触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

『虚構新聞』を責めるよりも、自分のネットリテラシーを上げることを考えよう

»

パロディー記事サイト『虚構新聞』の「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」という記事を真に受けてしまった人が続出して、話題になってましたね。

虚構新聞の嘘記事にいろんな意味でマジになる人達【橋本市長が市内の小中学生にツイッターを義務化】 - NAVER まとめ

今回は『虚構新聞』を批判するエントリーも見受けられました。

実名で他人の評判を貶めるウソ記事を書く虚構新聞の危うさ
[NS] いい加減、虚構新聞はタイトルに虚構新聞だと明記しろ

これについては、自分が『虚構新聞』の記事を真に受けてだまされてしまったとしても、『虚構新聞』を責めるのは意味がないと思っています。(5月16日19時45分追記 上の二つの記事の筆者が『虚構新聞』の記事にだまされたということではありません。)たとえ『虚構新聞』の記事の見せ方が変わってだまされにくくなったとしても、ほかにもネット上にはウソやデマが氾濫しているわけで、自分のリテラシーを高めない限り、そういったものに引き続き引っかかってしまうからです。『虚構新聞』の記事にひっかかるぐらいですんでいるうちに、リテラシーを高めておかないと、大きな詐欺にひっかかってしまうかもしれません。他人を責めるよりも、自分に何ができるかを考えるほうが、より建設的でいいかと思います。

そういった意味で、『虚構新聞』には、ネットリテラシー向上について考えるきっかけを与えるためにも、これからもがんばってほしいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する