ヴィジュアル、サウンド、テキスト、コードの間を彷徨いながら、感じたこと考えたことを綴ります。

プログラマはなぜ太るのか。

»

くだらないギャグを思いついてしまった。関西人だから仕方ない。
くだらないなら書かなきゃいいのに書いてしまう。関西人だから仕方ない。

NASHを克服した相方であったが(参照:食事内容を見直すだけで、20kgダイエット。65歳男性、3カ月で、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)から脱出!)、数カ月後、リバウンドが始まり、ただいま再ダイエット中である。

※あくまでここでいう "プログラマ" とは相方のことであって、すべてのプログラマにあてはまることではありません。

35歳定年説を否定する
プログラマに定年はない。だが、ダイエットには定年がある。基礎代謝が減ると、なかなか痩せない。

宣言すると一息つく
変数宣言をすると一息つく。ダイエット宣言をすると一息つく。クリームと砂糖の入ったコーヒーを飲む。

いつでも初期化する
食べてしまったものをなかったことにする。毎日がダイエット開始初日だ。

二進数で考える
1か0、ONかOFF、HightかLow。少々痩せたくらいでは太っているも同じなのだ。

バグが嫌いだ
小松菜の煮びたしや、ほうれんそうのおひたしを嫌う。低カロリーで繊維もあるのに。バグが食べるものだからか。

ブレークポイントを作る
ダイエットに一区切りはない。

クラウドを利用する
健康情報はクラウドに置ける。体脂肪はクラウドに置けない。

リアルを否定する
太って見える部分は、バーチャルだと思っている。

クラス化する
よく食べるものをクラス化し、そのうえに、スウィーツを追加する。

エラー処理を書き忘れた?
リバウンド・プロシジャから抜ける処理を書き忘れたらしい。

更新プログラムは降ってこない
人間の身体は、Windowsではない。寝て起きたら再起動でスリムになっている?いやそれ無理だから。

機能優先、表現軽視
ウェストゴムのジャージは、衣服としては機能している。だが、ヴィジュアルをむしばむ。

ダイエットだけはウォーターフォール
開発はアジャイルだが、ダイエットに関してのみウォーターフォールを好むのは、なぜだ?
ダイエット方法を延々と検討するよりも、まずは動け。走りながら考えろ。
ダイエットこそ、アジャイルで!

タイトルを付けた後で、ふと、矢沢氏のベストセラー「プログラムはなぜ動くのか」を思い出した。
相方は、プログラムを動かすのに、自分は動かない。プログラマはなぜ動かないのか、だなあ。面倒くさがりなんですかね。

ま、もちろん、あくまでこれは相方のことであって、すべてのプログラマにあてはまることではありません。......って、念を押しとかないと、自分のこと書いてるだろと早合点する人が出てくるんよね、プログラマってせっかちだから(ここでいう "せっかちなプログラマ" とは、あなたのことではありません。......って、念を押しとかないと、以下繰り返し処理)。 

※HD内に眠っていたメモ書きをなんとなく掲載してます。

Comment(0)