広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

技術評論社のベストセラー編集者、傳 智之さんのお話を伺いました

»

以前、広報・マーケティングサロンをDMMのプラットフォームで開始したブログを書きました。

4月下旬にスタートしたこのサロンは、著名人を取り囲むサロンとは位置づけが異なり、参加者が主役となっています。適切な情報のインプットとコネクション作りに主眼を置いています。

現在1期、2期を合計すると、40数名の方に参加を頂いています。これを多いと捉えるのか、少ないと捉えるのかは意見の分かれる所ではありますが、顔が見える範囲としては丁度いい人数ではないかと思っています。

その第1回目のイベントということで、技術評論社のベストセラー編集者、傳 智之さんをお招きして勉強会を開催しました。ブログに書くのが遅くなりましたが、簡単に紹介させてください。なぜ、広報・マーケティングなのに傳さんなのか。そこにはいくつかの理由があります。

第一に、本が売れないと言われる時代にベストセラーを生み出すノウハウ。ここに広報やマーケティング担当者に必要な能力と関連性があるかと思ったからです。

次に、広報やマーケティング担当者に編集者の仕事について理解を深めてもらいたいというのがありました。編集者と記者を混同したりする人もいるので。

更には、自分で本を出したいと言う人、自社の内容を本にしたいと言う人に、編集者がどんな観点で著者を見つけているのかも知って頂ければと思ったからです。

会場はDMMのサロンの仕組みを用いていると言う事もあり、DMMの会議室をお借りしました。既にあちこちで話題となっており、訪問された人もいるかと思いますが、本当に素晴らしかったです。こちらは受付のエリア。

こちらは会議室前の通路です。見ていて飽きないすごさです。さすがチームラボ。映像の動物達が歩いています。

IMG_9331.JPG

こちらは会議室のテーブル。若冲ですよね。

IMG_9329.JPG

こちらが今までに出版された傳さん編集の書籍の一部です。ビジネス書、IT関連の本も多く、見た事ある表紙がたくさん。

FullSizeRender (40).jpg

お話中の傳さん。皆さん真剣に聞き入っていました。

IMG_9335.JPG

こちらが当日の傳さんのプレゼンです。これを見て頂くだけでも目から鱗、かなりの刺激を受けられるのではないでしょうか。

さてその傳さんですが、今度はかるたを出されるようですね。
9月15日発売との事です。
職場の問題かるた ~"言える化"してモヤモヤ解決!
職場の問題かるた ~ 沢渡 あまね 白井 匠

技術評論社 2017-09-15
売り上げランキング : 12006


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

広報・マーケティングサロンですが、現在は第3回の勉強会の準備をしています。ご興味ある方がいましたら是非ご参加下さい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する