広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

[書籍]グロースハッカー

»

オルタナブロガーの佐藤さんの訳書を頂戴したので、ちょっとその感想を。

Sato_1

読後、まず思ったのは「おお!この行為に名前がついた!」ということでした。

教科書通りのマーケティング手法ではなく、そして大金を払って外部の専門家に丸投げするのではなく、自力で試行錯誤でユニークな方法でユーザーを獲得していくためにいろいろな行為を行う。それを「グロースハック」、それを行う人を「グロースハッカー」と呼び、その事例がたくさん紹介されています。

非常にこなれた日本語でとても読みやすく、さらっと頭に入って来ました。最後についているクックパッドとZaimの事例も興味深いものでした。

私自身が約10年程前にカナダのCRMベンダ(今は買収されちゃいました。非常に良い製品で大企業で多数採用されましたが、出来の良い専用クライアントにこだわるあまり、Web化が遅れてシェアを失いました)の日本オフィスの立ち上げに関わった事があり、その時に限られた予算の中で試行錯誤した経験があり「あれは、グロースハックだったかな?」などど感じました(例えば、休刊になる月刊誌の後ろのページ(表4)に、ありえない安いお値段で広告を入れさせてもらったり、大使館で低価格でイベントをしたり、ユーザー企業を訪ねて行って、どう製品を盛り上げるかを一緒に考えたり、ユニークなメルマガを作ったりと本当にいろいろやりました)

お金を使うのではなく工夫する、頭を使うということは楽しい事です。予算が無い、何も出来ないと嘆く前に、ではどうしようか?と考えてみる。スタートアップや中堅中小企業の方に勇気を与える本だと感じました。

同じアイデアはもう使えない場合もありますが、いろいろなグロースハックのヒントも満載ですし、「あの会社はこうやってユーザーを増やしたのか!」という気づきを得られます。そしてそれは自分のビジネスにも役立って来ると思いました。

本の一部は佐藤さんのブログのリンク先で読む事が出来ます。

(余談ですが、クックパッドの方のお名前が自分と似ててビックリw)

グロースハッカー
グロースハッカー ライアン・ホリデイ 加藤恭輔

日経BP社 2013-12-12
売り上げランキング : 90


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Comment(1)

コメント

きょこさま、書籍読んでいただいて、書評もしていただいて、ありがとうございます!
そうなんですよね、行為自体は結構昔からあったけれど、名前がついたことで語れるようになるって大事なことなんだなと思いました。

コメントを投稿する