知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

米国では1年ちょっとでDRMフリー音楽配信が当たり前になってしまった件について

»

Wal-Martが販売していたDRM認証サーバの運用を停止するということで、DRM付きMP3ファイルを買っていた消費者がファイルの転送等ができなくなってしまうということが、ちょっと問題になっています(関連記事)。Wal-Martは、DRMサーバの遮断前にCD-Rにコピーすることで対応せよと言っているようですが、「リファンドしろ」という声もあるようです。

Wal-Martがどうするのかはわかりませんが、これを見て思うのは米国ではDRMフリーの音楽配信が当たり前になってしまったんだなあということです。

昨年の2月にスティーブジョブズが「DRM不要論」を提唱した時は、「そんなことをしたら違法コピーが蔓延して音楽産業は壊滅する」とか「DRMを廃止できないのとわかっていてのジョブズの詭弁である」というような意見がありました(私も後者の立場でブログ・エントリーを書いたりしました)。

それから1年ちょっとですがDRMフリーの配信が当たり前になってしまったのには感慨深いものがあります。それでも米国の音楽産業が壊滅したという話は聞きません(「CD販売産業」は衰退していますが)。

結局のところ、好むと好まざるとにかかわらずデジタルコンテンツがどんどんコピーしやすくなっていくというのは「自然の摂理」なので、その流れに乗ったビジネスモデルを考えないといけないということでしょう(もちろん、今すぐにすべてのデジタルコンテンツが無料になるというわけではないですが、長期的方向性としてはそういうベクトルにあるということです)。

そういう意味では、ひろゆき氏のmF247 Episode 2には個人的にちょっと期待したりしてます。

Comment(4)

コメント

謎の匿名希望

アメリカのDRM衰退の動きは興味深いですね。
ここまで、はっきりとDRMが否定され、しかも音楽業界の衰退が最低限に抑えられているのは、アメリカの音楽業界がDRM無し音楽配信を前提にいろいろと頑張っているという事でしょうね。

さて、日本の動きですが、何とかiT(M)SがDRM無し販売を開始できたものの、他は動きが無いですね。
Apple以外の音楽配信業者はアメリカの動きをどう見ているのか興味があります。

もっとも、『うちはiT(M)Sより5倍高いがそれは音楽の価値をiT(M)Sよりも高く評価しているからだ』と言い放つトップがいる状況ではそれ以前の問題かもしれませんが。

音楽業界関係者

重箱の隅をつつくようで申し訳ないですが、「DRM付きMP3ファイル」ではなく、「MicrosoftのDRMを使用した、WMA=Windows Media Audioの」ファイルです。
今回の出来事については、ここを修正しても、起きている事象に対してなんら影響はありませんが、日本の音楽業界では「MP3」は完全に丸裸のファイルなのでニュアンスが変わりますのでご理解ください。

ちなみに、DRMフリーにするということは、音楽産業が自分たちの権利(著作隣接権による複製権等)を守る気がないとも受け止められかねないので、かなり複雑な問題です。
フェアユースについては制限するつもりはありませんが、違法行為を未然に防ぐ手立てをあきらめるわけには行かないのです。

元音楽業界関係者

結局、日本の音楽産業は基本的に「邦楽」という商品を売ってナンボの世界。しかも、洋楽はほとんど売れなくなりつつある状況なので、ガラパゴス方式でやっていて、外からの脅威がほとんど無い。だから、着うたベースでOKだし、DRMフリーがどうこうなんて気にする必要も無し。ま、そういう事情は十分に理解できるので、だったら邦楽と洋楽のビジネスを完全に分離して、洋楽はグローバルルールでやってもらえるとうれしいのですがね…。

400Fr

「完全に丸裸」であることこそに非常に大きな価値があるということを、いまだわかってくれないのでしょうか>音楽業界関係者(上のハンドルの方だけではなく)
WALKMANがなぜiPodに完敗を喫したのか、研究した方はいないのでしょうか。

現状のDRMつき音楽は、宝石にわざわざ傷をつけてから高値で売っているようなものです。しかも、上のWal-Martの件のように、いつか完全に無価値なものにさえなりうるという。

コメントを投稿する