知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

「ダウンロード違法化」が確定したようですね

»

津田大介さんのTwitter経由で知りましたが、私的録音録画小委員会において、ダウンロード違法化(正確には、未許諾でアップロードされたコンテンツを情を知った上でダウンロードする行為を私的目的複製の対象としないようにする)が確定のようですね。まあ、個人的には残念ですが、予想通りの展開です。

しかし、この改正によって本当に効果があるかは疑問だと思っています。ちょっと前に実施されたアイシェア社の調査では「違法ファイルのダウンロード違法化によってCDやDVDなどの購入機会が増えると思うか?」との質問に対して、約70%「変わらない」と述べています。なお、この率は性別、年齢層にかかわらずほぼ同じです。

よく、ネットユーザーを中心に調査をすると結果がぶれることがありますが(ジョークとして「ネット調査によると日本のインターネットの普及率は100%」なんていうのがありますね)、今回の調査はそもそもネットの世界での話をしてますので、その点は問題ないでしょう。

これらの70%の人がなぜ「変わらない」と答えているかに興味があるところです。理由としては、以下などが考えられるでしょう。

1.違法化されてもどうせつかまりっこないのでダウンロード行為は継続する
2.友だちやレンタルから借りるので結局CDは買わない
3.そもそもCDやDVDに興味なし、ネットでチャットしてる方が楽しい
4.「CD購買が増える」と回答すると法改正に効果ありと判断されて改正される可能性が高まるので、ここは「効果なし」と答えておこう

いずれにせよ、この法改正によっても若者達がなけなしの小遣いでCDやDVDをどんどん買うという世界が再び訪れることはないと思います。レコード会社もわかっていると思うのですが、なかなか「古き良き時代」は忘れられないのだと思います。列車はもう出発しているのです(この言い方、先日のインタビューで聞いてなかなかかっこよかったので使ってみました(笑))。「おれは別の目的地に行きたいんだから列車を止めろ」と言ってもそれは無理な話です。

Comment(8)

コメント

クイズ百人に聞きました

>(ジョークとして「ネット調査によると日本のインターネットの普及率は100%」なんていうのがありますね)

新聞社の調査によると、信用できるメディアNo1が新聞で、新聞は今後も重要なメディアであり続けたりするんですよね。ネット調査によると、その逆になったりするけれど。

yoshi

70%の人々に自分も入りますが、その気持ちは
「タダなら欲しいけどお金かかるなら要らない」ですかね。

お金がかかっても尚欲しいCDもありますが、それはごくわずかです。

B

古き良き時代よりも欲しいもの(≒お金の掛かること)が増えたわりに、財布の中身はたいして変わらない。

物価据え置きで、みんなの収入が今の10倍くらいあったなら、結果は変わるかもしれません。意味のない例えですがねw

NAZZ

実際に違法ファイルのダウンロードをやってる人に聞かないと意味が無くないですかね?
やってない人からしたら当然「変わらない」と答えるでしょうし。

「ネットユーザはみんな違法ファイルをダウンロードしている」とでも思っているのだろうか?

うめ吉

先のyoshiさんの繰り返しになりますが、

「多少の手間で手に入るなら欲しいけど、お金かかるなら要らない」に一票。

これも「出発してしまった列車」だと思います。

>「古き良き時代」は忘れられないのだと思います。

日本の映画業界は結局その「良き時代」を知っている人たちがほぼ全員引退するまで状況は変わりませんでしたから、同じ状況ならレコード業界も50年くらいは不況が続くでしょうね。

ダウンロード違法化法によって、どのくらい詐欺の被害がでるのでしょうかね。年間で億単位の被害はでるのではないかと、その分この法律で利益を得ると主張している団体が保証すべきだと思います。

違法ダウンロードが減らない理由に触れる人が多いようですが、減らない理由は盗む方が買うより簡単だからです。ダウンロード違法化法なんかつくらなくても簡単にリーズナブルな価格でダウンロードできれば皆買いますよ。

元中の人

レコード会社の中の人はもはや結構割り切った見方をしている人の方が多いような気がします。

どちらかと言えば、芸能事務所に近い権利者団体の、特に高齢者の方々の融通が利かないのではないかなと思う今日この頃ですねぇ…。

世界とは真逆の選択

「古き良き時代」の為に「新しき良き時代」が失われるわけですね...orz

コメントを投稿する