長いIT産業の経験の甲斐も無く、成長の無いIT音痴の思いこみと勘違いのなんでもコラム

WILLCOM社の日本初スマートフォンはモバイルPCをただの充電器に押しやるか?!

»

このblogには、仕事のことは基本的に書かないというのが私のスタンスではある。(本当は、書くほどの知識や能力が無いというのが真実なのだが、、、)それ故、ビジネス専門ブログサイトなのに、毎回、たった一人、掟破りの、「ノン・ビジネスのヨタ記事」を展開する羽目になってしまっている。まあ、ITインダストリーを30年以上もテリトリーにしていると、たいていのことには麻痺してしまい、その世界での感動が減るのも事実なのだが。。。。

そして、超大型機からパソコン、OS、PDAからケータイ、Linux腕時計からミドルウエアまで、余りに多くを体感してしまうと、所詮、振り子が右に行ったり左に行ったり、するだけで、たかが知れている、、、と、じじい臭く、中途半端に納得してしまうことも多いのだ。更に、長い間、蓄積した電磁波の影響か、中途半端なIT業界人に多いマダラの痴呆がそのいい加減さをより加速してしまう。

しかし、単に個人のわがままなコンシューマとして、興味のある新商品に目をやると、楽しいモノもまだまだこのITワールドには多いものだ。実は、今日、マーケティングの顧問を勤めさせて頂いているWILLCOM社から、たとえ、ビジネス上の関係が無くても、間違いなく衝動買いしてしまうであろう興味深いケータイ電話が発表された。一般的に、「携帯」と書くと、元祖「PDC」やその後継、「ケータイ」と書くと、「PHS」や「モバイルIP電話」等も含めるのが業界の暗黙の了解だ。

5

今日、都内の某都市ホテルで、報道陣約150名弱を招いて大々的に、発表記者会見の行われた同社の新モデル「W-ZERO3」は、OSにマイクロソフト社のWindows Mobile5.0を採用し、インテル社のxscaleをハイクロックでドライブするSharpメイドのQWERTYキーボード搭載、日本初の本格的スマートフォンだ。 シャープ社のWEBでの製品紹介ここ

ケータイ業界も、世界の趨勢は、PCの余勢を駆ってWINTEL連合が席巻するのでは、という大きな懸念があることは事実だ。Nokiaを代表とするヨーロッパ勢は、制限時間内に何とか「Symbian OS」を打ち立て、今は、気持ち少し先行中だ。Symbian OSは、筆者もヘビーユーザだった大英帝国のPDA、「PSION」のOS「Epoch」を基盤にした主に携帯用OSだ。6

後を追う形になったWindows Mobileではあるが、ケータイの希望的未来にPCのイメージをダブらせるユーザが居る限り、その潜在的優勢は認めざるを得ないだろう。筆者は、予言者では無いので、ずっと未来のケータイ電話のイメージは全く描ききれないが、ごく間近の近未来、きっと電話は、限りなくPCに近いヘビーデューティスペック&ライトウエイトなスマートフォンと、糸電話の様なシンプルなケータイの二極分化的進化をするであろうと想像している。

筆者の個人的感覚では、今、日本市場に数多くある多機能・デザインコンシャスなケータイ電話は、それら両極の中間点にマッピングするイメージが強い。それは、明らかにケータイが、IT世界では後発で、無理をせず、今、間に合うコストに見合ったテクノロジーの採用や良識的な市場発想から製品計画を行っているからだろう。そして、同時に、モバイルPCとPDAの領Image1分のバランスを取りながら、分をわきまえた成長をしようという、穏健で古風な考え方を持ったプロダクトだったからだ。

そして、今、一方のPDAワールドは、他の何か影響では無く、自らが崩壊を始めた。誰の目から見ても、付き合いは良いが、本質的には少し出来の悪い兄のPDAと、兄の苦戦を間近で見続け、自ら体質改善を行ってきた弟のスマートフォンの未来は明らかだろう。PDAを乗り越えスマートフォンの向かう先にはもうモバイルPCしか存在しない。本来、モバイルPCとスマートフォンはその得意分野の差異から、技術的にも論理的にも対象ユーザをセグメンテーション出来るべき世界ではある。しかし、過去、コストバトルを重ね、やっと安定期に入ったPCにも重量という過去からの難問と、同時に機密管理という新しい課題が存在する。。

