組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

勝者のプライド

»

甲子園 準優勝 北海高校の野球は素晴らしかった。

出場最多校としてのプライドがプレー以外にも現れていた。

北海は高校野球のお手本のようなチーム。最近は小さめのサイズのユニホームを着るのが流行りだが、そんな流れに関係なく昔からジャストサイズのユニホームを着用。帽子のツバも折らない。それは作新も同じ。この「ユニホームを普通に着る」両チームで決勝が行われたことが、嬉しい。

北海はガッツポーズはしない。対戦相手は「敵」ではない。相手への敬意があるからガッツポーズもしないのだろう。

そんな野球を見せてくれる北海が最後まで甲子園に残ってくれてよかった。

校歌を歌う作新の選手たちに、涙を流しながらの拍手など、なかなかできるものではない。

Comment(2)

コメント

miyu

北海のキャプテン、
校歌を歌った後、自分たちの応援席に駆け寄る前に相手校のベンチに頭を下げていた姿、忘れられません。ステキでした。

shuji

大西君 試合後も立派でした

コメントを投稿する