知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

【週末小ネタ】ハイブリッドカーの安全音をどうすべきか

»
# 更新方針として金・土・日・祝日は小ネタ中心で行きたいと思います、ということで、NetAppのクラウド戦略の続きは火曜日に書きます。

ハイブリッド車(特にプリウスのように低速時はモーターしか回らないタイプ)の静かすぎるがゆえの危険性が問題になってます。まあ、これは当然です。

トヨタもこの問題には大昔から気付いていたようで、1995年には電気自動車において人為的に音を発生させる発明を特許出願していました(特許公報(PDF))。なお、この出願は出願審査請求をしなかったので取り下げ扱いになっています。たぶん常識的すぎて特許化不可能と判断されたからでしょう。

何らかの形で音を発生させるべきというところは自明なのですが、どういう音を使うかはなかなかむずかしいですね。

1.人に不快感をもよおさない音でなければならない

チャイム音を鳴らすというのは最も簡単ですし、それなりに効果もあるようですが、やはり音として不快感がありますね(ただでさえ待ちにはチャイム音 的な音があふれているのに)。「車が通りますご注意下さい」という人口音声も同様だと思います。声優さんを使うという手もあるかもしれませんが、特定の層 にしか受けないと考えられます。

2.車と認識される音でなければならない

では、もっと自然にとけ込む音、たとえば、鳥の鳴き声のような音はどうかというと、聴いてる人が「あー鳥が鳴いてるな」と思って車が来てるなとは認 識してくれないので問題でしょう。特に、視覚障碍者の方にとっては重大な問題です。やはりちょっと聴いただけで車だとわかる音でなければなりません。エン ジン音を人工的に合成して流すという方式のはこの点では適切ですが、せっかく静粛化に苦労されてきたエンジニアの方は複雑な心境かもしれません。

3.メーカー・車種間である程度の共通化がなされなければならない

エンジン音を流すという方式の代替案としてもう少し音楽的なサウンドロゴのようなものを作ってそれを流すことが考えられます。Windowsの起動 音のようなアンビエント系が良いのではないでしょうか。ただ、各メーカーが各車種ごとに勝手にサウンドロゴを作ってしまうと、車の音だと認識されない可能 性が増します。かと言って、全モデルがすべて同じ音というのも味気ないですし、メーカー的にも、たとえばプリウスとレクサスが同じ音だというのでは販売戦 略上まずいでしょう。

ということで私の考えとしては、アンビエント系のサウンドロゴを使うのですが、10音程度からなるメロディのモチーフを決めてそれは全メーカー、全 モデルで共通にします(別に法律で決める必要はなく業界の合意にすればよい)。モチーフを決めておけば、今後、ハイブリッド社が普及するにしたがい、この メロディは車の音だという認識が一般化していくでしょう(誰が決めたわけでもないのに蛍の光が鳴るとああ閉店だなと思うのと同じ)。そして、各メーカーに はこのメロディーのモチーフを元に多少のアレンジを加える裁量権を与えます。当社の車の音は坂本龍一作だとかブライアン・イーノ作だとかエイフェックス・ ツイン作(これはないな)だとかで、マーケティング上の差別化をできる要素にもなるかと思います。いかがでしょうか?

※ 本記事はテックバイザージェイピー公式ブログ「栗ブログ」からの転載です。

Comment(8)

コメント

おおた

ここはやはり『ゴッドファーザー 愛のテーマ』で…(こら)。
 もちろん冗談ですが、「車が来るぞ!」という意味で、これほど知られた曲はないかと…(笑)。

海老庵

音である必然性があるのかなという気もします。
車両に付いているバックソナーセンサーを発展させて
四隅に取り付けられたセンサーから打ったピンに
反応するヴァイブレータを対象者に持ってもらう、というのは
どうでしょうか?

poimandres

私は、単純な音でなくメロディーのある音楽を使うのには反対です。理由は、恐らく不快になるからです。
何故かというと、複数の車がずれた曲を流すと多分不自然な音になる、車は移動するのでドップラー効果で微妙に音程がずれてやはり不自然な音になる、からです。
本文中にあるサウンドロゴ程度のものだと微妙ですね。でも、ドップラー効果の問題はあるかも知れません。

僕は法律で決めることが必要と思います。
法律で決めないと、購入したユーザーが自分で改造して別の音にしてしまう可能性があります

高速道路や大型自動車道の沿線に住む住民からすれば、EV化によって折角根本的な問題解決になる筈が、こういう所で思わぬ「揺り戻し」になってしまうというのは何とも皮肉ですね。個人的には、所詮騒音は騒音なので音とは別の手段を使うべきだと思います。

ホンダのインサイトはエンジンをモーターがアシストする方式でエンジン音がしますのでいいですね。
人為的に車の音を出す発明とは昔は考えられませんでした。
個人の発明家がアイデアを出すチャンスですね。

あしゃん

せっかく静かでいい車なのにわざわざ音を出すのは、もったいない気がします。

むしろ視覚障害者の方に車の接近を知らせるブザーのような物を持ってもらうようにすれば、ハイブリッドカーに限らず全ての車から身を守れるのでは。

この静かな音でのトラブルは、初代のプリウスの際にもあったのに、どうして今頃改めて言われているのですか?

ちょっと理解に苦しみますが。。。

3代目になって台数が増えてきて、
トラブルも増えたからでしょうか…

コメントを投稿する