知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

【速報】OracleがSunを買ったわけだが

»

ニュースがリークされたM&Aのディールは実現せず、結局別の会社が買うことになるという法則は今回も成り立ったようで、どうもオラクルがサンを買うことになりそうです(ソース)。

先日のHPのアナリスト・イベントでHPのマネージメントの人と、

HPのえらい人「IBMはサンを買うことになるだろうかね?」
栗「これだけニュースになったということは本命は別にいるということだと思います」

なんて会話をしていたのが思い出されます。

しかし、意外なのはソフトウェア・ベンダーがハードウェア・ベンダー(基本的には)を買うというパターンが起きたということです。このパターンのM&Aはあまり記憶にありません。それは当然で、買う側のソフトウェア・ベンダーにしてみれば、今までのハードウェアパートナーと競合することになり、プラットフォーム独立性という大きな価値提案を損なうことになるからです。

まあ、オラクルはサンのJava系ミドルウェア、そして、MySQLが欲しかったのだということは言えるでしょう(それなりにシナジーもありますし)。問題は、サーバとストレージ製品群です。

SPARCサーバのユーザー、そして、StorageTekの現行ユーザーはしばらくは不安な立場に置かれるでしょう。

財務的な話を抜きにして、純粋にユーザー、そして、業界全体にとっての利益という観点で言えば、SPARCサーバを富士通が、StorageTekをEMC(あるいはHP)が買うのがベストかなと思います。富士通はアムダール、ICL、FSCと海外企業での実績もそれなりにありますし。

さらに詳しい分析は後ほど。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する