Windows Webマガ編集長の独り言。だからどうした?

無償メディアについて考える

»

(舩津氏の「もう、有償メディアは要りませんか?」を読んで、考えたことをまとめます)

私が一部のフォーラムの運営を担当している@ITがそうであるように、無償メディアの多くは広告収入で成立している。この場合、お金を払うのは広告主だけで、読者はお金を一銭も払わない。つまりメディアから見た顧客は広告主であって、読者は顧客ではない。従って無償メディアは広告主のほうだけを見て記事を作っている。舩津氏の主張はこういうことだと思う。

確かに一理ある。しかし実際に無償メディアを運営する立場からすると、事情はもう少し複雑だ。私の考えを簡単にお伝えしよう。

例えば次の図は、広告主(右)が金にモノを言わせ、メディアをいいように利用して嘘八百の提灯記事を書かせ、読者にろくでもない商品を売りつけているという図式だ。メディアはメシのタネを広告主に依存しているから文句を言えない。読者はメディアにだまされて、不覚にも広告主の商品を買ってしまう。

freemedia02.gif
広告主がメディアを利用して読者をだます

読者、広告主ともにメディア・リテラシーが低いときには、残念ながらこういう図式がまかり通る。実際、10年ほど前、月刊雑誌で製品比較記事を掲載したとき、記事で指摘した製品の欠点について、某アジア・メーカーから「高いお金を払って広告出してるんだから、いいことだけ書け!」とクレームを受けたことがある。もちろん国産製品についても欠点は欠点として書いてきたが、そういうクレームは受けたことがなかった。この差は、メディア・リテラシーの違いだろうと考える。

ある程度メディア・リテラシーの高い社会やマーケットでは、広告主も読者も、メディアの向こう側がどうなっているか、ある程度透けて見えている。

freemedia01.gif
メディア・リテラシーが高いと、読者、広告主ともに、メディアの向こう側が透けて見える

読者は、広告主が支払う広告料で無償メディアが成り立っており、広告主が金にモノを言わせて、自分に有利な記事をメディアに書かせる圧力を容易に加えやすいことを知っている。一方の広告主は、読者はバカではなく、また自分が無償メディアに対して保持している影響力が、読者に見透かされていることを知っている。一方的な押しつけや誇大広告は、長い目で見れば広告主のためにならないし、そのことを広告主は知っているというわけだ。

さてここで考えてみよう。広告主は、メディアの影響力をお金で買って、自社製品の広告を打つ。基本的な目的は売上と利益の増大である。それでは、このとき広告主が買うメディアの影響力の源泉はどこにあるか。それはメディアが読者から提供される信頼や関心、記事を読むために使ってくれる時間だろうと思う。無償メディアは、読者にコンテンツを提供する代わりに、読者の貴重な信頼と時間を獲得する。両者にお金のやりとりはないが、価値の交換はある。お金を介在させることなく、価値を交換できてしまうのは、アトム(形あるもの)に頼ることなく価値を流通できるというインターネットのマジックだ。読者から得られる信頼や時間が大きいほど、メディアの影響力は大きい。影響力が大きければ、より高い値段でそれを広告主に売ることができる。読者の信頼を得なければ、広告主から多くのお金を引き出すことはできない。

このようにメディア・リテラシーが一定レベルを越えた環境では、読者にとって本当に価値のある無料コンテンツを提供しながら、ビジネスとしてメディアを成立できる可能性があるのではなかろうか。弱点はいろいろあれど、いっそうのメディア・リテラシーの成熟によって、何とか成立できると私は考えている。

もちろん、有償メディアが不要だといっているわけではない。実際、年々販売部数が低迷し、良質な書籍がますます作りにくくなっている昨今には危惧を感じている。これについてはまた別の機会にお話したい。

Comment(12)

コメント

まだまだ日本では活字信仰というか、ニュース記事みたいなのは正しい、と思いがちな人が多い部分はあるような気がしますね。


 とはいえ、それこそネットの普及や、それに伴う個人のblog等といった情報発信や情報交換が簡単になってきた今日この頃ですから、無料メディアはこれからは「あくまで素材」となって、それ単体で情報として消費されるのではなく、それに対するblog等の記事によって継承されて、そこから消費されていくようになる気がします。
(もちろん、その過程で企業べったりな記事は「blog等での批判」という形で継承されていきますから、どんどん淘汰されていくでしょうね。)

