知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

松本零士先生2連敗について

»

ちょっと前になりますが、槇原敬之が松本零士先生を、著作権侵害の不存在と名誉毀損で訴えていた件の判決が出ました。実質的に槇原側勝利です(ソース)。

判決文が220ページ近くあるので読むのがしんどいなあと思っていましたが、既に「駒沢行政書士事務所日記」さんがまとめて下さっているので参考にさせていただきました。

まず著作権侵害の不存在については槇原側の訴えが却下されていますが、これは松本先生側が元々の著作権侵害訴訟を取り下げているため訴えの利益がないとして却下されたものです。槇原側が敗訴というわけではありません。

判決には直接関係ないものの、例の2つのフレーズ(「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」(槙原)、および、「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」(松本))の類似性についても判断されており「類似していない」との判断がなされています。

この事件について以前に書いた「槙原vs松本事件」についてと いうエントリーでは、私は、「この長さのフレーズであれば偶然の一致ということは十分あり得ますし、槇原側が読んだことはないと言っているのに、松本側が『いや読 んでいる』と立証するのは非常に困難であろう」と書きましたが、判決ではそもそも類似していないと判断されました。

名誉毀損の方については、松本先生の発言が名誉毀損にあたると認定され、損害賠償請求が認められました。まあ、「法廷で証明する」と冷静に言うのではなく、当初から槇原側を盗人呼ばわりしていたのでしょうがないと言えます。口は災いの元です。

ところで、単に人づてに聞いた話から判断してるだけですが、作詞家・作曲家の中には良い意味でのパクリを良しとする人もいれば(これについて書いたエントリー)、オリジナリティに徹底的にこだわる人もいる(もちろん、それでも過去の著作物に何らかの形で影響されざるを得ませんが)と思いますが、槇原氏は後者ではないかと思っています。なので、このフレーズ使えそうなのでちょっと拝借してみましたというのは槇原氏においてはあり得ないのではないかと思います(あくまでも憶測)。

さて、この判決のちょっと前にも、松本零士先生は直接ではないですが、関係した訴訟で実質的に負けています。

松本先生が宇宙戦艦ヤマトに関する著作権が自分の元にないにもかかわらず、大ヤマトというキャラを作り、パチンコ機メーカーにライセンスしていたところ、宇宙戦艦ヤマトの著作権を所有する東北新社がパチンコ機メーカーを訴えたという事件です。和解により、パチンコ機メーカー側が2億5千万円の和解金を支払うことになりました(ソース)。

和解であり、また、当事者間の合意により詳細は公開できないということなので裁判所が具体的にどういう判断を下したのかはわかりませんが、こういう形で和解になったということは、著作権侵害が認定される可能性が高かったということでしょう。松本先生にとっては、かつては自分が作った作品のパクリを認定されてしまうという何とも皮肉な結果になってしまいました。

ところで、この件は第一審ではパチンコ機メーカー側が勝訴していました。これも含めてヤマトの権利に関する話はめちゃくちゃややこしいので、興味ある方は「企業法務戦士の雑感」さんなどのページをご覧下さい。

ところで、大ヤマトは、宇宙戦艦ヤマトのキャラに似せて書いたということもできますが、元々松本先生がキャラの書き分けができていない(特に女性)ということも言えるかと思います(失礼)。キャラの書き分けができないマンガ家の方は自作品の著作権のライセンスにおいては気を付けた方が良いかもしれません。

なお、最後に、「男おいどん」をリアルタイムで愛読してきた世代の私としては、クリエイターとしての松本先生は大いにリスペクトしておりますことを付記しておきます。

Comment(16)

コメント

野田一丁目。

はじめまして。松本零士世代の40代です。
『時間は夢を裏切らない・・・』はどう考えてもパクリと思うんですがね。(笑)本の帯にまで書いてある決め台詞なのに。裁判ではどんな証拠を出したんでしょうか?槇原が本屋の前を通ったとき、偶然、目に止まったとしても不思議ではないですよ。
例えば『この印籠が目に入らんかあ』は水戸黄門の決め台詞だそうですが、私、一度も通して本放送見たことないんですよね。時代劇嫌いだし、見たことない、って言い切っちゃえば盗作しても証拠不十分で不起訴になりますかね?(笑)

通りすがり

この話題があって初めて両方のフレーズを知った者です。松本氏がどれぐらいこのフレーズを使ったかが私は知っていないのですが、氏が数回使っただけで牧原氏の作品を盗作とされるのであれば後続のクリエイター潰しと邪推してしまいます。

