人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

エクスプローラーの知らなかった機能

»

Windows XP の「エクスプローラ」にこんな機能があることを偶然知りました。
みなさんはご存知でしたか?あまりにも驚いたので(おおげさですが)ここに書いておきます。

Cap1 1.ファイルを全部選んでおいてから(このとき、下から上へ選ぶのがミソ。図では「ITサービス継続性管理.txt」を先に選び、Shiftキーを押しながら「サービスデスク.txt」を選んでいます)

Cap2 2.「F2」キーを押して、ファイル名をひとつだけ変更する。ファイルの選択が一時的に解除されるけど気にしない。
このとき、ファイル名の最後を半角で「(1)」みたいにしておくと

Cap3 3.なんと、ファイル名がすべて・・・



2.では、最初のファイル名に「(1)」をつけなくてもいいです。その場合はふたつめのファイルのファイル名が「~(1)」になります。私はそれはちょっと気持ち悪いので、ひとつめのファイルに「(1)」をつけるようにしています。

初めてこの現象を知ったときは、感動しました。これって有名な機能なんですか?

 

Comment(2)

コメント

同じファイル名にしようとする操作だから、強制的に重複しないように連番をつけちゃうという現象じゃないかと。
ソートすると、(1)、(11)、とかの順番になってしまうのであまり美しくなく、リネームツールを使ってしまいます。私の場合。

谷 誠之

坂本さん、コメントありがとうございます。
(お返事が遅くなってすみません)

なるほど、同じファイル名にしようとしてダメ、という感じなんですね。確かに (1) (11) となると気持ち悪いですね。
私は原稿をいつ書いたか、いつ提出したかというような観点でファイルの日付で並べ替えていることが多く、この機能でも結構役立ちます。

市販されているリネームツールには、非常に強力なものもあります。なかにはファイルの日付を一括であわせてくれるようなものもありますね。こんなツールをそろえておくと、もっと効率的に仕事ができるようになるんでしょう。

コメントを投稿する