触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

従来のイメージにとらわれず、自分史づくりを楽しもう

»

自分史のコンテストに関する記事がありました。

最優秀賞に伊丹の村上さん 「日本一短い自分史」 兵庫 - MSN産経ニュース

伊丹市立図書館「ことば蔵」が、
「一番輝いていた自分」をテーマに募集した「日本一短い自分史」で、
伊丹市の主婦、村上貴美子さんが、
思いがけず双子と出産したときの驚きと感動を題材にして書いた
「我が子に幸あれ」が最優秀賞に選ばれたそうです。

自分史の作品というと、自分が誕生してから現在までの軌跡を
時系列でまとめていくイメージが強いと思いますが、
必ずしもその必要はなく、この「一番輝いていた自分」のように
テーマや時期をしぼって書くのもいいと思います。

また、自慢話ばかり書いているイメージもありますが、
むしろ、失敗や逆境、挫折について、
それをどう乗り越えて成長したかという話のほうが面白いです。

また、必ずしも作品や文章としてまとめる必要はなく
とりあえずは年表や日記、ライフログとしてまとめてみるのもいいと思います。

表現方法も、文章だけでなく、写真、イラスト、コミック、
動画、音声などいろいろあります。

従来のイメージにとらわれずに、
ぜひ自分史づくりを楽しんでもらえたらと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する