野田一丁目。さんの指摘されている水戸黄門でのあの決め台詞についてですが、毎回出てきており、しかも何十年に渡って放送されているのでそのまんまのフレーズであれば盗作とされるのではないでしょうか?
『この○○を見てわからないのか!』なんてフレーズだったら盗作として判断されないと思います。
(そもそもあれぐらいの類似で訴える方自体が少ないと思いますが…)

野田一丁目さん「この印籠」じゃなくて「この紋所」ですよー(笑)。
(まあ人の記憶ってそんなもの、という事で「なんとなく似てる?」「もしかしたら使ったのかも?」なんてことで著作権で勝訴なんか出来ないよね、という事かと。ご存知著作権は実刑を伴う刑事罰なので、そんな簡単に侵害には…ねえ)

それにしても松本先生はどうも著作権の事で、意固地になっているというか…。でまた日本の著作権を世界の潮流に合わせようとする事に反対する人たちが松本先生を利用して、議論をぐちゃぐちゃにしちゃっていて、どうかと思います。

なんかもう遺産相続で誰の言う事も聞かなくなっちゃってヒステリーになっちゃってる人と、それを利用して「もっとヤレ」と笑う既得権益者、という非常に低次元な状況にあると思います。

あんまり(あくまでこの著作権に関してはですが)ズレちゃった方をメディアにしても他の組織にしても煽るのはどうかと思います。(せっかくの作品とお名前に泥を塗るだけですから…失礼な話です)

著作権の保護強化に力を入れるよりもJASRAQを分割し、サービス競争させた方がよっぽどクリエイターには見返りが大きいと思いますよね(笑)。(まあ松本先生をけしかけて全部をグチャグチャにしたいグループのひとつがJASRAQでしょうけど)

(諄いですがコメントはあくまで著作権に関してはです(訴訟でもおこされたらかなわないですから(笑)))

緋色

『時間は夢を裏切らない・・・』はどう考えてもパクリと思えないんですがね?
どんだけ独りよがりのKYなのかと。
自意識過剰もいいところ。
100人中何人知っているか?と言われたら一桁でしょう。
私も作品は知っていますが、何分そんなに熱心に見ていたわけではないので、記憶の欠片にすらありませんでした。言われても気づきませんでしたし「そんなのあったかなぁ?」って感じです。
その程度の内容ですよ。
今回の判決は至極真っ当だったと思います。

野田一丁目。

>100人中何人知っているか?と言われたら一桁でしょう。

一桁もいないんじゃないかな?(笑)逆に作品読んでなくて、本屋に平積みされたムックの帯に書かれたフレーズを見た可能性の方が高い、と思うんですが。
だいたい、文章からして意味不明ですからね。時間と夢という名詞と裏切るという動詞の組み合わせ。偶然ですかね?
ところでKYは危険予知の意味ですよね?

印籠はたしかに目に入りませんよねえ。(笑)

トコト

>見たことない、って言い切っちゃえば盗作しても証拠不十分で不起訴になりますかね?(笑
そもそも著作権を分かっているのでしょうか?

>平積みされたムックの帯に書かれたフレーズ
よほど超話題作でない限り、これで「盗作」とはならないでしょう。主観論ですが。

野田一丁目。さんには、槇原・松本裁判の判決文を、じっくり読んでもらいたいものです。

野田一丁目。

>槇原・松本裁判の判決文を、じっくり読んでもらいたいものです。

読むと何かいいことあるのかなあ?(笑)
恋人が出来るとか宝くじがあたるとか?

たいだい槇原って、覚醒剤か何かで捕まった罪人でしょ。よく臆面もなく人前に出られるなあ、と言うのが私の主観です。たまたまラジオで唄を聴いたこともあるけど、彼女を尾行したら、他に男が居て、腹たったから、周りの人間にやつあたりしたい、みたいな歌詞でびっくりしましたよ。正義感の欠片もない自己中心な唄だなあ、と。こういう唄を聴いた世代が秋葉原でナイフふりまわすんだ、と妙に納得した記憶がありますね。
ま、とにかく裁判で負けたんでしょ。松本御大には不運だったけど、オカネ払って解決ですね。

