知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

【速報】ニコニコ動画の特許出願が公開されました

»

以前から何回か話題にしていたニコニコ動画の特許出願ですが、特許電子図書館(IPDL)にて公開されました(情報提供者の方ありがとうございます)。なお、すべての特許出願は出願日から1年半で自動的に公開されるルールになってます。

特許電子図書館のトップページから「初心者向け検索」→「特許・実用新案を検索する」で、キーワードをドワンゴにして検索すると一番上に表示される「特許公開2008-148071 表示装置、コメント表示方法、及びプログラム」というのがそれです。公開公報のPDFファイルをここにもアップしておきました。

さて、出願の内容ですが、みんなで一斉にコメントしても表示が重なって見にくくならないという点を特徴としています。さすがに、動画アノテーション(コメント付け)での非同期Watch&Chatのアイデア自体は中国のMojiti(今は、Huluに吸収されてしまいました)をはじめとして、ニコ動以前からいろいろな事例があり、それ自体で特許を取るのは困難ですから、なかなか良いところを突いてきたと思います。この特許を使わなくてもニコ動的な動画コメントサイトは作れるでしょうが、使いにくいものになってしまうかもしれません。

登録の可能性は少し調べてみないと何とも評価できないですが、少なくとも「ダメ元で出してみました」というレベルではないちゃんとした出願であるように思えます(前にも書きましたが、ドワンゴの特許戦略はかなりしっかりしているように見えます)。

本特許出願をつぶせないか、回避手段がないか等の可能性をご検討中の方はご相談に乗れるかもしれませんのでよろしくお願いします。

(なお、特許をつぶす(無効にする、あるいは、拒絶査定に導く)とは、ドワンゴがニコ動の仕組みを使えなくするということではありません。独占的に利用できなくする(誰でも利用できるようにする)ということです。栗原がニコ動をつぶそうとしていると早合点してDisる人が出てこないよう念のために書いておきます。)

Comment(4)

コメント

こんにちは。
さすが栗原さん、すぐに「つぶす」視点で語られるあたりはプロフェッショナルですね。素人の私も世に出ている特許本を読み込んだ時に、「闘う気さえあれば、特許はつぶせないものでもない」という知見を得ました。
本来なら、周辺部分をも束にして特許を出願して、誰もつぶせないようにしておくのがいいんでしょうね。

栗原潔

守秘義務があるので詳しくは書けませんが、今の私の弁理士としての仕事は出願代理よりも、特許をつぶす、あるいは、つぶされないようにするための調査業務が増えてます。特に、昔の出願関連の調査ですと、その当時の技術常識というのがポイントになってきますので、オッサンである自分のコアコンピタンスになっています。

匿名さん

mixiのニュースに(本当はITmediaだと思いますが)載っていた記事で気になった点。
あなたが発言されたと思われる「なんとかP」が好きではないという点。
アイドルマスターではペンネームの事をプロデューサーネームということぐらい知ってますよね。
ですからペンネームのあとにプロデューサーという意味のPが付いています。
それを知っていて好きではないといってるんですよね?
って事は全て本名で投稿しろってことですか?
ペンネームを使っている人が好きではないって事ですね。
よくわかりました。

匿名希望

↑こうやって自分で何か言って自分で勝手に納得してる人って何が楽しいんでしょうか…

コメントを投稿する