経営コンサルタント 中津山 恒の日常ーいつの間にやらガジェットがいっぱい

法人成りしました

»

先月のことになりますが、株式会社マネジウェルを設立しました。登記日は2018年3月9日です。2013年5月に勤務先の了承を得て開業し、個人事業(屋号:中津山経営コンサルティング)からの法人成りです。2014年7月に独立したので、実質的には4年弱、個人事業主としてやってきたことになります。

法人成りした理由のひとつとして、契約のしやすさがありす。これまでに何回か「法人でない」という理由で契約できなかったことがあり、どこかのタイミングで法人化しようと思っていました。

個人事業主と一人社長では実質違いはないと思うのですが、外形的には法人格があるかどうかで判断されることが多いようです。これまで何社か支援させていただいた建設関連の業種では、ほとんどが小規模企業ですが、法人格がないと相手にされないということです。

さて、法人化して、そろそろ一息つけるかと思っていたら、ちょっと問題が発生しました。

個人事業を開業する必要国の某支援事業では個人との契約が大前提で、法人口座に振り込む場合でも源泉徴収を行うのだそうです。それも、法人口座を指定した場合には、源泉徴収することの同意書を取り付けるとのこと。昨年の実績では大した売上になっていないのですが、他の支援機関でも同様の対応になりそうなところがあるので、法人成りに伴って個人事業を廃止したのに、また開業届を出さないといけない感じです。

やるべきことが積み重なってきていますが、ひとつずつ片付けていくこととします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する