以前にも書いたのですが、私は「銀河鉄道999」が好きでアニメはほぼ全部見ていますが、このセリフは知りませんでした。確かに「銀河鉄道999」の主題の一つを象徴的に表している言葉ではあります。
それで、どうもこの言葉は「銀河鉄道999」の最初から使っていたのではないように思います。続編の「銀河鉄道999」から使うようになったとどこかで読んだ記憶があります。
このことはかなり松本氏に不利に感じます。「銀河鉄道999」を読んだことがある人でも知らない人の方が多い可能性があるからです。つまりあまり有名ではないと感じます。
この手とのセリフは歌の用に繰り返されるものではないので、記憶に残りにくいということもあり、知っている人は松本氏のマンガのファンでも少ないように思います。

そもそも意味が違ういう意見が説得力があると感じていましたが、裁判所も「類似していない」と判断したので、やっぱりという感じです。

Toms

私も本やアニメを繰り返し読んだり見たりしていましたが、その言い回しは特に印象に残っていませんね。

それはそうと、JASDAQと混じってJASRAQって間違えちゃうのかな。
検索すると結構ヒットしますね。

アニメのエターナルファンタジーで旅館の娘に向けて鉄郎が件のセリフを話しているのを知りました。
この裁判を知る前にもテレビでこのアニメは見たことがあるのですが、裁判のことを知ってから見たときに初めて気付きました。
原作もエターナル編は知りません。
わたしも銀河鉄道999世代ど真ん中ですが、原作は無印、アニメはさよなら~までしか詳しくないです。

ITmedia読者

司法の判断は司法の判断です。
国として紛争処理を行う機関が必要なので、やむを得ず裁判所が裁決を執り行っているに過ぎません。
ですから、案外とお粗末なものです。
デザインなどは曖昧な側面がありますが、芸術分野においても、事前に特許を出願しておくとか著作権保護の対策を取っておくべきでしょう。

物作り屋

元、音楽出版社からレコード会社のディレクター・プロデューサーの仕事をしてきた人として一言。
我々は物を作る時、著作権を含め、世の中に与える影響などを考慮して作っています。JASRACの規定も含め、例えば、メロディは基本的に4小節内は同じではいけない、と言う事は、ワンフレーズ、基本的に同じフレーズと判断される事は避ける。当然、同じコード内の音の動きも含めます。
同様に、歌詞に関しても、ワンフレーズを基準とし、ワンフレーズ内で同じ言葉の入れ替えは、限りなくNGと判断しております。まして、2フレーズで、言葉の入れ替えと、強調しているだけの言葉の差では確実にNGと考えます。確か記憶では、事件発覚直後、牧原氏が楽曲を提供した歌手所属のレコード会社は、松本氏に穏便に済ます為にも、挨拶に言った事を記憶しております。しかし、牧原氏が意地を張って、事が大きくなったとです。
この事件は、それ以前に、聞いた聞かないを抜きに、制作サイドでは、結果的に同じと判断される様な事は、いくらでも現実には起きています。その時に作家としてどの様に考えるかが大事です。牧原氏本人が書く以前に、人間、自然にすり込まれる事もあります。その著作権を認めてしまえば、例えば特許権などは混乱してしまいますし、認められません。音楽に置いても、ある意味、先願主義だと思います。ベートーベンの運命は著作権的には切れておりますが、頭の「ジャジャジャ・ジヤーン」という所だけで運命と判るのが分かり易い良い例です。これは4小節以内の2小節です。また、タイトルに著作権はないのですが、「傘がない」と言えば、井上陽水です。例をあげればきりがありません。ヒットした曲、歌手の代表曲と言われる曲は同様に明確なオリジナリティと似ている物が以前にあったと言う事はありません。
作家としては他人から似ていると言われる物を書かない事です。オリジナリティのある物を書いて始めて堂々と自分の作品と言えるのではないでしょうか。また、牧原氏は似ていると言われて怒るのではなく、自分自身を一歩引いて冷静に考える事が必要です。私の知っている限りでは、有名作詞作曲家は「前に似ている物がある」と言われると自ら作品を却下するプライドを持っています。現実に、私自身、超有名作詞家との仕事で同様の事が起きた時があり、その時は作詞家自身が作品を没にしました。しかし、牧原氏は、この件で反論した事により、作家としてのオリジナリティに疑問を持たれてしまいました。牧原氏はバクッても大丈夫と考えないことです。周りにそのことを言ってあげる人がいなかったのでしょうか。判決は判決で、制作サイドは気を付けるようになっている事もありますか、私はこの件で、著作権に関して裁判所の判断が甘くなった事に、著作権に関して、また、オリジナリティに関して大変危惧しております。

