触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

「自分史の元祖」が語る自分史の重要性

»

先月、一般社団法人自分史活用推進協議会の主催で開催された
「自分史フェスティバル2014」の話題を中心に、
自分史について取り上げた記事がありました。

「自分史」フェスが盛況 作家「思い出だけで書ききるのはつらい」 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版

最初に「自分史」という言葉を提唱したとされる
歴史学者の色川大吉さんにも取材していますが
そこの部分を引用します。

日本で最初に自分史の執筆を広く提唱したのは、歴史家の色川大吉さん(89)だ。1975年の著書『ある昭和史 自分史の試み』(中央公論社)で、個人の歴史を描きつつ、同時代の全体状況を浮かび上がらせる試みとして紹介した。

「歴史は少数の偉人や英雄のものじゃなく、多くの民衆の力でつくられてきた。つまり、歴史を物語る主体は、みなさん一人ひとりですよ、と言いたくて、『自分史』を打ち出したんです」

と、振り返る。

以後、自分史は広く定着し、広辞苑にも掲載された。書店には今、『自分史の書き方』『自分史ノート』といった書籍がズラリと並ぶ。最近の人気の一因には、かけがえのない人生を後世に残すだけでなく、「自分の内面を見つめ直す機会になる」という考え方もある。とはいえ、自分史の元祖である色川さんは少し辛口だ。

「自己中心史や自慢史に陥ってはダメ。単なる体験記や家族史でも物足りない。社会や時代と結びつけて書いてほしいんです」

歴史をつくってきたのは、エリートや偉人、有名人だけでなく
私たちのような一般庶民であり、
だからこそ、それぞれが自分の生きてきた記録を残していくことが大事で、
また単に自分のことだけでなく、社会や時代に照らし合わせて
記録していくのが重要だということです。

ぜひ多くの方々に自分史の魅力、活用法を広めて、
自分史をつくってもらえるように活動を続けていこうと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する