触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

感性でつながる韓国発ソーシャル雑誌アプリ「ziny.us(ジーニアス)」

»

僕は、iPadのアプリではいわゆるソーシャルマガジンのFlipboadが
特に気に入っているアプリの一つで、
TwitterやGoogle+などをチェックするのに毎日利用してますが、
iPad対応ソーシャルマガジンアプリの
クローズドベータ紹介イベントがあるというので参加してきました。

韓国発の「ziny.us(ジーニアス)」というアプリで、
プレゼンとデモを拝見したところでは、
FlipboardとPinterest、SNSを組み合わせた感じのサービスで
かなり面白そうでした。
すでに、IT系ニュースサイトにも紹介記事が出ていますね。

人工知能でFlipboardと差別化、韓国発ソーシャル雑誌アプリが日本進出 -INTERNET Watch
興味あるソーシャル情報を集めるウェブサービス『ジーニアス』が日本上陸

プレゼンではziny.usには4つの楽しみがあると紹介していました。

130130zinyus1

「見る楽しみ」は、Flipboardのように、キュレーションされた記事を
きれいなレイアウトで見せてくれるということです。
マイページは、いろいろなマガジンを
本棚形式で並べて見られるようになっています。

「集める楽しみ」は、Pinterestのように、
自分の好きなテーマでマガジンをつくって
いろいろなところから画像などをクリップして集められるということです。

「共有する楽しみ」は、記事をFacebookやTwitterで共有したり、
ほかの人の本棚を見て、感性の近い人をフォローしたり、
「いいね」に相当する「ラブ」をつけたり、
コメントをつけたりできるということです。

「飾る楽しみ」は、マイページの本棚のマガジンを自由自在に並べ替えたり、
壁紙を買えたり、アイテムを追加できるということです。

紹介動画も用意されてました。

Facebookがもともとすでにある人間関係を基につながっていくのに対して、
ziny.usは感性でつながっていくパーソナルメディアハブを目指しているそうで、
方向性としては面白そうです。

韓国でも昨年の10月に始まったばかりで、
現在までに約3万ダウンロードとのこと。
日本では2月20日に一般向けサービスを開始するそうです。

現在はiPad向けのみですが、今後はAndroidやPCにも対応していくとのこと。
日本で2015年までに100万人以上のアクティブユーザーを獲得したいそうです。

いろいろできて機能が多いので、
実際に利用するのに戸惑う部分は出てくるかもしれませんが、
うまくはまればけっこういけそうな感じがしました。
ぜひ実際に早く使ってみたいです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する