経営コンサルタント 中津山 恒の日常ーいつの間にやらガジェットがいっぱい

ノマドと言わなくなった気がしませんか

»

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 先週は自宅で仕事していたので、平河町ライブラリーに来たのは12月27日以来です。ここにいると、職場に来ているという感覚があります。

 さて、先日手に取ったある本に「東日本大震災(2011年3月11日)以来、働き方が変わってきた。2011年後半頃から『ノマド』という言葉をよく耳にするようになった」と書かれていました。しかし、最近はあまり「ノマド(ワーカー)」という言葉を耳にしなくなった感覚がありますが、

 Googleトレンドで見てみると、2012年4月にピークを迎えています。これを100とすると、2013年後半からは25前後で安定しています。震災直前の2011年1月と2月が22ですから、ここ1年半ほどは震災前の水準に戻っていると言ってよいでしょう。調べてみて、自分の感覚に少し裏付けが取れたような気がします。

 ただ、ノマドと言わなくなったのは、それが当たり前のこととして定着してきたからだと思います。これは「オブジェクト指向」という用語を見聞きしなくなったのと同じ事情のように思います。ためしにGoogleトレンドで見てみると、2004年4月を100として、現在は10前後になっています。

 筆者は、外出時にはいつもMacBook Airとガジェットを持ち歩いています。MacBook AirにはDisplayPortしかなく、VGAアダプタとHDMIアダプタも携帯しているため、他のケーブル類も含めて結構な嵩(かさ)と重さです。しかし、いつどこで何があるかわからないので、やむを得ません。ときには、駅のベンチなどで仕事をすることもあります。

 そういう覚悟はあっても、やはり都内に拠点があるのは便利なものです。カフェやファミリーレストランなどでも仕事ができますが、長時間いるのは気が引けます。とくに混雑時の長居はお店の迷惑になります。トイレに立つのも、一人の場合は所持品の問題があるので結構困っています。

 10年ほど前に「たとえばコンビニがオフィスになる」というCMがありましたが、ノマドワーカーとなった筆者にも、やはり拠点は必要だと思う今日この頃です。

Comment(2)

コメント

男は、子どものころから秘密基地が大好きで、大人になっても拠点や隠れ家が大好きです。私も隠れ家にしているバーがあります(^_^;)。

お店の人と仲良くなって、気にすることなく長居できるような行きつけのカフェがあるとカッコいいですよね!

コメントを投稿する