もしIT年史があるなら、太古のメインフレーム帝国と近世デモクラチックなパソコン世界の関係のように、大きく振れ、遠退いた振り子が、パソコン帝国とケータイ宇宙の関係で、振幅のピークを迎えることはあり得ないだろうか?。IT世界は、中央集権化と機能・権限の分散を繰り返し、その向きが変わる度に新しい概念のハードウエアやアーキテクチャーが登場してくる。スマートフォンは、機能分散の極限からもう一度中央集権の世界にベクトルの変わる起点となるクライアントなのかも知れない。

早速、個人的に予約をするつもりのW-ZERO3が手元に届いて、暫くしたら、筆者のモバイルPCは、単なる「USBポートを提供するケータイ充電器」になってはいないだろうか?。かってシャープのPV-F1~ザウルス、HP95~200LX、Palm、WorkPad、PSIONの全てのモデルのユーザだった筆者には、さほど高いハードルではなさそうだ。某社でモバイルPCの製品企画や戦略を担当していた頃、「環境を持ち歩く贅沢」というキーワードで商品企画を進めたが、W-ZERO3の登場で、究極の「何も持たない贅沢」の世界に、また一歩近づけそうだ。動き始めた「日の丸スマートフォン」、きっと、これからが面白い。

   

Comment(25)

コメント

mohno

さぁて、家族(妻)がキャリア乗り換えを受け入れてくれるかどうか・・^_^;
(せっかく買ったiRiver/U10がかすんでしまうなぁ・・・)

不破

あたら面白いテーマなのに、文章が練れておらず非常に読み辛かった。特に以下の記述がひどい。

『世界の趨勢は、PCの余勢を駆って、ケータイ業界もWINTEL連合が席巻するのでは、という大きな懸念から、早々にヨーロッパ勢は、筆者もヘビーユーザだった大英帝国のPDA「PSION」のOSであった「Epoch」を基盤に、制限時間内に何とか「Symbian OS」を打ち立て、今は、気持ち少し先行中だ。』

 元大学教授が書いたとは思えない、近来稀に見る悪文というべきでしょう。句読点の打ち方や主語・述語・目的語の関係などを見直してから掲載されることを強く望みます。

通りすがり

blogは、勢いで書くのが良いところ。
初稿に使える時間なんて30分もあれば御の字。なのでは。

うま

悪文ですか・・そんな細かな所に私は興味ないのでパス。それより、この続きを書けそうな勢いなので、続きの掲載を希望です。

さとみ

スマートフォン発売と期待していたのですが、「OSがWindows Mobile 5.0 for Pocket PC」ですので、スマートフォンというより、ポケットPCなのではないでしょうか? 本当の意味でのスマートフォンは「Windows Mobile 5.0 for Smartphone」を示すと思います。
(MSサイト調べてみたら、For Pocket PCと、For Pocket Phone Editionと、For Smartphoneと三種類もあるんですね。)
やはり、形状からも本当の意味でのスマートフォンでは無いと思います。PDAでしょ。

池田直哉

確かに読みづらいですね。主語、述語の係りが不鮮明で意味がすっと通らないです。この場合、ヨーロッパ勢はが恐らく主語でしょうから、これを前に出して書くほうが誰がというところがすっきりしていいと思います。
 あと、OSのディストリビューションでその機械をなんと呼ぶかを規定する必要は無いんじゃないかなと思います。もともと、日本ではSmartphone Edition等は投入されていませんからPocket PC Editionをベースにしたのだと思います。Pocket PC Editionだと、PHS関連のスタックを開発するコスト的なリスクは多分、シャープあたりがかぶりますけど、Smartphone Editionを作ろうとすると当然、その部分のリスクはMicrosoftがかぶりますから。

京ポン新型が欲しい

W-SIM”(ウィルコムシム)のスロットを付けた
Winザウルスだろ?これ

自前のアプリ入れられるようなら欲しいけど

ozwing

出した会社的に、Winザウルスっぽいですね、これは。

 これがウイングゼロ・スリーのスペックですが、
http://www.sharp.co.jp/ws/function/spec.html

同じインチ数のVGA液晶&同クロックの同CPU載せたLinuxザウルスSL-C3100と、誤差レベルしか変わらない寸法です(と言うか、CPUと液晶サイズ同じ時点で、OS変えただけ、と言うイメージを拭いきれない)。
http://ezaurus.com/lineup/slc3100/slc3100_spec.html


