知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

テックバイザーの2008年について

»

厳しい2008年も何とか無事終わることができました。テックバイザーも創業4年目に突入です(会計年度末は5月末です)。最初は不安がないわけではありませんでしたが、やれば何とかなってしまうものですね。

Outlookの予定表で今年やったことを調べてみると、外部向け講演×15本、プライベートのセミナー×5本、コンサル案件×3本、媒体への寄稿×数え切れない(40本くらい?)、インタビュー企画×数件、セミナー主催×1件、『グリーンIT』単行本執筆、『イノベーションへの解 実践編』翻訳(もう1冊の単行本翻訳案件は年をまたいでしまいました)、産業翻訳×数え切れない、商標出願×数件(含む「初音ミク」の出願、弁理士の仕事は基本機密扱いですがこれは既にオープンになってるので書いちゃいました)、特許出願のご相談・先行技術調査×数件、金沢工業大学の講義×5コマ、大学のコースレジュメ作成×1件という感じです。

結構働きましたね(^_^;)>自分

さて、2009年ですが、誰にとってもそうであるようになかなか厳しくなりそうです。キャンセルになってしまったり、なかなか決まらなくて年を越してしまった案件もいくつかあります。とは言え、ユニクロが業績を大きく伸ばしたように、こういう環境でこそ"Value for Money"を売りにできる会社・人が強いのではないかと思います。

また、前もどこかで書いたと思いますが、「独立するなら3つの収益源を」というアドバイスはますます重要になると思います。当社の場合でいうと、ITアナリスト/コンサル仕事をメインに、ちょっとしんどいが他人にオフロードしやすい翻訳仕事、将来が楽しみな弁理士仕事、収益はイマイチだが(コラコラ)人脈作りに役立つ大学客員教授仕事ということで、まあそれなりに良いポートフォリオになっていると思います。

来年は独立して起業あるいは個人事業主という人も増えてくるのではないかと思いますが、収益源の多様性、プランBの用意というのは絶対考えておいた方がよいと思います。

来年のプランですが、個人的にはもう少し勉強や趣味に時間を割ければなどと思っております。今年は結局ほとんどできなかったジャズのライブ活動も是非やりたいものです。あと初音ミクの打ち込みもね(^_^;)

より具体的な来年のビジネスプランについては年が明けてから書く予定です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する