経営コンサルタント 中津山 恒の日常ーいつの間にやらガジェットがいっぱい

Pebbleが身売りで活動停止。困った...

»

Pebbleの操業停止に愕然とする

今朝起き抜けにメールをチェックしたところ、"Pebble's Next Step With Fitbit"というメールがあり、寝ぼけ眼で読み始めました。

Fitbit has agreed to acquire key Pebble assets.
(Fitbitは、Pebbleの主要な資産を買収することに合意した。)

まだ「ふむ。M&Aね」と、寝ぼけている状態でした。

Pebble is ceasing all hardware operations.
(Pebbleは、ハードウェアに関するすべての活動を停止する。)

「あれれ? 何か変だぞ」と感じ始めました。

We are no longer manufacturing, promoting, or selling any new products.
(新たな製品の製造、プロモーション、販売は、もう行なっていない。)

「なんですと?」とショックで目が覚めてくる感じがしました。

Pebbleのウェブサイトを見ると、ページ最上部に以下の文言がありました。

Pebble has ceased its daily operations, and is no longer producing or selling smartwatches.
For more information, please visit
blog.pebble.com
(Pebbleは操業を停止し、スマートウォッチの製造も販売も行なっていません。詳しくは、blog.pebble.comをご覧ください。)

疑っていた訳ではありませんが、ウェブサイトからこのブログをたどってみて、完全に止めを刺された気がしました。

Pebble 2が買えないなら、次は何か

私にとって、Pebbleは毎日の生活に欠かせないものとなっています。スマートフォンが大型化して、カバンに入れたりするので、電話その他の通知はとても重宝しています。また、先月からベトナム出張中ですが、朝は目覚まし時計であり、また出かける準備を始めるためのアラームであり、調理するときにはタイマーになり(茹でるのが主体)、外出や旅行では寒暖計(正確には天気情報の表示)や万歩計でもあります。

Pebble-Time.jpgPebbleのサービスがすべて停止している以上、どこかのタイミングで愛用のPebble Timeが使えなくなることは間違いありません。Pebble 2に買い換えるべきかと考えないではなかったのですが、真剣に次の機種を考えるべき状態に追い込まれてきた気がします。

個人的には、1度の充電で5日程度以上使える、常に時刻を表示している、直射日光下でもくっきりと見える、が必須の条件です。しかし、スマートウォッチの市場はすでに終わったと見る向きもあり、よい機種を探すのは難しいかもしれません。今日、慌てて参加したFacebookのグループでも、次の機種を何にするかで大騒ぎになっています。

よい機種がありましたら、ご紹介いただければ幸いです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する