知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

初音ミクとコンピュータ創作物について

»

このブログで、初音ミクについて最初に触れた時に「ミクに実演家としての著作隣接権は帰属するのでしょうか?」と(ジョークで)書きました。そもそも、現在の法制度は権利主体が人以外になることを想定してませんので帰属するわけもありません。

余談ですが、昔、森のウサギを原告にして環境破壊を阻止しようとした訴訟がありましたけど、当然ながら原告適格なしとされています(ソース)(もちろん、これはわざと動物を原告にすることで、世間の問題意識を高めるために意図的に行われたものでしょう)。

#と言いつつ、いろいろ調べてたら中世ヨーロッパにはリアルで「動物裁判」というものがあったようです(ソース)。畑を荒らしたりした動物を本当に裁判にかけて罰を与えたりしてたようです。

初音ミクの話に戻りますが、初音ミクが権利の主体にはならないとは言え、初音ミクによる「歌唱」には、作詞家の演奏権の許諾が必要か、また、著作隣接権の客体である「実演」に当たるかというのは興味深い論点であります。この件については小倉弁護士がゲームラボ誌にエッセイを書かれたようなので、是非読んでみようと思います。ちなみに私は、「作詞家の許諾は必要」、「実演にあたる(実演の主体は打ち込みをした人)」だと思います。

初音ミクの場合は、実際には、歌詞情報やMIDI情報を送らなければ何もしない一種の「楽器」ですから、あまり難しいところはないと思います。しかし、将来的に、Virtual Producer TETSUYA(苦笑)なんてソフトが出てきて、自動的に作詞・作曲をして、VOCALOIDに歌わせるようになったらどうなんでしょうか?その時の著作者は誰になるのでしょうか?

これほど未来的な話ではなくても、現在でもBand-in-a-Boxなんていう自動作曲ソフトがあります(私の個人ブログにおける紹介エントリー)。このソフトを使うとマウスクリックひとつでメロディ、伴奏を含む曲を作ってくれます(ついでにそれらしいタイトルまで付けてくれます(笑))。スーパーマーケットのBGMのようなどーでもよい音楽向けであれば十分に使える「作品」ができます。

では、Band-in-a-Boxで作った曲の著作者は誰になるのでしょうか?マウスをクリックした私でしょうか?この作品には私の「思想や感情が創作的に表現」されているのでしょうか?それとも、このソフトを作ったプログラマーの人が著作者になるのでしょうか?(なお、仮にプログラムの利用許諾に「このソフトで作った曲は自由に使って良い」と書いてあったとしても、それは著作権が原始的にプログラマーに属すことを否定する要素にはなりません。法の話と契約の話は別論です)。もし、誰の「思想や感情も創作的に表現されていない」のだとしたら、Band-in-a-Boxで自動生成した曲は著作物ではないのでしょうか?

実は、この論点は、中山先生の「著作権法」においても検討されています(p186 コンピュータ創作物)。まあ、結論は「従来の著作権法の枠組みでは解決不可能」ということなのですが。

Comment(2)

コメント

Juli

エントリとは論点ずれてしまうので申し訳ないのですが、VOCALOID2はYAMAHAでコアのエンジンを提供して、ソフトウェアベンダーで音声サンプルを(「初音ミク」は声優さん)ライブラリにしてセットで提供することで機能するものですよね。

人の単なる発声については創作性がないとすれば、歌手の生声(たとえばマスターテープのJohnLennonの音声トラックだけとか)がライブラリに必要な音声要素が入手できれば、特定人物の声のVOCALOIDなどは実現可能かもしれませんね。その場合、サンプリングされてしまった人の権利ってどうなるのでしょうか。

個人的には単純な発声も個人を識別できる情報であり、他人にみだりに利用されないという点では肖像権に類似して憲法13条などの上位規範で保護する(といっても実体的には民事上の不法行為による損害賠償+差止請求)ことになるのかなぁと思っております。

ただ、VOCALOIDがもっとINNOVATEして、声に変化(個性)をつけさせることで実在する歌手の歌声と寸分違わぬ再現が可能になったり、音声ライブラリそのものをユーザーがCDなどから独自に構築できるような状況になったら、法規制が検討される時代が来るかも知れません。

お笑いでやっている「ものまね」とどう違うのかとつっこまれそうですが、VOCALOIDの場合、商業ベースに乗る可能性が高いので、そんな心配もあるかなと思います。

>自動的に作詞・作曲をして、VOCALOIDに歌わせるようになったらどうなんでしょうか?

そこまで行かなくても、ネット上で適当に情報を拾ってきて、それっぽく歌ってしまったときはどうなるんでしょうか?
「作詞家、作曲家の許諾は必要」な気はしますが、実演者となる人間(だれもデータを打ち込んでいない)はいないですよね。プログラムを起動した人になるのでしょうかね。

Juliさん、
ものまねで商業ベースになっているものはすでにあるようです。私が知っているのは死亡した声優の変わりに物まね芸人がしゃべるものです。ルパン三世の最近の作品の声を故山田康雄氏の代わりに栗田貫一氏がやっていることは知られていると思います。物まね芸人の話をどこかで聞いた記憶があるのですが、刑事コロンボ(初代声優の故小池朝雄氏)の声で答える留守番電話を吹き込むなんて仕事もあったようです。

歌手ではないですが、音声を扱う技術が進んでくると、声優の生前のデータを元に死亡後に新作のアフレコも可能になるかもしれませんねえ。

コメントを投稿する