小川様、こんばんは。

f/x 舩津です。
編集側(作り手側)で私のエントリーにムカツク人がいて安心しました。でも、ちょっと訂正を。


「従って無償メディアは広告主のほうだけを見て記事を作っている」とありますが、少し違います。
そんな断定をしたつもりは無いです(危惧はしていますし、そう読めるかもしれませんが)。
「そんな中で、広告主/スポンサーの方を見て記事を作らざるを得なくなってしまってはいないか」として下さい。


今でも、皆さんの職業的倫理感は腐っているとは思っておりません。しかし、「すべてが無償で当たり前」となってしまうと、メディアが生き残っていく上でその大事な物を売り渡す選択もあるでしょう。「何故、無償なのか?」「どういうカラクリなのか?」「誰がコストを負担しているのか?」という事を読者さんにもっと強く知らせる必要があるのではないか?という事なのです。(読者からの直接支援の受け皿の整備も必要ですね)


30万円の給料を貰っている人は30万円チョッキリの利潤を会社に対して上げるだけでは、各種負担分は会社の持ち出しになってしまい、その人に30万円の給与は支払えませんよね。そこを判って頑張って働くのか、判らないでブーブー言うかはコスト感覚として大きな差なのですが、それと同じような話で表向き無償であっても、有形無形の形で対価を支払う事の意識やメディアを支えてくれている存在が別にある事を読者が知っているのか、いないのかは大きな差だと思うのですよ。

そうじゃないと、広告屋ってタダの超悪者みたいでしょ。

読者との揺ぎ無い繋がりや高濃度の信頼関係、取引関係構築の為に、雑誌自体をファンドにして読者様に買って貰うとイイナと前から思ってます(信託会社さん頼みます)。「復刊ファンド」とか「休刊救済ファンド」とか、年間購読権も付けて、そうすれば、良い媒体がトップの気分だけで急に休刊する事も無いしさ。

mohno

売り手のビジネスモデルを考える、というのは重要なことですね。「無料」のものが、何もかも「無料」というわけではない。
今はどうだか知りませんが、「いい話があるんですよ」という話に引っかかってしまうお年寄りが多いというのは、「年の劫、しっかりしろ」と思いますね。:-)

小川誉久

みなさん、コメントありがとうございます。

苗牟さん:Blogの影響力については、私自身ここで情報発信するようになって、そのパワーの大きさを再認識しています。私の立場では、Blogの今後は怖くもあり、楽しみでもあります。

f/x 舩津さん:ゼロか1かではなく、有料メディアに比較すると、無料メディアのほうが広告主から受けるプレッシャーが大きい、ということですね。もちろん私もそう思っています。極端な表現でした。本当にいいものを知らないと、目の前にあるものがいいか悪いか判断できない、ということでしょうか。

mohnoさん:なにぶん技術の進歩があまりに速いので、年の功でうまい話の内側を見破るのはますます難しくなっていると思います。先日うちの事務所に、「総務省が進めているFTTHの関係でお宅の電話を確認にきた」とかいう押し込み営業がきました。お年寄り相手じゃなくても、ああいうビジネスが成立してしまうのですから。

いっしき

「価値の交換」って言葉が気に入りました! 今度から使わせていただきます! ;)

確かにビジネスモデルだけを見れば、無償メディアは広告主の影響を受けやすいモデルになっていると思います。

しかし、@ITなどの無償メディアでは、広告記事と(読者の方を向いた)通常記事の間に明確な境界線を敷くことで、実際には舩津さんが危惧するような危険性は今のところうまく回避されていると思います(それに広告主だけを見ているようなメディアは、読者に見透かされて信頼性をなくしてしまうので、広告主にとっても魅力がないのでは?)。

また明確に分けることで、より読者に広告記事であるという認識がしやすくなっていると思います。上の図でいうと「メディアの向こうが透けて見える」ということですね。

それでも広告記事と通常記事の違いが分かりにくいと思っている読者も少なくないみたいです。これは検索で来たのが、広告記事だったような場合のことだと思いますが。

このように検索やRSS、ブログなどを経由して記事を読む場合、やはりそこで一定以上のメディアリテラシーが試されることになると思います。このような、記事の読まれ方が増えてくると、読者側のメディアリテラシーも成熟していくことが求められてきますね。

あやぬ

金を払っている側と情報を消費している側が全く一致していない、というのはTVが一番顕著じゃないでしょうか
そしてだからこそ大衆迎合的な低俗な番組が流行る
TV局としてはとにかく視聴率を上げりゃいい=公序良俗に関係なく食いつく数が多いことをねらった内容で作る

一方では他業種のモラルハザードを批判しておきながらモラルもへったくれもない中身の番組を無料で垂れ流し
電波割り当てが事実上独占である、という問題もあえてふれませんしね

