知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

破壊せよ、とグーグルは言った

»

既に周知と思いますが、グーグルが書籍検索サービスについて米国出版業界と和解しました(ソース)。弁護士の福井健策先生がブログで法律的な分析をされていますのでご一読をお勧めします。

和解案の骨子は以下のようになるかと思います。

  • グーグルの現行のブック検索サービス(著作権切れ書籍は全文表示、著作権が有効な書籍はキーワードのみ表示)はフェアユースの範囲内であり米国内では合法
  • 絶版本(で著作権が有効なもの)はグーグルがスキャンデータを販売できる。売り上げの63%が著作権者に回される。
  • 刊行中の本は通常通りキーワード周辺の一部だけが表示される。
  • 刊行中の本でもオプトインでグーグルにスキャンデータを販売してもらうことができる。
  • 絶版の本でもオプトアウトでグーグルの販売対象からはずしてもらうことができる。
  • サービスが提供されるのは米国内のみだが、スキャン対象の書籍は全世界。
  • このスキームに入りたくない著作権者は今年の5月5日までにグーグルに通知する必要あり

要するに絶版本はグーグルが勝手にスキャンして、勝手に売っちゃうよ(お金は払うよ、いやなら言ってくれればやめるよ)というスキームです。著作者の立場から言えば、今までは絶版本から得られる期待収益はゼロであったのが、多少は収益が期待できるようになります(しかも63%という魅力的な印税率)。まあ、自分の意志で和解したのですから著作権者にとっては十分に魅力的に見えたということでしょう。

頭の中では思いつきそうではありますが、これほど破壊的なスキームを実現しようとする人はまずいないでしょう。それを平然とやってのけるグーグルにはしびれる、あこがれると言う他はありません。

せっかくなので、音楽でも「破壊」を続けて、廃盤はグーグルが勝手にリップして販売してよいというスキームができればおもしろい(Jazzの名盤でも廃盤になっているのは結構多い)のですが、まあそうはならないでしょうね。

どちらにしろ日本は当分(永遠に?)蚊帳の外のような気がするのが、残念なところです。

Comment(3)

コメント

Steven

どうもはじめまして。しばらくfeedを受けさせていただいておりました者です。

この件著作者の逸失利益は無いとかいやいや米帝による収奪だとかいろんな話出てますが、いくつか質問させてください。

(1) 日本の著作者はスキャンされっぱなしでその63%はこないという認識で間違いないですか?
(2) 日本で刊行中の本については米国で刊行中の本と同じ扱いですか?

物作り屋

一言言わせて下さい。
グーグルは原著作権所有者の許可も取らず、「コピーして売られたくなかったら申し出ろ」というのは余りにも乱暴で理不尽な事を勝手に決めている。肉食人種が「食われたくなかったら食わないから申し出ろ、さもなければ食ってしまうぞ」は日本人にはなじめません。物作りは汗水を流し、英知を振り絞って出来上がる物で、その著作物を許諾も無しに、逆に申し出ろとは余りにも態度がでかすぎはしませんか?クーグルはストリートビューでプライバシーの侵害、個人情報違反と言われても、「見られたくなければ申し出ろ!」また、消してあげる時は、名前とメールアドレス手続きの場合はメールアドレスを、電話の場合は電話番号を教えない限り削除しないと偉そうに言っています。彼らは「転んでもただでは起きないぞ!、何がしの個人情報と交換だ」と、勝手に条件を付けているのです。今回のこの栗原さんのブログにはガッカリしました。(今までは少しの差はあれど、此処まで考えが違ったことが無く、楽しく読ませて頂いたのですか)資本主義の世の中、絶版本でも出版社が売れると思えば、製本せずにネットで売れば良いことでし、また、出版社が売れると思えば原価のかかる再発行も行われております。古いレコードも著作権者、原盤所有者の許可が得られれば、今はレコード会社は極力ダウンロードサイトで販売しようとしています。原著作者ありきで作品が出来ることを忘れないで下さい。ブログ中に『今までは絶版本から得られる期待収益はゼロであったのが、多少は収益が期待できるようになります(しかも63%という魅力的な印税率)。』とお書きになっていますが、既に普通の発売中の書籍でも、レコードでも、ダウンロード販売は定価を安く、印税率も高くしているのです。目先のせこいことは考えず、将来的に原著作権者、音楽の原盤権などの侵害が(クーグルの様につ使われたくなかったら申告しろ)では無く、言い換えれば、「勝手にコピーを作ってダウンロードする」と言うことが前提になってしまえば著作権違反ですし、著作権システムの破滅です。分かり易く言います。古く既に売っていない民生品のPCソフトやレコードを【勝手にコピーして売っておいて、お金を払うから良いだろう】では著作権法違反で捕まります。ご自身の職業の立場を考えてももう一度冷静にお考えになったらと思います。

クーグルの考え方 = グローバルスタンダーは日本になじみません。目先のビジネス(儲かればいい)で物作りの大切さ、他人に感動を与える程の作品作りの苦労と、売れる物を作る為の難しさを理解もせず、勝手にコピーできるシステムを作ろうとしているグーグルに、日本の文化を壊して欲しくないのです。アメリカのインチキビジネスによるバブルも弾け、ストリートビューも含め、グーグルは破滅の道を歩き始めているのです。

最後にもう一言、「絶版本だからこその価値観も有るのです」YAHOOのオークションを見てみましょう。

ちょっと通りすがりの者ですが

日本語で書かれており、1冊数万円で販売されている本が「アメリカでは売られていない、手に入らないから絶版だ」の理屈で実際に全文検索で買うことなく、自由に閲覧することができる状態になっている実例が私の周辺でありました。検索をしていてたまたま見つけました。そこで「あーあのニュースってこのことか」っていう程度の認識でした。勿論、著者の人にご連絡を差し上げました。出版社も知らなかったようです。Googleはこれによって得られる利益を還元するといっていますが、実際に幾ら還元されることになると思いますか?値段が値段だけにこれを見た人は(私も含め)この本を買うことは決してないでしょうし、YouTubeと違って本のプロモーションには決してならないでしょうね。専門書って必要なのはほんの一部のページだけであることが多いんです。だから閲覧者は「やったぁ。ラッキー!」でおしまいなんです。Googleの収入っていったって閲覧する人が限られている特殊な本の場合なら広告収入には殆どつながることはないでしょう。1冊の本が売れたときに得られる利益の100分の1の利益が還元されるためには数百人に閲覧される必要があるはずです。そういう希少価値を持った本が閲覧できて得をするのはGoogleだけなのです。私は日本の中小出版社には根絶宣言が出されたも同然だと思います。きっと技術書、専門書はもう出版されなくなる時代が到来することでしょうね。(私自身はとっくにハード・コピーを売る時代は終わったと思っていますが、)当事者の人たちの生業は成り立たなくなるということなのです。

コメントを投稿する