組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

大谷翔平選手の凄さ

»

165kmを出した大谷選手もすごいが、9回に投手として起用した栗山監督もすごい。

DHで使いながら、「勝っている時はクローザーで」、とはシリーズ前から考えていたのだろう。「このパターンになったら行くよ」とは本人にも伝えていたはずで、急に思いついての起用ではない。

この戦いでの大谷選手のすごさはシリーズ1戦目に自分が打ったピッチャーゴロ。8番・投手としての内野ゴロを全力で一塁まで走ったプレー。

これはすごい。こんなことができる選手はプロ野球では他にいない。このプレーをソフトバンクベンチはどんな思いで見たいたのか・・・。

このプレーが出た時点で、シリーズの勝敗は決していた、と思う。

昔、達川さん(元広島監督)が解説をしていた頃、「一塁まで全力疾走したチームが、短期決戦を制する」と言っていた。

まさに、そのプレーを8番ピッチャーの選手がしたことに意味が有る。

Comment(2)

コメント

miyu

娘と、高校生スタイル変わらず、すごいね‼️ って、話してました。
一つ一つのプレー、話しの内容、謙虚で素直で見てて、聞いてて、とっても良いですよね(*^^*)

熊谷 修司

花巻東でいい指導を受けたのでしょう トイレ掃除など

コメントを投稿する