むろん低俗さの全否定ではなく、有料化して囲いを作った上でならいいのですが

小川誉久

あやぬさん、こんにちは。
WebとBlogで、個人が出版社になれてしまう時代がやってきたように、さらなるブロードバンドの普及とパソコンの性能向上により、次は個人がテレビ局になれる時代がやってきます。映像クオリティはメジャーテレビ局に負けるが、内容は圧倒的におもしろい。そういう個人テレビ局(ないしSOHOテレビ局)が林立するでしょう。映像芸術の端として、映画は残るでしょうが、中間のテレビ局は苦戦をしいられます。こうなると、「公共の電波」という認識も過去のものですね。メディアリテラシーの高い豊かな人たちは、みんないまのテレビはつまらないと思っているのではないでしょうか。ホリエモン騒動で一時話題になりましたが、テレビ局の今後はなかなかにドラマチックなのではと期待しています。

いっしき

確かに今の無償メディアはテレビのビジネスモデルに近いのかも。
むしろ無償メディアは、(広告主の目を気にしすぎたものとなるよりも)テレビのように大衆迎合主義に陥る可能性もあるわけですね? > あやぬさん
無償メディアではPV至上主義=大衆迎合主義だと思います。ここは気をつけないといけない。@ITの編集者としてそう思いました。
気づきをありがとうございました。

拝松徒

有償無償なんて分けるから、かえって話の本質から外れるんじゃないですかね?元手要らずの完全無償メディアに見える街宣だって、誰かが飯代払っている訳で、真の無償メディアなんて存在しませんから。古い言い方ですが、"商業"、"ちょうちん"、"ファンジン"、"フリーペーパー"の4つに分けると本質に迫れるのではないでしょうか。"売らなきゃならん"、"スポンサーを売り込め"、"愛してます"、"見るのはタダよ"。売り込み対象が何かは別にして、どのポジショニングであれ、"売らん哉"に走ればモラルは低下する、"モラルの孤高"を極め込めば信徒しか付いてこない。此の2極から収益を探るなら、売れるだけ売って儲けるか、信徒から搾取するか、他の道からの収入で補填するかの3つでしょうね。まぁ、悪代官方式という手もありますけど。思うに、最近のメディアの地盤沈下は、いや、技術立国日本の地盤沈下そのものも、古き良き旦那衆の絶滅危惧種化によるものではないかと。松下幸之助のPHPしかり、本田総一郎のアクト部門しかり、川上源一のpopconしかり。収益なんかどうでもよい、次世代を育てることが大事だという意識が無いと、いずれ、"そして誰もいなくなった"になってしまうのでは。ホリエモンや三木谷オーナーや堤帝国じゃあ・・・・・ねぇ。

いっしき

> そういう個人テレビ局(ないしSOHOテレビ局)が林立するでしょう。映像芸術の端として、映画は残るでしょうが、中間のテレビ局は苦戦をしいられます。こうなると、「公共の電波」という認識も過去のものですね。

まったく今回の話題からは逸脱しますが……、

確かに、現在のテレビ局と同じ内容の個人テレビ局を作るのは難しいでしょうが、ニッチで専門的な領域で成功する個人テレビ局は出てくるでしょう。

しかし、例えばインターネットの世界では、ITmediaや朝日新聞と同じレベルのニュースサイトを個人で作るのは難しいと思いますが、そんなことしなくても、よりニッチな領域にフォーカスすることで成功している個人サイトはたくさんあると思います。だからといって、それらの個人サイトによって、公共のITmediaや朝日新聞のようなサイトが消滅してしまうほどの影響を受けているようには見えません。

同じように考えれば、公共のテレビ局についても「公共の電波」という認識がなくなるとは思えないのです。もちろん現状のような電波による発信ではなく、インターネットによる発信など形態は変ってくることはあると思いますが……。

だから私の考え方からすると、これからのテレビ業界が消滅してしまうほどの苦戦をしいられるとは思っていないです。あくまで個人的意見なので、ご参考まで。:)

拝松徒さま、こんにちは。
達観されてますなぁ、参考になります。マスとは違う専門媒体では、広告効果や広報露出への波及効果を横に置いて、その媒体のパトロンたる慈愛に満ちた旦那衆になろうとしてくれている広告主もいます。私は専門媒体の根幹は好き者が集まった「ファンジン」で良いと思っています。だから、読者も色々な面で貢献して欲しいなぁ、と思いますね。


いっしき様、ご無沙汰してます。
ITmediaと朝日新聞を同列に論じましたか......恐れ入りました(苦笑)

コメントを投稿する