色々とググッて遊んでたら見つけた古い記事にコメントを付けるのもなんですが…。

>かつては自分が作った作品のパクリを認定されてしまう

こういう大嘘を平気で垂れ流すのは辞めていただきたい。
松本のアレは二次著作物です。
実際のところ、宇宙戦艦ヤマトに原作は存在しておりません。
宇宙戦艦ヤマトは、宇宙戦艦ヤマトというオリジナル作品であり、元々は、ヤマトのプロデューサー西崎氏が、幾人かのクリエーター達と作り上げ、立ち上げた企画に、スタジオぬえが今の美しいヤマトのデザインとSF設定を加え、その後に、キャラクター原案で参加したのが松本です。
漫画雑誌に掲載し、単行本化された松本のアレはマーケティング等の意味もあって原作と流布されていましたが、正確には単なるコミカライズ作品です。
松本のアレがオリジナル作品&原作として通るなら、19世紀生まれの作家、故高垣眸氏が西崎氏から「原作料」と言う名目の原稿料を受け取って書いた「熱血小説宇宙戦艦ヤマト」も原作として通ってしまいます。
そして、西崎氏が会社をコケさした際に著作権を譲渡されたのが東北新社であり、松本はその著作権を横取りしようとして失敗した挙句、西崎氏を悪魔呼ばわりした羞恥心欠如です。
作詞家として、最初期からヤマトに関わり、素晴らしい詩を多く遺して下さった故阿久悠氏の「松本がヤマトの著作権者を名乗れるのなら、他のスタッフ達や私だって著作権者を名乗れる」「西崎さんの熱意と情熱無しに『宇宙戦艦ヤマト』は存在しなかった」との言葉がヤマトの著作権問題のすべてです。
小生は小学校低学年の頃より30年来のヤマトファンとして、松本は最も許せない最悪の存在です。
もはや人として認めることすらおぞましい「ヤマトの黒歴史が人の姿をしている」と言える存在です。

増田

拝見させていただきましたが、初っぱなから松本零士氏には先生という敬称を、槇原敬之氏には略されている辺りでいささかの疑問を抱きました。失礼ですよね?

T

銀河鉄道って言葉、宮沢賢治先生のパクリですよね。ワープ航法だってスタートレックで既に使われていた。オリジナルを主張する前に己を見直せって言いたい。
自分が攻撃されないために他人を攻撃するのは、某隣国の常套手段と似ています。

CES

初めまして。
今更ですが、たまたま目についたのでコメントさせて頂きます。

私は法律的な部分では詳しくはないのですが、いち松本ファンとしてはこのニュースはちょっと納得がいきませんでした。
私も楽曲やイラストを仕事として受けていますが、モノ造りする上で他人のアイデアに寄らないようにとても気をつけています。
もちろん影響を受けた人や作品はいっぱいありますが、自分の個性を前面に出すように注意します。
それでも人からの評価では「これは○○に似てる」と言われる事もありますが、その際はその意見に対してちゃんと説明ができるぐらいの制作過程やテーマを持って作っています。

オマージュ、アレンジしたならそれはそれでちゃんと言いますし、自分なりに信念をもって作っています。

私の事ばかりになってしまいますが、
私個人の受け取りですが、松本さんの作品には松本さんの実直で不器用な性格がいつも感じられます。

管理人さんは絵柄についても一言言われていますが、
あの絵が個性なのではないのでしょうか?
現在の漫画のように、絵柄、ストーリーなども似たり寄ったりではなく、あの時代の先生方は、みな四六時中試行錯誤してあぁいった自分自身の個性を考えだしているのだと思います。

槇原さんだけではなく、最近のアーティストはあまりに個性的な人が減って、売れ筋の音や絵を追い求めすぎるように私は感じます。

結果的に売れれば勝ちという社会の中で、本当に完成度の高いモノができるのでしょうか?
私の所にも、「○○さんみたいな感じで」という話がよく来ますが、そういった依頼は「なら○○さんに頼んだ方が○○さんそのものの作品を頂けますよ」と断らせて頂いています。

いくら似たようなモノができても、8~9割似たようなモノは、真剣に取り組んでいればできません。

長文になってしまいましたが、私個人は
薬物などのスキャンダルがあった槇原さんの人柄よりも、ファンうんぬんではなく、松本さんの作品を通して、松本さんの人柄を信じます。

長々と言いたい事を言ってしまってすいませんでした。

コメントを投稿する