知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

【連載企画】合法的音楽配信サイトを作ってみる(3)

»

まず、この前書き忘れたことを書いておきます。JASRACはダウンロード配信とストリーム配信をどう切り分けているのかというお話しですが、JASRACのサイトにガイドラインが書いてあります。RealAudio等でエンコードしなければいけないのか(めんどくさい)と思っていましたが、通常のmp3でもダウンロード禁止の設定にしていればよいようです。まあ、ユーザーがしようと思えばダウンロードできてしまいますが(そういう意味では、Real Audioでやろうが何でやろうがユーザーがやろうと思えば録音はできてしまいます)。

mp3等で(疑似)ストリーミングする場合の注意として、以下のようなことが書いてあります。

条件
a. JASRACの監視システムのチェックを定期的に受けることを承認すること
b. この取扱いの制度を悪用しないこと

なお、JASRACは、本件の取扱いに今後より一層の実効性を持たせるため、キャッシュ・ファイルを容易に利用できない形式となるようプログラム変更を行うよう、各インターネット・ブラウザ・ソフト開発会社へ働きかけを行う。

さて、J-TAKTのユーザー登録ですがJASRACのサイトから行うことができます。ウィザード形式みたいな感じで登録をすることができ、「非商用の場合は自分がやってる会社へのリンクを張ってもダメ」、「非商用の場合は携帯着信音の配信はできない」等々のJASRACルールのチェックが行われます。

重要な点は、配信を行うサイトのURLを決めておかなければならない点と、配信対象の曲を少なくとも1曲決めておく必要があるということです(実際に使った曲は後で実績ベースで報告しますが、申し込み時にも仮で決めておかなければならないようです)。

さて、ウェブでの登録作業自体はサクサク進んで行きますが、実は、ウェブで登録が完結するわけではなく、途中で申込書をダウンロードして印刷し、捺印して郵送するという作業が必要になります(ウェブ登録の意味がない!)。

ウェブ登録が完了すると、ユーザーIDとパスワードが設定されます。PasD8752xi/iJKwd96というようなシステムが生成したユーザーID/パスワード(もちろん、これは例です)が表示されます。よくあるように、これでいったんログインして自分の好きなID/パスワードに変えろということかと思いましたが、そうではなく、ずっとこのID/パスワードを使えという仕組みのようです。ユーザー・アンフレンドリーにもほどがあります。

で、ID/パスワードが取れましたので、これから申込書を郵送することにします。JASRACから許諾番号というのが郵送されてきて、初めて配信が可能になります。それまでに数週間はかかるようです。なんか悠長だなー。まー、実際に配信開始できそうなのは早くても11月なので気長に待つことにします(初音ミクもまだ届かないですし)。

(ということで、この続きは早くても2週間後です)

Comment(4)

コメント

hishakuan

>ユーザー・アンフレンドリーにもほどがあります。
に笑ってしまいました。
合法的音楽配信サイト楽しみにしております。頑張ってください。
完成の暁にはぜひ栗原氏の歌声を。

エクサ

まあ、Webの申し込みと郵送などの組み合わせが必要なのは、
「実在確認」とか「契約意思確認」とか、そんなような話があるのでしょうから
一概に「意味ねぇw」って事にはならないのでは。
ISPのアカウント情報や銀行の契約など、
「根源的に存在や実在や意思を確認しなければならない場合」って
今でも結局郵送っていう手段が最終的にとられます。

「高々音楽配信サイトのことで、そこまでの確認が必要な物なのか?」
という意味なら栗原さんに若干同意、
ID/PASSの話はもう完全に禿同ということでw

栗原さんのプロデュースする「初音ミク」、楽しみにしてます。

栗原潔

>hishakuanさん
私は歌いませんので念のため^^;
>エクサさん
金の動きがあるので最後は郵送で住所確認というのはあると思いますが、個人だったらクレジットカードで本人確認と支払いでも全然OKだと思いますけどね。そういう意味で書きました。

エクサ

なるほど、確かに慎重さにバランスが寄りすぎている感はありますね。
本来厳正なのは良い事なのでしょうが、規模に合わせて融通を聞かせても、ってところでしょうか。

なにやら、著作権権利者とニコニコの動きがあるようですが・・・・。
このままの勢いに水を掛けられなければいいのですが。

コメントを投稿する