわかっただけでも…
では、おやすみなさいませ。

本橋ゆうこ

>破砕さま コメントの上書きの件は、一応また運営にお伝えしておきましたので。そのうち改良されるかもしれないので、気長にお付き合い下さい。有り難うございます!(伏)

>みちたか。さま いつもコメントや応援ツイート有り難うございます!(感)ブログとかも読んで頂いたようで…読み辛い長文で恐縮ですが。自分が黒鉄さんになぞらえられるなんて、畏れ多い(?笑)というか、でもそういうレベルを目指して頑張りたいです!今後とも宜しく連載にお付き合い下さい。有り難うございます!(伏)

みちたか。

こちらこそ、お相手くださりありがとうございます。
文章長いのはぜんぜん平気です。
むしろそれだけ伝えたい、話したいことがあるということですよね。
その情熱はきっと作品からあふれ出て、本橋さんらしい作品になると思います。
・・・実は、熱さを感じる物語は大好物なんです。ジャンル問わず(笑)
なので時々、こうやってプチストーカーっぽいことするかもしれませんが、いい具合にお相手してくださるとうれしいです。

コメントを投稿する