知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

三大紙によるオバマ演説の翻訳比較は勉強になるなあ

»

はてな匿名ダイアリーにオバマ大統領就任演説の原文、そして、朝日、読売、毎日による翻訳文を列挙してまとめて下さっている方がいます(12345678910)。 これは素晴らしい試み。

この種の演説は英文としては翻訳しにくい部類に属すると思いますが、三紙を比較してみると翻訳テクニックの勉強になります。三紙それぞれ良いところも悪いところもあるのですが、たとえば:

Forty-four Americans have now taken the presidential oath

(M)これまで、44人の米国人が大統領としての宣誓を行った。

(A)これで(私を含め)44人の米国人が大統領の宣誓をしたことになる。

(Y)これで44人の米国人が大統領就任宣誓を行った。

ちょっと微妙ですが、これに関しては毎日の誤訳(少なくとも誤解される表現)と言ってよいでしょう。現在完了形とnowのニュアンスが出ておらず、オバマが45人目のように取られてしまいます。そもそも、オバマが第44代大統領であるのは明らかなので、ここを間違えるのはちょっと不注意としか言いようがありません。他の部分では毎日の訳もうまいなと思える箇所もあるのですが。

あと、冒頭の"My fellow citizens:は、三紙とも「市民の皆さん」と訳してますが、普通「国民の皆さん」と訳さないでしょうか?細かい話ですが。

Comment(9)

コメント

13時15分41秒

日本の政治家がcitizensと言ったのであれば「国民」と訳しても構わないでしょうが、この場合のcitizensは「市民」の方が妥当だと思います。

仰る通り、これは非常に参考になると感じました。また各紙担当者の思考が垣間見えて面白いですね。

個人的には、

"every so often the oath is taken amidst gathering clouds and raging storms."

の部分を、毎日が

「暗雲がたれ込め、嵐が吹きすさぶただ中で行われた宣誓もあった。」

と訳していたのも気になりました。オバマ大統領の意図は「今は大変な状況だけど、同じように大変な状況で就任した大統領は数多くいる(だから頑張ろう/頑張るよ!)」といった感じでしょうから、

「しばしば、宣誓は、暗雲が垂れこめるときや荒れ狂う嵐のときに行われた。」

という読売の訳の方がニュアンスを正しく伝えているように思います。

> あと、冒頭の"My fellow citizens:は、三紙とも「市民の皆さん」と訳してますが、普通「国民の皆さん」と訳さないでしょうか?

"My fellow citizens"は定型表現ですから、僕もここでは「国民の皆さん」と訳すのが妥当だと思います。少なくとも一般的な日本人が読むことを念頭に置くなら。

はじめまして。

どちらが訳として妥当かということから離れまして。。。

:::::

・「国民」・・・ひとつの「国」というレイヤーに属する「民」というニュアンスを感じます。「民草」という言葉もあるそうです。
・「市民」・・・ひとつの「国」というプライベートなレイヤーを超えて、よりパブリックな土俵で活躍する「世界市民」をも包含するような可能性を感じます。

以上、「感想」の域を出ませんが...

すみません横から・・・

my fellow citizen
の真意は、「この国の仲間たちよ」と理解しています。建国から233年、この国に育ち、この国を愛するもの、そして私の仲間たち。。。こういう深い意味があるものと理解しています。したがって、それは、市民でもあり、国民でもある。コンテキストを伝えられないため、実は適訳が存在せず、日本語訳の限界を感じた次第です。

直訳は市民。しかし文意は国民、と折衷案。(しかし日本語の市民とは、なんと狭い世界の訳語なんだろう)

NewTama さんと同感です。


通訳ならば「市民の皆さん」、翻訳ならば「市民諸君!」になるでしょうか。


日本語に訳すのが難しいのは state と nation 両方が「国家」となるところに起因すると推測しています。ここで「市民」となるのは、その state (米国)の citizenship (公民権・市民権)を有する人たちを指しているのだと思います。つまりこの演説は、政治信条・人種・宗教に関係なく、アメリカ市民権保有者全員へ向けたメッセージです。そしてオバマ氏も憲法を遵守する「私たち市民」の一員であることを強調しています。

上にあるコメントは小難しいものが多いのですが、英英で原意を確認すれば「答え一発」ですよ。http://www.ldoceonline.com/dictionary/citizen
オバマ「大統領」は、一体、誰に向かって語りかけているのでしょうか。
目の前の人々は当然ながら、テレビやWebで見ている人々、ラジオで聞いている全てのアメリカに在住している人々に向かって語りかけたのです。

この場合の訳語として、「市民」は有り得ません。
「国民」です。

コメントを投稿する