セールスジャパンの経営を始め、様々な事業活動に携わるマイク丹治が、日々仕事を通じて感じていることをつづります。国際舞台での活動も多いので、日本の政治・社会・産業の課題などについて、グローバルな視点から、コメントしていきたいと考えています。

マイク 丹治

マイク 丹治

セールスジャパンという、中小企業・ベンチャー企業向けの営業代行・販路開拓の会社で会長を務める傍ら、いくつかの会社の顧問に就任しており、更に政策シンクタンク・構想日本で政策提言を行っています。

プロフィール

1977年東京大学法学部卒業。同年(株)日本長期信用銀行入行。
1980年通産省産業政策局(産業税制、商法改正、企業行動など)出向。
1984年米国・長銀ニューヨーク信託(タックスファイナンス、航空機ファイナンスなど)出向。在米中にCapstar Partners(世界二位のタックスファイナンス・アドバイス会社)を設立。
1991年帰国、営業企画部(国内営業戦略、国内総貸出ポートフォリオ戦略、金利政策など)・アジア部(国内企業のアジア進出支援)副参事を歴任。
1995年日本長期信用銀行を退社。
1996年インターネット横浜(インターネット・プロバイダー) 専務取締役。
1997年構想日本(政策シンクタンク、公益法人制度改革など。事業仕分けで有名)政策委員(2008年まで)。
1998年縄文アソシエイツ(最大の日本ベースのエグゼクティブサーチ会社) シニアコンサルタント。
2002年株式会社メイドインジャパンダイレクト(グローバル・ウェブ・マーケティング)代表取締役社長。
2004年ウェブオフィス株式会社(人事・経理・総務のウェブ・アウトソーシング) 顧問。
2006年新銀行東京 執行役(代表補佐としてナンバー2)。
2008年アルゼ株式会社専務執行役(国際業務統括、経営企画、海外投資統括)などを歴任。

 現在は、セールスジャパン(中小企業向け営業代行、財務・経営戦略アドバイス)の会長を務める傍ら、 構想日本にて地方自治体の事業仕分けなどを含め政策提言を行い、更に数社の顧問に就任。