知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

なぜ私はJASRACと契約するに至ったか

»

なんか、ミクsingsがITmedia本体で記事になってしまいました(書いたのは岡田記者?)まあいいですけどね。そのわりにコメントが延びないな(^_^;)

さて、何でわざわざJASRACと契約してまでこんなことをやっているかということなんですが、第一には、ミクを通じて世の中の人に知られざる名曲を知ってほしいという「教えて君」ならぬ「教えてあげたい君」的な気持ちがある一方で、さすがに知財を商売にしている以上、違法・脱法行為はできないからであります。

第二には、JASRACに対して漠然とした文句を言うだけではなく、実際に正規の手続きを取ってみて具体的問題があるところを問題にしようと思ったからであります。私は、別にJASRACの中の人とは全然関係ありませんし、代々木上原のJASRACの異常に豪華なオフィスビルとその隣にある謎の古賀政男記念館の前を通るたびに複雑な気持ちになってしまう者です。とは言っても、死ねカスラックと言っているだけでは何も始まらないでしょう。まずは「敵」を知れということです。

第三に、おやじバンドもいいけどおやじDTMもいいよ、という考えを広めたいというのもあります。おやじがバンドやると練習のスケジュール調整だけで大変ですが、DTMだと全部一人でできるのでその点はラクチンです(もちろん、バンドで仲間と一緒に演奏する楽しさはまた別ですけどね)。同好の士がどんどん出てくるとよいと思います。VOCALOIDの打ち込みは楽しいですぞ(ただし、奥さんが異常に気持ち悪がるという問題点あり)。

上の二番目の点については別途詳しく書こうと思いますが、かいつまんで言えば、金額的には何とか我慢できるが、手続きの煩雑さには我慢できんというところですね。たとえば、ストリーミングで配信していて、特定の曲だけダウンロードで提供したいとか歌詞を載せたいと思ったとします。そうすると、郵送で許諾をもらうというプロセスをまた繰り返さなければなりません。こっちは金を払う準備はできてる(どうせ、1曲100円くらいですし)のに、やる気が失せてしまいます。JASRAC的にも機会損失してますよね。

あと、非営利のネット配信だとJASRACの料金はそれほど高くないというのを知らない人が多いと思います(ジャズ喫茶に何百万請求とかそういう記事が目 立つからでしょうね)。仮に営利目的でネット配信をやっても、最低料金の月額5000円はちょっと痛いですが、それ以上になれば、売り上げの何パーセントという計算方式にな りますので、売り上げが全然上がらないのにJASRACの料金だけ取られて赤字ということにはなり得ません。(これはちょっと勘違いでした。どうもすみません、正確には以下のようになります。)広告料収益ベースのストリーミング配信で最低料金をクリアしていれば、広告料収入の3.5%という計算方式にな りますので、売り上げが全然上がらないのにJASRACの料金だけ取られて大赤字ということにはなり得ません。

ニコ動とかYouTubeとJASRACの契約も早く進んでほしいですし、たとえば、JASRACの許諾を代行するブログスペースとかSNSとかができてもよいと思います。そうなってくると、日本のネット音楽事情ももう少しましになるでしょう。著作隣接権者たるレコード会社もうかうかしてられなくなるかも。

Comment(9)

コメント

ymr

楽曲のリクエストをとるのはJASRACの規約違反では?

かる

第三の目的に疑問符。
ここで言ってる「おやじDTM」「同好の士」というのは、「同じようにJASRACに許可とって自サイト立ち上げる」人のことでしょうか?
「お役所に申請」してまで趣味としたいか…といわれると敷居が高い気がします、多分おやじバンドの方に軍配が上がるかと。

そう(自サイト立ち上げ)ではなく、「使って作る人」ってことなら、「聞いてくれる人」がいない分、モチベーションが上がらないですよね。技術的意見交換もないですし。これまたおやじバンドのほうが軍配が上がる気がします。

M-Falcon

実際的な確認としてとてもよいと思います。

これから出てくる曲に期待してます。

# タイトルがホラー小説風?

栗原潔

>ymrさん
念のためJASRACに確認しましたが、「問題なし」と言われましたよ。提供した曲を事後的に報告すればよいだけの話です。ネットラジオにおけるリクエストの話と混同されているのでは?
>かるさん
「おやじバンドもいいけどおやじDTMもいいよ」と書いてるんですけどねえ。そもそも、私もどっちかというとバンド系です(ジャズですけどね)
それから、過去の連載でも書いたように、JASRACの許諾取るのはそんなに大変ではないですよ。また、ニコ動やYouTubeがJASRACと契約すれば、利用者の立場からは特に何もしなくても(金を払うのはニコ動等ですから)JASRAC管理曲を使えるようになりますよ。

nyoro

スラッシュドットにも取り上げられましたね。
ttp://slashdot.jp/article.pl?sid=07/12/04/2215203

山田

宇多田ヒカルとかの音楽を配信しても100円くらいですむってことなのでしょうか?
その提供した曲を事後的に報告すればよい。
営利目的ネット配信で、最低料金の月額5000円、非営利ならもっと安いってことでしょうか?

栗原潔

>山田さん
宇多田ヒカルの曲をVOCALOIDに歌わせたり自分で歌った作品であれば月100円で配信できますよ。
CDの音源を使った場合は、別途、レコード会社からの許諾が必要です。現実問題として、個人で許諾を得るのは難しいでしょう。

通りすがりのN.S.

個人的にJASRACのシステムに疑問を持っています.
権利者に利益を還元するのは必要だと思いますし,同意するのですが,音楽文化の普及の為と称し不明瞭な使途を許しているし,十分に権利者に還元されているとは思えない.(手数料以外は全て権利者に還元すると言うのなら話は非常に簡単なのですが,...)又,料金の設定の方法も納得の行かないものがあります.楽曲単位であったり,売り場面積で見なしたり,出版における印税の様に契約に基づいて常に○○%とかだと理解出来ます.配分に対してもネット社会のロングテールに対応出来ているとは思えません.他にも思うところは色々あるのですが,一番の問題はフェアーでない言うところでしょうか.著作権管理団体も複数出てきてそれぞれ市場競争してくれれば,もう少し改善するのでしょうけど,...

かる

栗原さん、レスありがとうございます。
>>「おやじバンドもいいけどおやじDTMもいいよ」と書いてるんですけどねえ
はい、だから「おやじDTMがよく思えない」→「どっちかというと、おやじバンドの方がいい」ってことで疑問符なのです。
「JASRACの許諾取るのが大変ではない」のは過去のエントリも読んでますからわかりますが、「JASRACの許諾取る」ことがハードルなんです。
敷居は「申請の煩雑さ」ではなく、「申請」そのものなのです。

なので、
>>ニコ動やYouTubeがJASRACと契約すれば、
これは期待しています。個々が申請する必要もなく、他の同好の士とも交流の場ができますし。
(過去の投稿動画に対して、遡って権料払えとか…あたりで難航中とどこかで見ましたが…。)

コメントを投稿する