小さな会社のウェブマスターがパーソナルブランディングについてごにょります。

【マジ驚いた】練習すると絵は上手くなるらしい。

»

パソコンのデータ整理をしてたら、いろいろ画像が出てきておもしろかったのでちょっと書きますね。

うちの子の従兄弟のお兄ちゃん、つまりわたくしにとっては甥っ子が、なかなかに絵心のある子でして、夏休みなんかに親族で集まった時に、iPadにサラサラっと描いてくれたのがこの絵です。

42359192_328502857903105_655430765491781632_ns.jpg

好きなマンガのキャラクターとかかな?

フリーハンドで、上手ですよね。絵の描けないわたくしなんかからすると、すごいとしか言いようがありません。

わたくしの世代ですと、侍魂というと先行者のサイトを思い出してしまいますが。

で、うちの子が真似して描いたのがこちらです。

42301830_294875278006465_5910405225893593088_n.jpg

・・・ホラーかよ。

思わず笑ってしまいましたが、逆に絵心のないわたくしの血を引いてしまったと思うと、大変に申し訳ない思いにもなります。ごめんなー。

一応、うちってカミサンはイラストレーターなのですが。まったく才能もらえなかったな。マジごめん。(;´Д`A

これが5年くらい前でしたかね。

その後、パソコンで動画編集をするのが趣味になったうちの子、ユーチューバーにあこがれていろいろ作るようになります。

まぁ、そっちのほうは、同年代の子と比べたら、いいセンスしてるなとは思ってました。

さて、そろそろ高校進学を考え始めた中学2年生の時です。

わたくしが後に「NOUTO」でタッグを組むことになる、Mozu君の存在を知ります。

わたくしは錯視トリック絵のほうで関係するのですが、彼の本職はコマ撮りのアニメーターです。

高校2年生でプロ顔負けのこの作品を作っています。

驚愕ですよね。

間の取り方とか、作品全体のセンスに加え、背景となるジオラマの精巧さで、Mozu君はその後一気にブレイクします。

さらに高校の卒業制作で作ったのが、続編となるこちら。

プロより上手いんじゃないか、というか、間違いなくプロとして食っていけるレベル。(そしてMozu君は、大学に進学せず、クリエーターとして独立して今にいたります。)

そんなMozu君が3年間を過ごした、自由な校風の芸術系の高校、うちの子も「ここの映像専攻に行きたい!」と思ったわけです。

でも、映像科に入りたい子も、入学試験で必要なのが、デッサンの実技でして。

で、うちの子はこれじゃないですか。

42301830_294875278006465_5910405225893593088_n.jpg

・・・無理だ。

絶対無理ですこれ。無理ゲー。

それでMozu君と、彼のご両親に聞いたんですよ。

どうしたら入れますかねと。

そしたら、「受験専門の画塾へ行くんです」と教えてくれました。実はMozu君もどちらかというと絵は苦手で、塾に行かなければ受からなかったんじゃないかとおっしゃる。

塾で描いた習作を見せてもらったのですが、いやー、上手いですよ。うちの子の描いた絵が頭をよぎります。

それでも、子どもの夢を簡単に諦めさせるわけにはいきませんので、中学3年生の春から、新宿にある美術予備校に通わせたんですね。

そしたら、この絵を描いてた子が、

42301830_294875278006465_5910405225893593088_n.jpg

秋にはこうなりました。

s20170720takagimaru.jpg

絵の上手な方からしたら、まだまだなのはわかりますが、急に画力が上がったのを見て、美術の先生もびっくりして、学校の周年式典の記念冊子の表紙を任されることになったのです。

びっくりですよ。

絵というものは、描けない人は描けないと思い込んでいましたが、描き方を習えば、上手になるのですね。

その後、いろいろあって大変でしたが、何とか志望校に滑り込むことができ、Mozu君の後輩になれました。

手前味噌ながら、人間の可能性について、あらためて感慨深く思った、よく晴れた秋の一日でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する