 デザイン的にも、この辺りのキーボードザウルスの外見で、
http://ascii24.com/news/i/hard/article/2001/08/22/628928-000.html
フルキーボードの使い勝手からか、OQOとかでも使われている横型のスライドキーボードにしたイメージです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/27/news083.html


 後、どう見ても、手の小さな女性とかには使い難そうなサイズ。
 この辺り考えると、スマートフォン(ネット接続機能付き多機能携帯電話)と言うよりは、W-SIM標準内蔵で電話も掛けられるザウルス、程度に考えた方が座りが良い製品かもしれません。

nao

それにしても「PCに近いヘビーデューティスペック・ライトウエイトなスマートフォン」「外観デザインコンシャスなケータイ」「太古のメインフレーム帝国と近世デモクラチックなパソコンの関係」って・・・やっぱり頭の良いセンセイの使う言葉は違いますね。一般ピーポーでライトスペックな私のシンプルメインストリームイージー思考回路ではいまいち理解できません(苦笑)

なんにせよ、willcomは元気ですねぇ。

今度の端末は、今willcomを使っている私にとっては、どれを選ぶか、選択に悩みそうです。W-zero3かなぁ・・・

通信添削ありがとう!

あはは、、、通信添削いただいた皆さん、大変ありがとうございます。出来れば、私ならこう書く!というのも頂けると超励みになるのですが、、、

言い訳ですが、オンラインで繋いで一気に勢いで書いちゃうと、こうなってしまったってのが、、事実です。

まあ、BLOGは出版の様に下書きをして、何回か校正をして、しっかり考えながら書くモンだ!というのが原則なら、この文章は大問題ですね。(*^_^*)勢いとその時の気分でガッ~と行くモンだと思っていますので、ごめんなさ~い。

あと、スマートフォンかどうかっていうのは、皆さんの仰せのことを、私も考えましたが、もともと誰かが自分の都合の良いビジネスの為に考えた名前、最後はそれをユーザがどう思うかということが大事だと思います。そういう意味で深い意味はないです。すいません。私がThinkPadの商品企画と戦略を10年以上やって、学んだのはまあその程度ですが。。。

今後ともいろいろなご意見は歓迎です。

最後に、、、、もう一度まじめに見ると確かにけっこうひどい文章ですね。(*^_^*) 明日明後日、新幹線内で数時間ありますので、まず、遅れ気味の連載雑誌の原稿が素早く行けば、このblogも訂正して、また皆さんのご批判を伺おうと思っています。

ではでは、、、

SANO

「勢いとその時の気分でガッ~と行くモンだと思っていますので」というのは率直に驚きました。こういう媒体で文章を発表する以上、「読者の理解しやすさ」を常に意識して執筆するのは当然のことではないのですか?

「出来れば、私ならこう書く!というのも頂けると超励みになるのですが」ということですので、僭越ながらアドバイス申し上げます。

(1)句読点が無意味に多い。
(2)既に数名の方が指摘されていることですが、主語と目的語の係りが明確でない。
(3)そして上記2点は、もってまわった衒学的な表現の多用による装飾句の増大に原因がある。

 もしかしたらご自分を知的に見せようとしているのかも知れませんが、だとしたら完全に失敗していますよ。ともあれ「訂正」に期待しています。

kei

減殺Vodafoneの2G携帯とSonyクリエを使っている身としてこいつは「買い」です。
だってPDAと携帯が1つになったんだもん。

チャッキー

SANO・・・
「出来れば、私ならこう書く!」のちょっと意味違うんじゃない?

keiさんと同感です。
ただ最初に使うときはちょっと恥ずかしいかもね。

ぴかぴか

欲しい~
これで、自作アプリが動くケータイが手に入る~
クリエもCEも買ったけど、やっとかばんの中が一本化できる。
大体、あれもこれも充電して、スケジュールをシンクしてなんてばかげてる。
最近はiPod nanoまでシンクしなくちゃいけなくなって、うっとおしいったら・・・

ダボ

文章のロジックに対してきびしいご意見が多いようですね。
文章の汚さは僕も認めますが、文体の持つ勢いが、隣で口角に泡を吹きながら興奮して話しているかのような微笑ましい?臨場感を生み出していると、僕は感じます。皆さんがこの文章惹かれて来たのは、そういう事も部分的にはあるのではないでしょうか。
未体験への大きな期待を語るときの、未体験ゆえのうまく説明できないもどかしさが、よく表現できていると思いませんか?
読後の道に迷ったような奇妙な感じを、久々に味わいました。
(作者への援護のつもりなのですが・・・)

