人生で最も長い時間を費やすことになる「働く」を「好きな人と、好きな時に、好きなことできる」ものにするためにはどうしたらいいのか?について考えたことを書いています。リモートワーク、テレワーク、在宅ワーク、フリーランス、副業、複業、ワークライフバランスなど。

リモートワーク導入にあたって導入すべき無料ツール5選

»

前回は

「雇用する側から見たリモートワークを導入することのメリットとは?」

の記事を書きました。実際に導入を考えていて、参考になったというお声もいただき、嬉しかったです。

そこで今回は、いざリモートワークを試しに導入してみよう!となった場合に、導入を支援するツールについて、コデアル株式会社で実際に全社的に導入しているもので、無料でまず利用が開始できるものを紹介していきたいと思います。

1. Asana(タスク管理ツール)

Asanaは誰が?いつまでに?どのような仕事をするのか?を管理してくれるツールです。

自分のやっているタスクをAsanaに設定しておくことで、離れて仕事をしていたとしても、自分以外の人にも可視化することができるように優れものです。2017年6月時点では、15名までであれば無料で使うことができます。

2. appear.in(ビデオ通話ツール)

appear.in はSkypeのように相手の連絡先を知らなくても、URLを踏むだけで、すぐにその場でビデオ通話が開始できるツールです。ビデオ通話をするときに、相手のアカウント情報を聞かないといけないという面倒さから解放してくれます。

3. Googleドキュメント(ドキュメンテーションツール)

Word,Excel,Powerpoint.どのツールも多くの方が仕事上使われていることかと思います。Googleドキュメントを使えば、自分が作成している資料をリアルタイムで共有することができるので、ここの数字おかしくない?といった指摘を他のメンバーから簡単に受けることができます。

4. Slack(チャットツール)

仕事をメールベース、電話ベースでやる時代は終わりを迎えつつあります。Slackであれば、チャットベースでコミュニケーションをとることができます。LINEをプライベートではお使いの方も多いと思います。ビジネス版LINEと考えてもらえると良いかと思います。

過去に遡って閲覧できるメッセージの通数に制限はあるものの、こちらも無料で利用を始めることができます。

5. Googleカレンダー(日程管理ツール)

Googleカレンダーを使うことで、自分の予定を他のメンバーにも共有することができます。もしアポイントの同席をしてもらいたいときには、同席してもらいたいメンバーのメールアドレス宛で招待状を送ることができるので非常に便利です。

「今日は直帰するの?」といったことをわざわざ本人に聞かずともGoogleカレンダー上に登録されているその人の予定をみれば把握することができるので、オススメです。

どれか一つでもまず試しに導入されてみてはいかがでしょうか?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する