「しごと」をもっと楽しくしたい!

文章を寝かせる

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

以前書いた文章を読み返すのは、とかくこっぱずかしいものである。

たとえば、子供時代に書いた作文とか、若いころに書いたブログとか。「なんでこんな考えしてたんだろう?」「なんでこんなに文章が下手なんだろう?」なんて、思うことがよくある。

一方、文章を書く仕事をしていると、意図的に「寝かせる」ということをよくやる。「寝かせる」とは、一晩なり、二晩なり、その文章から離れて後で見直す方法で、一時、文章から離れることで客観的に見直すことができ、誤字・脱字、論理的におかしいところなどに気づけるようになる。

この週末、3か月くらい前に書いた文章を読み返した。「どんなこと、書いたっけ?」というこっぱずかしさと、十分寝かせた故に「すごく修正しなくちゃいけないんじゃないか」という不安と闘いながらの作業だった。

細かな修正は多かったが、書いてある内容自体の修正は思ったよりも少なくて、ややほっとしている。週末だけでめどがついた。あー、よかった。

今日もお読みいただきありがとうございます。というわけで、今年の春あたりに新刊が出ます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する