ビデオパフォーマンス他

実際に見たところ、やはりVGAで動画がギンギンにという感じだと、CPUクロックが1GHzくらい必要な感じがしますね。その代わり、QVGAなら超スムースで、見ていてとても快適です。縦に画面を使ってQVGAというのがストレスの無い感じですね。

ワイヤレスLAN(NTTコム)が半年無料で、PHSは音声+データで定額、やっぱりこれは買いだと思います。

キーボードはHP200LX等を歴代使っていた私の感覚では、スライド式ということもあって、キートップのストローク深さは望めないですが、それなりに少し堅く、原稿やメール文を打つには問題ないと言えるレベルです。

ミニSDカードも制限を加えていないので、最新最大の1GBで動作します。あと欲しいのは、WiFi出力でプレゼンが出来るように、LCDプロジェクター側に取り付ける超小型の受信機(WiFi→RGB)なんですが、周辺機器メーカーさんにあたってみようと考えています。

何でも非常勤・改訂原稿

BLOGをご覧頂いている文章に詳しい諸先生方のご指摘を受け、本日、ほんの少し原稿を変更いたしました。また、BLOGの方が、大学の紀要や論文より、それに企業内の製品企画書なんかより遙かに難しいことがよく理解出来ました。(^。=)

まあ、実際は、そんなことよりも、余りにもたくさんのトラックバックを頂き、これは少しは見直さなきゃ~って言うのが本当の理由なのですが。
どうもいろいろありがとうございます。

是非、これを機会に文章が得意な皆様も、このオルタナティブBLOGでMyブログを持たれてはいかがでしょうか?。まだまだ大々的にブロガーを募集中だと思いますので、、

ではでは、これからもよろしくお願いいたします。

I・Eは?

インターネットは、WinXPのI・E6位使えそうなんでしょうか?ファイルダウンロードにサイズ無制限だと、出張してPCを修理する際にパッチを手に入れやすくなるんですけどね。

mohno

動画再生は、Zen Visionのような専用機にはかなわないでしょうが、U10やiPodみたいなオマケくらいの品質は期待します。それに、現物を見ていませんが、画面が大きいので視聴性はずっとよいのでは?:-)
どこまでで「PCと同等」とみるかは難しいですが、ほぼ“全部入り”なのがいいですね。W-SIM無しの単体版の方が高くなるというくらいだから、ハイスペックPDAの需要を食ってしまう気もしますけど。:-p

田畑

「BLOGをご覧頂いている文章に詳しい諸先生方のご指摘を受け」 →くっそー、嫌みや皮肉の一つも書かないとやってられねーぜ。
「BLOGの方が、大学の紀要や論文より、それに企業内の製品企画書なんかより遙かに難しい」 →けっ、これだから阿吽の呼吸が伝わらねえ無知蒙昧を相手にするのは嫌なんだよ。
「これは少しは見直さなきゃ~チて言うのが本当の理由」 →そうはいってもちょっとは下手に出ておかなきゃまずいわな。
「これを機会に文章が得意な皆様も」 →いやいや、やっぱインテリの俺様が下手に出るこたぁねえよ。もう一発皮肉をかましたろ。
「このオルタナティブBLOGでMyブログを持たれてはいかが」 →文句あるならてめえでも書いてみろよゴラァ。

そろそろ終わりにしましょう

田畑さん、心理学者の様な分析、そして貴重なコメントありがとうございます。
しかし、残念ながらあまり当たってはいませんでした。

日本の初期のパソコン通信時代から数えるとネットワークでのこういうことは既に20年近く経験しています。BLOGをお引き受けしてやる限りは、この様な事は付きものだと思っていますし、このBLOGはそれなりの知識や経験のある人たちが見ているのも承知していますので、正直、気にしていません。

会社を辞めて大学の教官になったときも、生徒もある時は先生だと思って付き合っています。もちろん、全ての人は、ある面で先生だと考えています。

私は、世の中、それほど、ひねくれた人ばかり居るとは思っていませんので、、もう少し、前向きにヤルってのはどうでしょうか?。

どうも、私のBLOGから端を発して、不用意なノイズを出しまくった様で、申し訳ありませんでした。BLOG本来の話題に早く戻りたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿する